年金支給開始年齢、『70歳』イメージ化は着々と進む。

今日のテーマは、『年金支給開始年齢、70歳イメージ化は着々と進む』です。

 

 

今日に限った話では無いですが、

この公式ブログでは『年金』『社会保障』テーマの話題は多く取り上げます。

 

 

人口ピラミッドが崩壊し、年代別構成が歪になった現代では、

『社会保障システム』の維持に、数年から100年ほど『痛み』が伴います。

 

 

現在の社会保障システムは、『100年安心プラン』と銘打って作られた、

現代の日本の状況にはそぐわない、『形骸化したシステム』だからです。

 

 

最近は、必死で(システムの)『延命措置』が行われていますが、

いつか、近い将来に『Xデー』を迎えてしまうのは明らかです。

 

 

『延命措置』が継続される最中、現時点で『受給』するサイドの人は恩恵ありますが、

私たちの世代(20代、30代、40代)が同等の『リターン』があると考えるのは、

『楽観視』という言葉で表現し尽くされないほど、馬鹿げています。

 

 

先日、少しだけ計算してみました。

 

 

(*人それぞれ基準は異なりますが、)

『60歳』でリタイア(退職)を考えられる方が、その時点において、

保有金融資産『2000万円』で、どのくらい生活していけるかです。

 

 

現行のルールでさえ、年金支給開始年齢は『65歳』なので、

60歳から64歳までの5年間は『空白の期間』と呼ばれています。

 

 

財務省の調査では、定年後の夫婦2人の平均生活コストは『月26万円』。

 

 

これは単純計算で『年間312万円』を意味しますから、

この空白期間にいおいて、『1560万円』の金融資産が消費されます。

 

 

『60歳』時点で『2000万円』しか保有していなかった方の金融資産は、

年金支給開始の『65歳』時点で、わずか『440万円』程度まで減ってしまいました。

 

 

問題は、ここで終わりではありません。

 

 

現時点で『厚生年金』支給を受けている方々の、

男性での平均受給金額は『月16万5000円』程度。

 

 

奥さんが専業主婦だった場合を考えると、

夫婦合算で『21万円』程度の年金収入があることになります。

 

 

ただし、

 

 

繰り返しになりますが、これはあくまで『現行』の数字で、

私たちの世代(20代、30代、40代)が受給する頃には、

多く見積もっても現行制度の『70%程度』が良い所です。

 

 

そう考えると、月額支給金額は『15万円』程度にまで減少します。

 

 

その場合、保有金融資産を取り崩して充当する生活費は『月11万円』。

年間換算で計算すると、『121万円』もの金額に上ります。

 

 

何となく、見えて来ましたね。

 

 

そう、65歳時点で『440万円』しか残っていませんでしたから、

そのペースで保有資産を切り崩していくと、『3年』程で底を突きます。

 

 

つまり、

 

 

『60歳リタイア』を選択した方々で、保有資産が『2000万円』しか無い方は、

『70歳』を迎えるまでに、破綻してしまうことが明らかになっているのです。

 

 

これは、

 

 

60歳時点の保有資産が『3000万円』でも、それほど大きく改善しません。

 

 

『空白の5年間』で消費される生活コストは同額ですから、

『65歳』時点で手元に残る資産は『1440万円』ほど。

 

 

これを『65歳』以降、『年間121万円』ペースで取り崩すと、

少しだけ『延命』されますが、『12年間』で資金ショートしてしまいます。

 

 

『人生100年』と言われる時代に、

経済的な観点で見たら、『80歳』まで生きることが出来ませんね。

 

 

『60歳』時点での保有金融資産(*不動産は除きます。)『3000万円』というのは、

正直、現在の日本全体で見ても上位の『少数派』だと感じているんですよね。

 

 

80%、いや、下手したら90%以上の方々は、

これくらいの保有資産も持たないまま、退職する日を迎えると思います。

 

 

今後の『格差』を考えると、ゾッとしてしまいますよね。

 

 

それで、

 

 

最近では、日本政府も躍起になって、マスメディア等を活用して、

『生涯現役』『年金支給開始繰り上げ』を喧伝するようになりました。

 

 

先日の新聞記事でも、そのようなことが書かれていましたね。

 

 

ある仮定の家族の事例をもとに、ストーリー調で、

条件が様々変わった際の、『年金支給金額』の推移を説明するものです。

 

 

世帯主は『60歳リタイア』を当初予定していたのですが、

経済的に考えると、とてもじゃ無いけど『リタイア』なんて出来ない。

 

 

1961年4月2日以降に生まれた方々が対象になるので、

現在58歳未満の方々の大半は、年金支給開始『65歳』が通例です。

 

 

60歳から64歳の『空白の5年間』も、

何かしらの仕事をせずに、乗り切れる方々は極少数だと思います。

 

 

『65歳』を迎えてもそれは決して安泰ではなく、

前述でも見て頂いた通り、公的年金だけでは不足金が出てきてしまう。

 

 

それを回避する為、

 

 

このストーリーでは、世帯主の男性が『70歳』まで、

『厚生年金』加入の事業所でしっかりと働き続けて、

年金も『70歳』まで繰り上げることを落とし所に話が進みます。

 

 

その結果、

 

 

何とか最低レベルの生活費を『年金』でカバーし、

慎ましやかに人生を過ごしていくことが出来る、と、、、、。

 

 

これは、何も特別な事例ではないと考えます。

 

 

むしろ、これが実現できる人は、まだマシな部類に入るでしょう。

 

 

本当に、『資産形成』は一人一人が考え・実践しなければ、

『どうにもならない時代』が、既にやって来ているのです。

 

 

『具体的なアクション』を起こして、自ら『変化』を起こした人だけが、

この現状を打破していくことが出来ると考えます。

 

 

『資産形成を真剣に考え、具体的にスタートしたい!』という方に、

最適なセミナーを、6月22日(金)19:00スタートにて、大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年6月22日(金)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile