日本は、コロナ危機により『リセッション(景気後退)入り』したのか??

今日のテーマは、『日本は、コロナ危機によりリセッション(景気後退)入りしたのか??』です。

 

 

東京入り『3日目』を迎えています。

 

 

今回の滞在期間は、少しだけ長めですね。

 

 

と言っても、昨日、一昨日の主催セミナー開催に加えて、

本日は、ご受講希望のクライアントさんと個人セッションを開催。

 

 

予定がパンパンに詰まっていることもあり、

毎日が、一瞬のうちに過ぎ去っていきます。

 

 

それでも、

 

 

例年に比べて、『2月』としては、とても暖かい東京を体験出来て、

『ウイルス性腸炎』が恒例行事化している身としては、嬉しいです。

 

 

反対に、

 

 

関西は、今、寒気が舞い込んでいるとの情報もあるので、

帰阪する今夜以降、気を付けなければいけないと感じています。

 

 

父親が、温暖な『長崎』ので出あったことも関係してか、

大人になるにつれて、『寒さ』に対する耐性が、著しく減少しています。

 

 

冬になると『ウイルス』関連も影響力を増してきますが、

将来的には、それと無縁の地域でこのシーズンを過ごしたいと考えています。

 

 

さて、そろそろ『本題』に入ります。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『日本経済は、コロナ危機を乗り切ることが出来るのか??』と題して、

世界的流行を見せている『コロナウイルス』が、日本経済も直撃することをご紹介しました。

 

 

と言うか、既に『直撃』していますよね。

 

 

常々お伝えしている通りですが、

 

 

『経済』とは、『お金』の循環スピードにより決定されるものなので、

世の中を巡る『人』『物』の循環速度が落ちれば、必然、停滞します。

 

 

マスメディアが報じている通り、

 

 

この状況で、『旅行・レジャー』を楽しむ方々は、通常時より減少しますし、

『人』が多く集結するイベントは、軒並み『中止』へと追いやられています。

 

 

一部では、

 

 

『マスク』が品切れになったり、『窃盗』まで犯す不届き者が出ていますが、

それでも、限られた領域の『特需』でカバーできる落ち込みでは有りません。

 

 

私自身、

 

 

来月に『香港渡航』が控える中、その動向を注視していますが、

今回の騒動における、『人』と『物』の循環スピードの減少は、

2020年を通して、世界経済全体に影響を与えると思います。

 

 

昨日の記事に中でも取り上げましたが、

 

 

先日、内閣府より公表された『GDP(国内総生産)速報値』では、

2019年第4四半期、前年比『▲1.6%』減少という結果となりました。

 

 

年率換算すると、実に、『▲6.3%』の減少です。

 

 

国際的に、

 

 

GDP(国内総生産)が、2四半期連続の『マイナス成長』となれば、

『テクニカル・リセッション(技術的景気後退)』と定義されます。

 

 

これを受けて、

 

 

『戦後最長』と言われていた『アベノミクス』と表現される景気拡大は、

『リセッション(景気後退)』に転じるという報道も聞こえ始めました。

 

 

果たして、これらの報道は、正しいのでしょうか??

 

 

前述の表現でも、『?』マークを付けさせて頂きましたが、

私自身、これまでの『戦後最長の景気拡大』という表現に、大きな疑問を抱いています。

 

 

一昨年、

 

 

不正を連発して、その存在意義が大いに揺らいだ『政府統計』ですが、

正直、今までも『お化粧』をして、『景気拡大』していたに過ぎない。

 

 

過去の公式ブログでも取り上げましたが、

 

 

国民の『収入変動』を探るための代表的指標、『賃金統計』などは、

『対象事業所』などを故意に操作することにより、恣意的に『アップ』させられていました。

 

 

今更、主張をしても仕方が無いことですが、

無事『消費増税10%』を遂行する為です。

 

 

『軽減税率』や『ポイント還元』等、大キャンペーンの導入により、

『消費増税』が影響する景気減速は、抑えられたかに見えましたが、

それでも、GDP速報値は『年率▲6.3%』の減少を記録しました。

 

 

要は、『ごまかし』が効かない状況まで、落ち込んだという事です。

 

 

これまで、

 

 

『景気拡大』が声高に叫ばれ続けてはいましたが、

社会の大多数を占める『会社員』の方々の『収入』は、年々減少しています。

 

 

確かに、

 

 

前述の通り、『額面(数字)』上は維持したように見えるかも知れませんが、

『現実(手取り収入)』は、増えないか、むしろ『減少』が大多数ですよね。

 

 

それもそのはず、

 

 

『年金保険料』『健康保険料』の料率は、年々増加して来ましたし、

今年(2020年)については『所得税』『雇用保険料』の上昇も決定してますね。

 

 

悲しい哉、

 

 

『会社員』の方々の収入は、『2020年』を境に、目に見えて減少します。

 

 

これはもう、『東京五輪』に浮かれている場合じゃ無いですね(笑)

 

 

反対に、『現実』が悲し過ぎるので、

東京五輪という『非現実』に、逃避するしか方法がないのでしょうか。

 

 

確かに、

 

 

今回の『新型コロナウイルス騒動』は、トリガー(引き金)として、

『日本』だけでなく、『世界経済』の景気減速に寄与していると思います。

 

 

しかし、

 

 

日本経済の『リセッション(景気減速)』は、既にスタートしており、

それが、『コロナウイルス騒動』により、隠し切れなくなったに過ぎません。

 

 

仮に、

 

 

今回の『コロナ騒動』が無かったとしても、やんわりと、

緩やかなスピードながら、日本経済は『衰弱』に向かっていたと考えます。

 

 

先日は、

 

 

『コロナ騒動』の早期終息を、私たち国民以上に、政府が望むと述べましたが、

もしかしたら、明確な『トリガー』が用意されて、安堵しているのかも知れません。

 

 

『コロナ騒動』が、あっても、無くても、

『日本経済』は、徐々に、追い込まれて行っていた、、、、。

 

 

その事もきちんと理解して、一喜一憂することなく、

中長期視点での『資産形成(投資)』に取り組んでみて下さい。

 

 

10年、20年スパンの視点では、『コロナ危機』など、些細なことです。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、神戸・三ノ宮2月26日(水)、大阪・梅田2月27日(木)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2020年2月26日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2020年2月27日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile