合法的な(?)詐欺を仕掛ける日本の金融機関②

今日のテーマは、『合法的な(?)詐欺を仕掛ける日本の金融機関②』です。

 

 

昨日の公式ブログとシリーズですね。

 

 

ある日帰宅すると、郵便ポストに、

『大切なお知らせ』と書かれた封書が2つ投函されていた話をしました。

 

 

この『大切なお知らせ』というのは、『金融機関にとって』であると、

主体の所在を明らかにさせて頂いたのは、昨日の記事の通りです。

 

 

1つ目の封書を開けてみると、

 

 

そこには『このお知らせが届いた方限定で!』という名目で、

『3000円分ギフトカード』と引き換えに『リボ払いへの変更』を勧めるチラシが。

 

 

記事の中に挙げさせて頂いた事例では、

『3000円』の対価が、恐ろしく高いものになってしまいましたよね。

 

 

気になる方は、昨日の記事もチェックして頂けたら幸いです。

*昨日の記事はこちらをクリックください*

 

 

そして、

 

 

今日はその続きとなる訳ですが、

2つ目の『大切なお知らせ』を開くと、そこにも素敵な(?)オファーが届いていました。

 

 

なんと!!

 

 

あの某財閥系メガバンクから、

招待者限定で(また。)『住宅ローン相談会』への招待状が届いていたのです!!

 

 

もしかして、皆さんも届いていませんか??

 

 

『固定3年:年率0.45%(団体信用生命保険付き)』

 

 

『固定10年:年率0.80%(団体信用生命保険付き)』

 

 

『プレミアム住宅ローン』と題して、

上記2商品を冒頭にでかでかと掲げて、消費者にアピールする広告です。

 

 

更に、その下には、それぞれ次のような文章が『赤字』『太文字』で表記されています。

 

 

『4年目以降、年▲1.8%〜最大▲1.85%(固定3年もの)』

 

 

『11年目以降、年▲1.6%(固定10年もの)』

 

 

この部分が強調されているので目が行くのですが、

ここだけ見ると、固定金利期間が終わったら、まさかの『マイナス金利』発動に見えますね。

 

 

確かに、

 

 

欧州の某国では、住宅ローンに対して『マイナス金利』が導入され、

『住宅ローン借り手側』が『利息』を受け取る異常事態も発生しました。

 

 

融資を受けて、人から『お金』を借りているにも関わらず、

債権者から更に『利息』を受け取るのですから、

なんとも『摩訶不思議』な事態だとご理解頂けると思います。

 

 

幸いなことに(?)、

 

 

この某金融機関のチラシが意図するところはそうではなくて、

『年▲1.8%〜最大▲1.85%』『年▲1.6%』の表記の上には、

小さな字で次の文言が掲載されていました。

 

 

『完済まで、その時点の店頭表示金利より』

 

 

皆さん、この文章の意味するところを理解していますか??

 

 

ここでは画像の掲載は控えますが、実物を見て頂くと、

『文字の大小』『強調のされ具合』から、良い部分ばかりに目がいってしまいます。

 

 

『固定年率0.45%』『固定年率0.80%』などと聞けば、

現在組まれている住宅ローンと比較して、利率が低い場合、

『借り替え』を利用して金融機関を移る人も出てきそうです。

 

 

更に、

 

 

固定期間以降、『年▲1.8%〜最大▲1.85%』『年▲1.6%』と聞けば、

まさかの『マイナス金利』発動と錯覚してしまう人も出てくるかも知れません。

 

 

流石に、それには違和感を感じて、期待していない方でも、

どこか、『低金利のまま』のような淡い期待を抱いてしまいそうです。

 

 

果たして、

 

 

この『プレミアム住宅ローン』を利用した人は、

実際にそのような『バラ色人生』が待ち受けているのでしょうか??

 

 

残念なお知らせです。

 

 

結論から言わせて頂くと、『リアル』はその正反対になります。

 

 

先ほどの『マイナス金利』はあくまで『店頭表示金利』からの比較で、

金融機関の表記そのまま、その時点にならないと誰にも予測不能です。

 

 

私は個人的に、この手の商品を『時限爆弾』と認識しているのですが、

この商品を活用した方は、かなりの割合で将来、経済的苦境に立たされます。

 

 

人間はじめ、動物というものは、

太古から『脳』の作りは、実はそれほど進化しておらず、

狩猟生活時代同様、『今』を最大評価してしまいます。

 

 

『過去』は過ぎ去った時間なので気にしていてもしょうがなく、

『未来』は不確定なため、未知なことを考えても意味がないのです。

 

 

よって、

 

 

『今』『この瞬間』に目の前に広がる世界を最大評価する訳ですが、

『プレミアム住宅ローン』を利用する場面においても、

どうしても、『現在の金利』を基準に考えてしまいがちなのです。

 

 

しかし、

 

 

経済の歴史を少し勉強している方々にとっては、

彼らが最大評価する『今』『この時代』が、人類史上稀に見る『超低金利時代』だと知っています。

 

 

*実際は一般人の方々も、『感覚として』低金利を実感しており、

 2020年の東京五輪開催の高揚感も相まってか、昨今は不動産ブームが起きています。

 

 

そして、

 

 

その『超低金利』時代は今まさに終焉を迎えようとしており、

これからは金利が上昇し、『正常化』していく時代を迎えるのです。

 

 

事実、その『サイン』も日々発信されており、

 

 

直近では、米国連邦準備銀行(FRB)のパウエル議長が、

FF(フェデラルファンド)金利の誘導目標を『0.25%』上げると発表しました。

 

 

これを受け、誘導目標となる金利は、

従来の『年1.25~1.50%』から『1.50~1.75%』となります。

 

 

『利上げ』は直近の2017年末から3ヶ月ぶりで、

2018年中には今回を除いて追加で『2回』を計画。

 

 

更に、

 

 

2018年同様、景気見直しを上方修正している2019も、

『年間3回』の誘導目標金利『利上げ』を見込んでいます。

 

 

FF(フェデラルファンド)金利は世界の金融の基準になりますから、

この動向は、そのまま我が国『日本』の金融市場にも影響を与えます。

 

 

必然、

 

 

『プレミアム住宅ローン』も直接影響を受け、

『店頭表示金利』は現在の基準では想像していないほど、上昇していくことになるでしょう。

 

 

例えば、

 

 

上記の目論見でいけば、2018年、2019年中には、

『合計5回』、率にして『約1.5%』の利上げがあることが見込まれています。

 

 

これが直接作用してきた場合、

 

 

『プレミアム住宅ローン』を活用した方々は、

固定期間を終了した頃には、前述の優遇を受けたとしても、

現行の『店頭表示金利』をそのまま被ってくる計算になるのです。

 

 

わかりやすく言えば、

 

 

『固定3年もの』を選択した方々は、4年目以降『年率2.90%』、

『固定10年もの』を選択した方々は、11年目以降『年率3.30%』です。

 

 

これはあくまで『2019年』という直近までの見通しなので、

恐らく、これが実行される際は、『金利』は更に高くなることが予想されます。

 

 

はっきり言います。

 

 

これを活用した(活用している)人は、確実に『破産』します。

 

 

昨日の記事、『リボ払い』をしている人を愚者に見るかも知れませんが、

私からしたら、今日の金融商品を活用した人も全く『同レベル』です。

 

 

『固定3年もの』で、期間終了後の金利が『5倍』、

『固定10年もの』で期間終了後の金利は『4倍』。

 

 

どちらにせよ、このインパクトに耐えられる家庭はそう無いはずです。

 

 

90%以上の家庭に待ち受ける『リアル』な未来をお伝えすると、

固定期間終了後、ローン返済ができなくなり住宅を売却することになり、

それでも負債は残り、『幻』へのローン返済は一生続いていくでしょう。

 

 

とても怖い話ですが、これが、大部分の方々を待ち受ける『事実』なのです。

 

 

私が『時限爆弾』と表現させて頂いたことが、ご理解頂けたでしょうか??

 

 

昨日の事例と同様、今回の事例においても、

本当に『無知』は『キレイゴト』ではまったく済まされません。

 

 

確かに、

 

 

『人』の社会は温かい部分もありますが、

『金融』の世界においては、サバンナよろしく『愚者』は徹底的に餌食にされてしまいます。

 

 

あなたは、それでも『お金』から避けて生きていきますか??

 

 

『経済』『金融』の世界において、『カモ』のポジションに居続けるでしょうか??

 

 

きちんと向き合い、きちんと賢くなっていくことが、

他の誰でも無い、あなた自身の身を守ることに繋がっているのです。

 

 

『金融リテラシーを身に付け、資産形成をスタートしたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は4月24日(火)19:30スタートにて大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年4月24日(火)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

>>>>セミナーご案内ページはこちらをクリックください<<<<

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile