全く危機感のない『日本人』だけが知らない真実②★

今日のテーマは、『全く危機感のない日本人だけが知らない真実②』です(^_^)★

 

 

昨日の記事では、

 

 

中国における、国外への資本流出について書きました。

 

 

その金額、実に日本円換算『約30兆円』。

 

 

途方もなく大きな金額が流出している訳ですが、

その理由が知りたい方は、ぜひ昨日の記事をご覧ください(^_^)

 

 

全く危機感のない『日本人』だけが知らない真実①★

 

 

そして、

 

 

今日書かせて頂こうと思っていた記事も、

『繋がってるな〜』と思ったので、突然のシリーズ化です(笑)

 

 

今週は、海外の情勢と、

今後の日本を待ち受ける状況について書いていこうと思います(^_^)

 

 

先日のCNNで、次のようなニュースが出てたんです。

 

 

『経済苦境のベネズエラ、国外脱出が加速』

 

 

日本の新聞が伝えていたかはわかりませんが、

多分、ほとんどの方々が知らないニュースです。

 

 

昨日の『中国』は『お金』に限定されていましたが、

今日の『ベネズエラ』は、もう『人』そのものの話ですね。

 

 

経済苦境や情勢混乱が続く『ベネズエラ』では、

昨年2016年1年間で『約20万人』の国民が他国へ渡ったそうです。

 

 

貧困層対策を押し進めたチャベズ前大統領が就任した1999年以降、

実に、累計では『約200万人』もの国民が海を渡りました。

 

 

ベネズエラの総人口が『約3000万人』ということを考えると、

全体の実に『6〜7%』にも昇る数字になります。

 

 

私たちが生活する『日本』に置き換えると、

概算で『約700〜800万人』が出て行ったことになる計算です。

 

 

ここでも、ある疑問が出てきますね(^_^)

 

 

そう。

 

 

『何故、彼らは出て行ったのだろう??』という素朴な疑問です。

 

 

先ほども少し言葉を出しましたが、

この国は現在深刻な経済苦境に陥っています。

 

 

大規模な食料不足・医薬品不足も始まっており、

経済が悪くなると、比例して『治安』も劣悪化しますよね。

 

 

更に、

 

 

インフレも加速している現状のようで、

IMFの推測では、今年の物価上昇率は『1660%』に昇る見通しです。

 

 

物の値段が、1年前の『約16倍』に跳ね上がる。

 

 

今まで『100円』で買うことが出来ていたパンが、

1年後には『約1600円』になってしまいます。

 

 

現在、

 

 

日本を震撼させている、

『ポテチが売り場から消える!』騒動どころのインパクトではないです(笑)

 

 

要は、生活しにくくなったんです。

 

 

『だから、出ていく。』というシンプルな理論。

 

 

もともと『人』が『国』に所属するのは、

『政府』が提供するサービスの恩恵を受ける為です。

 

 

その『サービスの提供』の対価として支払うのが、

私たちが日々支払っている『税金』です。

 

 

しかし、

 

 

『税金』は決してなくなることがありませんが、

それに見合う『サービス』が提供されなくなったら??

 

 

『無くなる』とは行かないまでも、

 

 

自身が支払う『税金』に対して、

享受する『サービス』が著しく低下してしまったら、、、、。

 

 

皆さんは、それでも『国』に固執してしがみつきますか??

 

 

『享受するサービス』とは、

年金や行政サービスといった直接的なものだけじゃないですよね。

 

 

先ほど挙げさせて頂いた、

『治安』なんかも、大きなポイントを占めると考えます。

 

 

それらを天秤にかけて、

自身の基準位照らし合わせて、所属するかどうかを決める。

 

 

とても合理的で、シンプルな理屈だと思います。

 

 

ところで、

 

 

『ベネズエラで年間20万人が国外脱出』といっても、

誰彼構わず『脱出』出来ていると思いますか??

 

 

当たり前の話ですが、そんな訳ないですよね(^_^)

 

 

CNNが伝える『脱出』出来る人というのは、

『学歴・資格があり』『技能がある』国民だそうです。

 

 

要は、

 

 

自ら『価値』を生むことが出来る人間かどうかです。

 

 

『会社』に出勤しないと給与が支払われない、

こういったレベルの方々では決してないですね(^_^)

 

 

それに加えて、

 

 

『資産形成』においても、

『準備』を着実に進めていた方に限定されるのが容易に想像できます。

 

 

国外に脱出しても、

もちろん、現地での生活には『お金』が必要不可欠です。

 

 

もしも『国外脱出』に成功したとしても、

『お金』を持っていなければ極貧生活が待ち受けていますから。

 

 

そのような状況になったら、

『ベネズエラに残っていた方が良かった。』ということになってしまいます。

 

 

つまり、

 

 

ベネズエラで『国外脱出』出来ている人達というのは、

 

 

①これまで『資産形成』を着実に進めていて、

 

 

②国外でも、自身の資産にアクセス出来る状況を作った人達。

 

 

このような共通点が見えてくる訳です。

 

 

ところで、

 

 

皆さんは、『国外脱出』可能な方々ですか??

 

 

それとも、

 

 

どんなに日本が経済的な苦境になっても、

貧困により治安が劣悪化しても、日本に留まらざるを得ませんか??

 

 

『そんなこと、ないやろ??』

 

 

そんな風に、どこか『他人事』のように思ってませんか??

 

 

だとしたら、かなりやばい状況かも知れません(^_^)

 

 

いや、私たちから見たら、

既に日本の経済苦境もどんどん始まっていますよ。

 

 

年金や社会保険料の負担はじわじわ上がっているのに、

享受される『サービス』は凄い勢いで低下しています。

 

 

『タバコ』の値段なんかと、同じですよね(^_^)

 

 

一気に『1箱:1000円』とかに上げれば、

やめる人が続出すると言われていますが、

 

 

じわじわと段階踏んで値段を上げていってるので、

相変わらず、多くの方々が吸い続けている。

 

 

徐々に、徐々に、進めていくので、

皆さん慣れてしまって気付きにくくなってしまっています。

 

 

この理屈と、まったく同じです(^_^)

 

 

まさに、『茹でガエル』とはこのことです。

 

 

この先、日本の経済状況も、

悪くなることはあっても好転はしません。

 

 

個人的には、

 

 

私たちが生きている人生のどこかで、

必ず『日本』を出ていかなければいけない時が来ると考えます。

 

 

経済状況の問題もありますが、

もう1つ『原発事故』が起こったら、私は即刻出て行きますね(^_^)

 

 

もう1度、最後に聞きますね。

 

 

皆さんは、『国外脱出』出来る方々ですか??

 

 

物騒な話でもなんでもなく、

『自由』に生活する環境を選べる方々でしょうか??

 

 

もしそうじゃなければ、

少しずつでも良いので『準備』を進めてください。

 

 

何事も『一朝一夕』には行きませんが、

『準備』を進めることで確実に未来は拓けていきます。

 

 

もし『具体的にスタート切りたい!』と思われたら、

ぜひ『人生を変えるお金のセッション』をご受講ください(^_^)★

 

 

実際に、具体的な『スタート』を切る事で、

人生は希望に溢れて展開していきます(^_^)★

 

 

『お金のセッション』受講に関しては、公式サイトのご紹介ご覧頂けると幸いです。

 

 

 

 

また、

 

 

『いきなり、個人セッションは勇気がない』という方もいるでしょう。

 

 

その方の場合は、『お金』について真剣に考える、

スタートアップに最適なセミナーがあります。

 

 

4月26日(水)19:30-21:00の日程で開催する、

『やってはいけない!金融資産運用セミナーin大阪・梅田』です(^_^)★

 

 

 

 

 

『具体的に行動したい!』と、

ご興味持って頂ける方は、ぜひご参加ください。

 

 

あなたにとって、最適な『きっかけ』になると思います(^_^)★

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile