水面下で暗躍する『ステーブル・コイン(法定通貨連動型暗号資産)』。

今日のテーマは、『水面下で暗躍するステーブル・コイン(法定通貨連動型暗号資産)』です。

 

 

『暗号資産』を記事として扱うのは、久しぶりですね。

 

 

約3年前、

 

 

『2017年』の1年間は、『暗号資産バブル』と表現できる年ですが、

某代表通貨の取引価格は、年初来1000%を超える高騰を記録します。

 

 

普段、

 

 

クライアント面談では、ホテルラウンジを使うことも多いですが、

当時、周囲の人間から聞こえてくる話は『暗号資産』一色でした。

 

 

以前、

 

 

この風景について、公式ブログでも触れたことがありますが、

見るからに怪しげな雰囲気を纏い、普段は見ることない顔が、

ラウンジに溢れ返っていたのもこの時期です。

 

 

熱狂当初こそ、

 

 

単純に、『暗号資産』自体の売買取引が展開されていましたが、

その後、どんどん派生して『デリバティブ』が主流になります。

 

 

更に、

 

 

晩年には、『個人マイニング』なる荒唐無稽な商材も扱われ、

『情報弱者』に分類される方々が、尽く騙されていきました。

 

 

分かりやすく説明すると、

 

 

『個人』として、周りの人間を集めて結成したチームで、

『中国の人民解放軍と戦おう!』というレベルの話です。

 

 

戦略性を持って、

 

 

『国家プロジェクト』として大国が取り組むプロジェクトに、

『個人レベル』で行う採掘事業が、太刀打ち出来るはずない。

 

 

結局は、

 

 

採掘作業に関連する機器・商材を販売するマルチ商法なのですが、

当時、このレベルの話が見抜けないほど、社会は狂っていました。

 

 

しかし、

 

 

2018年初に起こった『暗号資産』市場の暴落で、

その熱狂も、想像以上にあっさりと終焉を迎えます。

 

 

一時期、

 

 

毎週のように、ラウンジで顔を合わせていた方々も、

その時以来、姿すら見かけなくなってしまいました。

 

 

恐らく、

 

 

今頃は、どこかで『異なる商材』で詐欺商売を展開しており、

新たな『カモ』のお金のデトックスに励んでいるのでしょう。

 

 

悲しい哉、『時代は繰り返す』は真理です。

 

 

その後、

 

 

某代表通貨の『取引価格』は上昇と下落を繰り返し、

直近は、ピーク時の『半値』ほどで推移しています。

 

 

それでも、

 

 

バブル崩壊直後は『80%』の価値が吹き飛びましたから、

それを考慮すると、大きく評価額を戻したことになります。

 

 

相変わらず、

 

 

日常生活における『決済機能』という観点では不便ですが、

将来的に、『代替資産』になることは間違いなさそうです。

 

 

仮に、

 

 

『暗号資産』否定派であっても、

『ブロックチェーン技術』に対する将来性への批判は、

社会から、『馬鹿』のレッテルが貼られてしまいます。

 

 

後は、

 

 

『既得権益』との闘いをどう乗り切るかがポイントですが、

ザッカーバーグ氏が『Libra』実用化の際、叩かれた通り、

一筋縄ではいかないことは、誰の目から見ても明らかです。

 

 

それで、

 

 

『バブル期』ほど、メディアによる熱狂報道は無いものの、

3年前と比較して、その市場は確実に拡大を見せています。

 

 

そして、

 

 

その『トレンド』も、時間の流れと共に確実に変化しており、

当時のような、単純な『投機取引』が主戦場では有りません。

 

 

最近、

 

 

市場では『テザー』なる新興勢力の躍進が注目されており、

状況が目まぐるしく変わる世界において、1つの役割を担っています。

 

 

前述、

 

 

Facebookが手掛ける暗号資産『Libra』について触れましたが、

これは、一般的にイメージされる『暗号資産』と一線を画します。

 

 

何故なら、

 

 

『米ドル』『ユーロ』等、既存の法定通貨と連動されており、

今後、『基軸通貨』の価値が一定に保たれると仮定するなら、

『価値を裏付ける資産』があると判断されるからです。

 

 

『ステーブル・コイン(法定通貨連動型暗号資産)』

 

 

最近では、先行して生み出された『暗号資産』と区別する為、

上でご紹介したような言葉すら、生み出されているようです。

 

 

理解されている方もいらっしゃいますが、

 

 

基軸通貨と言えど、『米ドル』の価値すら変動している時代、

本当の意味での『安定的資産』は、世界中探しても存在しません。

 

 

しかし、

 

 

先行する『暗号資産』は、法定通貨ベースでの取引額が変動するのに対して、

『ステーブル・コイン』は、この点に関しては常に『一定』保たれています。

 

 

要は、

 

 

発行体が、担保となる『法定通貨』を保有している訳ですが、

自己申告ベースが主流であり、その証明は現時点難しいです。

 

 

話を戻すと、

 

 

最近、話題になりつつある『テザー』ですが、市場全体の取引シェアは、

3年前の『6%』から急騰し、現在は『約50%』を占めるまでに成長。

 

 

一香港企業が発行する『ステーブル・コイン』の取引量は、

2019年初めに分岐点を迎えて、ビットコインとの差を広げつつあります。

 

 

通常、

 

 

『暗号資産』の取引は、台帳に記録が残ることが前提ですが、

管理者不在であれば、詳細な追跡が難しくなることに加えて、

最近では、相対取引等の市場も活性化していると言います。

 

 

そもそも、

 

 

存在が『バーチャル』であることを前提に作られたものなので、

法定通貨(既存貨幣)と比較して、『流動性』の自由度は格段に高まります。

 

 

願わくば、

 

 

その取引の大半が『正常な取引』であれば良いのですが、

状況的には、『グレーな取引』を助長しそうな環境です。

 

 

冒頭、

 

 

2020年現在、『決済機能』の整備は未成熟とお伝えしましたが、

暗号資産市場で行われる取引の大半が、

『海外送金』を行う際の1ステップであることがそれを証明します。

 

 

将来的に、

 

 

大変な『魅力』と『可能性』を秘める分野に変わりないですが、

実用性・健全性の観点は、今後も注目していく必要があります。

 

 

私自身、

 

 

未だ、『保有』という意味では手を出していませんが、

生涯を終えるまでに、必ず活用する時は訪れると考えます。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■9/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■9/26(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■9/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■9/26(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile