保険契約が、あなたの『資産形成』を破滅へと導く。

今日のテーマは、『保険契約が、あなたの資産形成を破滅へと導く』です。

 

 

昨夜、日本に帰国しました。

 

 

12月上旬の陽気から一転して、冬本番を迎えていますね。

 

 

今日から、本格的に冬用のコートを持ち出し、

マフラーも巻いて、冬支度をスタートしました。

 

 

のど飴、イソジン、龍角散、ハリーゴールド(体調不良時の栄養剤)等、

手放せない季節になってきましたが、体調管理を万全に活動していきます。

 

 

さて、早速、本題に入ります。

 

 

完全なる余談ですが、私の資産形成のメンターは、

日本の銀行、保険、証券会社の事を『悪の枢軸』と表現します(笑)

 

 

*あくまで、『会社』の話です。

 

 

*そこにお勤めの『会社員』の方々にも、生活がありますから、

 お金の為に働く彼等の事を、無下に批判する事は出来ません。

 

 

話を元に戻すと、

 

 

海外の外資系金融機関で勤務経験のある彼からしたら、

『日本の金融機関は、同胞を騙して暴利を貪っている』ように見える、と。

 

 

その中でも、

 

 

彼が最も悪どい『悪の枢軸』として嫌っているのが、

今日の公式ブログテーマとして取り上げる『保険』という分野です。

 

 

皆さんも、これまでの人生の中で、

何かしらの『保険商品』に加入された経験をお持ちですよね。

 

 

 

『今までの人生の中で、全く保険に加入した事が無い』という方には、

これまで活動してきて、残念ながら出会った事がありません。

 

 

反対に、

 

 

必要以上、若しくは、収入から換算して不相応に、

高額な『保険加入』をしている方々には、面談を通して時々お会いするのが実情です。

 

 

『保険』

 

 

日本人の場合、この『魔法の言葉』が付くと一気に思考停止してしまいますが、

これは、『金融商品』の一種類である事をしっかりと認識しなければいけません。

 

 

『金融商品』である以上、

 

 

『安心を買う』という言葉でふわっと契約するのではなく、

明確に『数字』で説明を受け、合理性を検討し、納得して契約する必要があるのです。

 

 

この事実に、まずはしっかりと認識する事。

 

 

そして、この観点で考えた時、

 

 

加入できるかどうかは別問題として、海外で販売されるそれと、

日本で内資系企業が売り捌き、暴利をむさぼる商品とでは、商品内容の次元が異なります。

 

 

生命保険商品の『保険料』を決定する際、

その数字は、下記の『3要素』を考慮して求められています。

 

 

①予定死亡率(大数の法則で求められます。)

 

 

②予定利率(保険会社が行う運用の利率です。)

 

 

③予定事業費率(事業を行なっていく上でのコスト。)

 

 

この『保険料決定の3要素』は、海外の保険会社と同様ですが、

その『コスト』の掛け方が、内資系企業を中心に、法外なものになっているのです。

 

 

例えば、

 

 

『日◎生命』という某国内最大手の保険会社がありますが、

皆さん、この会社が抱える『従業員数』をご存知でしょうか??

 

 

『保険営業』は入れ替わりの激しい仕事なので、

1人単位で正確にする事は難しいですが、『7万人』を超えると言われています。

 

 

ちょっとした、『地方都市』が出来てしまいますね(笑)

 

 

更に、

 

 

この某企業の平均年収は、有価証券報告書より『約650万円』とわかりますから、

年間にして、『約4600億円』ものコストが『人件費』として計上されています。

 

 

なかなか、大きな金額ですよね。

 

 

時価総額で『4600億円企業』を作る事が出来たら、

東証一部上場の『大企業』を保有しているのと同じことになります。

 

 

それだけ、大きな数字だということです。

 

 

ところで、この『年間4600億円』のお金、どこから捻出されているのでしょうか??

 

 

これも、ほぼ瞬間的にわかりますよね。

 

 

そう、保険契約をしている皆さんが、

毎月せっせと支払い続けている『保険料』の一部(?)から充当されているのです。

 

 

また、

 

 

『予定事業費率』の大きな部分を占めるものに、

『人件費』と並んで『宣伝広告費』があります。

 

 

こちらも、

 

 

日本国内営業している企業は膨大な費用かけていますから、

その分、『コスト』が嵩んで、『金融商品』としての魅力は失われます。

 

 

より分かりやすく言うと、

 

 

支払った『保険料』と照らし合わせた時、

イベント発生時に支払われる保険金、償還時等の返戻金が少なくなるという事です。

 

 

皆さんもよくご覧になられる、

 

 

国民的アイドルをインタビュアーに据えて、有名芸能人が多く出演するCMを流す、

某外資系保険会社の年間広告費は、『1000億円』にも上ると言われています。

 

 

この1社で、『年間1000億円』です。

 

 

そのお金、どこから拠出されているんですか??

 

 

そうです、これも皆さんの支払う『保険料』から賄われています。

 

 

こんなに膨大な『事業費率』を計上し続けていたら、

『投資家(保険契約者)利益』も、簡単に吹っ飛んでしまいますね(笑)

 

 

時代は変われど、手を変え、品を変え、

保険会社は根本的には変わらないことを継続しているのです。

 

 

これには、金融庁も業を煮やしています。

 

 

現在、企業経営者などに販売しまくっている『法人向け定期保険』は、

『保険料全額損金算入』を謳い文句に、年末商戦真っ最中となっています。

 

 

ただし、

 

 

これも、一部の企業を除いて荒稼ぎする商品構造になっており、

『付加保険料』を契約期間の後半に厚く乗せて、

契約スタート時点ではその上昇が分かりにくくなっています。

 

 

この『付加保険料』は、金融庁の保険商品審査を受ける際、

認可事項の『対象外』となる盲点のようなポイントです。

 

 

この『付加保険料』に細工をすることで、前半部分の返戻率を高く見せ、

後半になる程、保障リターンが薄くなる構造になっているのです。

 

 

このくらいの事、彼らは簡単にやってきますね。

 

 

『個人向け』で言うと、

『ドル建ての一時払い終身保険』を筆頭とする『外貨建ての貯蓄性(?)保険』です。

 

 

こちらも、

 

 

中盤部分で長々と説明した『予定事業費率』が仇となり、

提案用資料に描かれる『夢のある数字』からは乖離して、

『実質利回り』は、とてもお粗末な結果となっています。

 

 

このポイントも、

 

 

現在、保険会社各社が金融庁から目をつけられていて、

(契約者の)事実誤認の恐れがある為、『実質利回り』を示すよう迫られています。

 

 

ご紹介したのは『氷山の一角』ですが、

 

 

私がお伝えしたい事は、要は、『保険で資産形成』という事は不可能で、

そのような『幻想』は、早く捨て去ってしまった方が良いこと。

 

 

*その事をしっかりと理解している賢い(?)営業マンの中には、

 自社の提供する保険商品に、全く加入していない輩もいると聞きます。

 

 

まずは何より、『お金を失う行動』を辞めてしまう事で、

あなたの『資産形成』のスピードは、格段に増していくと思うのです。

 

 

今日の記事も、是非、参考にして頂けたら幸いです。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮12月19日(水)、大阪・梅田12月22日(土)にて開催します。

 

 

■2018年12月19日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年12月22日(土)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile