株式市場が『嵐』の夜は、息を潜めて静かに過ごす。

今日のテーマは、『株式市場が嵐の夜は、息を潜めて静かに過ごす』です。

 

 

2018年も『11月』になりました。

 

 

今年もあと『2ヶ月』を切ってきた訳で、時間の経過は早いですね。

 

 

先月(10月)は、世界マーケットが日々大きく変動し、

正に、株式市場に『嵐』が吹き荒れた月となりました。

 

 

『NYダウ工業株30種平均』が急落したかと思えば、

その煽りを受けて、『日経平均株価』も1営業日で『900円超』も下落する。

 

 

その後、

 

 

一旦『リバウンド』で持ち直したものの、

中国経済減速、米中貿易摩擦等の懸念が再燃して、一進一退を繰り返す日々。

 

 

最近では、

 

 

少し『これまでと違った動き』も出てきていて、

前日(前夜)の『米国市場』と、翌日の『日本市場』の連動性が見られなくなりました。

 

 

これまでは、

 

 

『米国がくしゃみをしたら、日本が風邪引く』の言葉通り、

『米国市場』が下落したら、翌日の『日本市場』も下落し、

その後、『米国市場』が上昇したら、日本も反発というのが常でした。

 

 

しかし、

 

 

最近では前夜の『米国市場』の動向と『日本市場』がリンクせず、

前述の通り、両市場がほとんど相関なく『独自の動き』を見せる事態になっています。

 

 

また、

 

 

注視している人は気付いているでしょうが、

『為替』のマーケットでも、これまで成立していた『相関性』が失われつつあります。

 

 

具体的には、

 

 

世界一の流通量を誇る『米ドル』『ユーロ』の相関性が崩れ、

『米ドル』に対して、『ユーロ』が相対的な価値を弱めつつあるのです。

 

 

日々注視していたらわかりますが、

 

 

これまで、両通貨の『価値変動』はほとんど見られず、

『日本円』が『米ドル』に対して下落したら、同様に対『ユーロ』も下落を見せました。

 

 

ただ、

 

 

最近では、『日本円』が『米ドル』に対して下落傾向にある市場でも、

『対ユーロ』においては上昇を見せる場面が普通に起こっているのです。

 

 

先週末、

 

 

『日経平均株価』は、前日比『556円高』と反発して大引した一方、

その夜の『NYダウ工業株30種平均』は『▲109ドル』と低調に終わりました。

 

 

明日、週明けを迎えますが、『日本市場』はどのように幕を開けるのでしょう??

 

 

このように、

 

 

株式市場が『平時』と異なる動きをするという事は、

世界マーケットに『不安要素』が並行していくつも存在するという事です。

 

 

理系の方々ならイメージしやすいですが、

 

 

『パラメータ(変動因子)』が複数存在する『場』において、

あらゆる変動する『数値』に対しての『未来予測』は困難を極めます。

 

 

恐らく、今後『AI』が発達したとしても、完全解決する事は不可能でしょう。

 

 

当然、

 

 

それを『人間』がやり出したら事態はさらに複雑さを増し、

1つの『事実』に対して、『解釈』は無数にあるので、

出てくる『結果』の予測も一筋縄にはいかないのは納得です。

 

 

つまり、世界の『株式市場』『為替市場』も、現在その状態にあるという事です。

 

 

少し興味深い報道も出てきていて、

 

 

『日本市場』における、先月(10月)度の『投資信託』保有残高は、

単月で『約6兆円』下落し、これは、サブプライム危機以来10年振りの減少幅だったそうです。

 

 

ただ、

 

 

資金流入は『超過』傾向を維持しているようで、その状況を考えると、

ファンド保有株式の純粋な下落により、この数字を記録したという事は驚異的です。

 

 

不幸中の幸いとしては、

 

 

マーケットの変動が日々移り変わる為、『市場参加者』が、

『リスク』を恐れて、『一斉退散』する事態には陥っていない事でしょうか。

 

 

以前の公式ブログでも、同様の事を書かせて頂きました。

 

 

このように、『市場変動』が大きな、言わば『嵐』の時期は、

きちんと戸締りをし、安全な室内で、それが過ぎ去るのを静かに待つ事です。

 

 

間違っても、

 

 

焦って、扉を開けて『家』のから飛び出してはいけませんし、

気が狂ってしまって、『嵐』の中で踊り狂ってしまうのも違います。

 

 

要は、

 

 

『リスク』を恐れて『市場』を飛び出してはいけないし、

『非常事態』に乗じて、突然、『市場』に資金投入し始めるのも得策ではないという事です。

 

 

ご存知の方々もいらっしゃるでしょうが、

 

 

『経済市場』は、『上昇』と『下落』を繰り返しながら成長します。

歴史的に見ても、『バブル』と『その崩壊』は繰り返されるのが常なのです。

 

 

その事実をしっかりと理解し、『長期視点』で物事を考え、

着実な『経済成長』に懸ける形で、『資産形成』を進めて頂けたら幸いです。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮11月22日(木)、大阪・梅田11月27日(火)に開催します。

 

 

■2018年11月22日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年11月27日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile