日本社会に残る、『10000倍ルール』を知っていますか??

今日のテーマは、『日本社会に残る、10000倍ルールを知っていますか??』です。

 

 

5月7日以降、

 

 

『緊急事態宣言』の延長も、正式に表明されて、

私たち日本国民の『活動自粛生活』も、暫く継続することが決定しました。

 

 

日に日に、状況は厳しくなりますね。

 

 

『生命』という観点もそうですが、『経済』という観点でもそうです。

 

 

現時点、

 

 

『収入』という観点で、問題が顕在化していないのは、

『経済的体力』を蓄えていた、一部の企業の『会社員』の方々のみです。

 

 

しかし、

 

 

母体である『企業』自体は、収益が減少していますから、

その状況にあぐらをかき、安泰が続くと考えるのは、浅はかだと考えます。

 

 

それでも、

 

 

視点を広く持ち、『健全な危機感』を抱いている人の割合は、

まだまだ『少数派』というのが、実際のところだと感じます。

 

 

改めて言うまでもなく、

 

 

前述の方々以上に、今回の危機で直接的な影響を受けているのは、

『日本』の大部分を支えている言える、『中小企業』の方々です。

 

 

私自身、

 

 

クライアントさんの中には、『経営者』という立場の方々もいらっしゃり、

連日、電話等でお話ししていても、『悲痛な叫び』が入って来る状況です。

 

 

本当に、『ヤバい』としか表現出来ませんね。

 

 

先日から、

 

 

度々ご紹介していますが、日本政府が対策せず、このまま放置すれば、

今月(5月)以降、日本にも『大倒産時代』が訪れることになります。

 

 

にも関わらず、

 

 

橋下徹・元大阪府知事も発信し続けている通り、相変わらず、

国家中枢に位置する政治家・官僚の方々は、『呑気』に毎日を過ごしています。

 

 

彼ら・彼女らは、

 

 

『国会議員』の肩書により、年間『約5000万円』の収入が確約されており、

それは、今回の『コロナ騒動』の渦中においても、変動することは有りません。

 

 

その結果、

 

 

もはや、『劇場』と化している『国会答弁』さえ、一時的に乗り切れば、

その後は、いつもと変わらぬ『優雅なひととき』を過ごす事が出来ます。

 

 

そもそも、

 

 

この大惨事にも関わらず、一国の首相が、芸能人に乗っかり、

『うちで踊ろう♪』と歌っている時点で、終わってますよね。

 

 

それの『前振り』とも言える、『アベノマスク想像』も含めて、

『日本国』の国家主席は、相当『天然な人間』だと推測します。

 

 

『平時』であれば、なかなか、面白いのかも知れませんが、

文字通り『緊急事態』では、残念ながら、全く笑えません。

 

 

ただただ、『残念』に感じてしまいます。

 

 

今回の危機に対しての、『日本政府』の対応について、

前述『直接的に影響を受ける方々(経営者)』からは、

中々、手厳しい意見を聞く場面が、多くなっています。

 

 

大袈裟でも何でもなく、『死活問題』に直面しているので、当然ですよね。

 

 

しかし、

 

 

私自身、『コロナ危機』が発生するよりも、ずっと以前から、

『国家(政治家の先生方)』をまったく信用していないので、

不思議と、そこまでの『怒り』は湧いてきていません。

 

 

『心理学』という観点で考えた場合、

『怒り』という感情が湧く背景には、

多くの場合、相手に対する『期待』が存在しています。

 

 

そもそも、

 

 

『相手(政治家の先生方)』に対する『期待』が存在していないので、

この非常事態に、彼ら・彼女らが、『お遊戯』を継続していようとも、

そこまで、感情的になることが出来ない、というのが実情です。

 

 

そして、

 

 

その『期待』を抱かなくなった理由の1つは、

今尚、日本社会に残る『カースト制度』を理解しているからだと思います。

 

 

ようやく、『本題』に入りますね(笑)

 

 

タイトルにある『10000倍ルール』という言葉ですが、

皆さん、何のことを示しているか、お分かりになりますか??

 

 

『真実』を知ってしまうと、きっと、『衝撃』を受けます。

 

 

ヒントは、前述の通り、日本に『カースト制度』が存在しているという事。

 

 

恐らく、待っていても、『正解』は出ないと思うので、

勿体ぶらず、早速、答え合わせをしていきますね(笑)

 

 

現在、日本国において『国会議員』になろうとした場合、

『一民間人』が、その要職を志す一般ケースと比較して、

親族が『国会議員』であれば、『10000万倍』当選しやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私自身、書いていて、少しの時間、手が止まってしまいました(笑)

 

 

一流大学への『裏口入学』など、可愛く見えてしまいますね。

 

 

本題から逸れる為、

 

 

『詳細』の説明は、他に譲りますが、『近代日本』の成立を考えた時、

『江戸幕府』倒幕を経て『明治』以降をそれと考えるのが一般的です。

 

 

そして、

 

 

『近代日本』を作る際、倒幕の中心を担った薩摩・長州の方々が、

そのまま、『カースト』の頂点に君臨するのが、現在の『日本』なのです。

 

 

経済界でも同様ですが、

 

 

一度、手にすることが出来た『既得権益』を、

子孫代々、受け継いでいきたいと考えるのが、人間の『煩悩』です。

 

 

勿論、

 

 

政治家の先生方の世界でも、それは『常識』として残っており、

所謂『世襲議員』と呼ばれる方々は、衆議院だけで『約180名』も存在します。

 

 

一時期、

 

 

アイドルが如く、国民人気を博した小泉純一郎さんは『3世議員』で、

答弁での物議が頻発する、麻生太郎さんも、同じく『3世議員』です。

 

 

私の地元、

 

 

岡山県から輩出される方々も、例に漏れないのが悲しいですが、

橋本龍太郎さんを筆頭に、逢沢一郎さん、平沼赳夫さん等も、勿論『世襲』です。

 

 

他にも、

 

 

鳩山邦夫さん、鳩山由紀夫さんに至っては『4世』という名家出身で、

『一般人』である私たちとは、そもそもの『毛並み』が違います(笑)

 

 

更に、

 

 

冒頭、その『天然ぶり』をご紹介させて頂いた、安倍晋三首相も、

流れをそのまま引き継いだ、『3世議員』という事実があります。

 

 

要は、

 

 

彼ら・彼女らは、100年以上前から、代々続く『貴族家系』なのです。

 

 

メディアでは、

 

 

『政治家は、民間の窮地を理解していない!』と非難されていますが、

そもそも、彼ら・彼女らは『民間人』ではない為、仕方がありません。

 

 

少し、飛んだ比喩になるかも知れませんが、

 

 

元々、『ナイジェリア人(*)』ではない、私たち日本人に、

『ナイジェリア文化を理解しろ!』と言われても、無理なことと同義です。

 

 

*『ナイジェリア人』は一種の例として挙げたものであり、

 それ以上も、それ以下も、『意味』は存在していません。

 

 

結論、『国家』に期待することは、やめましょう。

 

 

今回の『経済支援』に対する姿勢で、彼ら・彼女らの姿勢は明確に見えました。

 

 

依然、

 

 

『10000倍ルール』が支配している日本において、

『正しい生き方』は、『国家』に依存することなく、

『リスク』を切り離して生きる方法だと考えるのです。

 

 

コロナ終息後にも共通する、『大切な考え方』ですので、

今後も、しっかりと『記憶』に留めて頂けたら幸いです。

 

 

尚、

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今月(5月)以降も暫くの期間、

大阪・神戸ともに、『完全個別:Zoom受講』へと切り替えて行います。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う、事態の早期収束・終息と、

ご覧頂いている皆様のご健康を、心より、お祈り申し上げます。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile