日本の『財政健全化』に、『逆行』し続ける業界。

今日のテーマは、『日本の財政健全化に、逆行し続ける業界』です。

 

 

常々、

 

 

『井上耕太事務所:公式ブログ』では、

『日本財政はヤバい』という旨の情報発信を継続しています。

 

 

理由として最も大きいのは、

 

 

『GDP(国内総生産):約500兆円』ほどの金額に対して、

国債・地方債の累計発行金額が『200%(約1000兆円)』を超えてしまっている事。

 

 

実際、

 

 

国家財政の1つの『警鐘』として捉えられるこの基準値を超えて、

『経済的有事』を迎えずに、事態が収束した国家というものは存在しません。

 

 

例えば、

 

 

1990年代から2000年代初頭に起こった『ロシア危機』では、

ソビエト連邦から引き継がれる形で抱えられた『国家累計債務』は、

対『GDP(国内総生産)』比較で60%程度のものでした。

 

 

また、

 

 

その後に起こった『アルゼンチン』における国債デフォルトも、

『年金デフォルト』『預金封鎖』等、フルコース展開されたにも関わらず、

『国家累計債務』の対GDP比は『50%』を少し超えた程度。

 

 

更に言えば、

 

 

数年前、様々な要因が重なって、世界を震撼させた『ユーロ危機』においても、

その起点となった『ギリシャ』の累計債務は、対GDP比『180%』に満たない数字です。

 

 

こう列挙していくと、

 

 

日本国の累計債務『1300兆円(国債・地方債総額)』という金額に加えて、

『対GDP比:200%超』という数値が、如何に『ヤバい』かが分かると思います。

 

 

少し前の公式ブログで、

 

 

ここ3、4ヶ月ほどの間に、日本国内にある金融機関からの『海外送金』の規制が、

一気に厳格化し、実質、『不可能』なレベルにまで陥っている事をご紹介しました。

 

 

当然、

 

 

国家としては『キャピタル・フライト』を恐れている訳で、

2024年に控える『紙幣刷新』というイベントまで考慮すると、

遽にきな臭く、『経済的有事』が現実味を帯びて来たと感じます。

 

 

話を戻すと、

 

 

日本国家の『累計債務』がここまで積み上がり、今尚上昇する主因として、

現時点でも『歳出(国家の支出)』最上位を占める『社会保障費』がある事は、常々お伝えしています。

 

 

具体的には、

 

 

『年金』『健康保険』『福祉』の分野で支出されているお金の事ですが、

2016年に『年間30兆円』の大台を突破してからは、

年々『1兆円』ペースで支出増大し、『歳出』を押し上げ続けています。

 

 

当然、

 

 

『超高齢化』の流れの強まる今後は、更に、そのスピードは増すと考えられ、

『税収』が飛躍的に増加することは想像し難い現状から考えると、

日本国の『財政健全化』は、理屈的には、未来永劫、達成は『不可能』です。

 

 

ただし、

 

 

この現状を放置し続けても、国家の財源が『無限』という事は有りませんから、

どこかのタイミングで、具体的な『改善策』を講じて実行していく必要がある。

 

 

その実例は、

 

 

単純に、『社会保障費』としてカバーしている範囲を狭めて、『歳出』を抑制するか、

あらゆる分野で『大増税』を敢行し、歳出をカバーするだけの『税収』を得るかです。

 

 

しかし、

 

 

その現状において、理想(理屈?)とは完全に『逆行』している分野があり、

それは、私が20代の頃に所属した、『製薬・医療業界』だと考えるのです。

 

 

ちょうど2ヶ月前の8月28日、

 

 

厚生労働省は、『遺伝子治療薬』の国内初となる『保険適用』決定し、

足の血管再生薬『コラテジェン』は、投与1回の薬価が『約60万円』を付けました。

 

 

この薬剤は、

 

 

重度の動脈硬化により足の血管が詰まった患者に対して適用し、

『新しい血管』を作る遺伝子を注射して、治療するというもの。

 

 

今回の『保険適用』により、

 

 

患者負担は、通常医療同様『原則3割』に限定された上、

『高額療養費制度』等の適応を受けると、その実質負担は殆どが『公費』となります。

 

 

現時点でのピーク時患者数は、『年間1000人』に及ばないと推定され、

1薬剤としての販売額は、『年間12億円』規模に収まると見込まれます。

 

 

ただし、

 

 

『遺伝子治療薬』は、海外同様に、日本国内でも市場が見込まれる為、

製薬大手・ベンチャー共同での開発が進んでおり、将来的に『保険適用』が進む事が予想されます。

 

 

1つ、1つの薬剤としては『オーファン(希少疾患)』に対する適応でも、

今後、『積み上がり』を考えた場合は、決して『無視できない数字』です。

 

 

約半年前、

 

 

5月末に国内承認された、白血病治療薬『キムリア』は、

1回の投薬が『3349万円』と、『国内最高薬価』となり注目を集めました。

 

 

製薬業界も、

 

 

現在、新薬開発が難航している企業が多く、『一攫千金』に狙いを定めて、

『高額治療薬』の分野に、あらゆる資源を投入して、研究開発を進めています。

 

 

当然、

 

 

『開発にかかる難易度』と『費用対効果』を天秤にかけた際、

『高額治療薬(高収益商品)』を選択する事は経営的に正しい選択ですが、

日本国家の『財政健全化』という観点で見たら、逆行してしまう状況です。

 

 

これからも、この『大きな流れ』自体は、変わりません。

 

 

ただし、

 

 

このまま『放置』することが出来ないのは『現実』なので、

日本国が、この分野において、どのように『舵取り』するか注目していきましょう。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、神戸・三ノ宮10月25日(金)、大阪・梅田10月29日(火)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2019年10月25日(金)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2019年10月29日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile