目標達成して『涙』するほど、熱い人生を生きていますか??

今日のテーマは、『目標達成して涙するほど、熱い人生を生きていますか??』です。

 

 

本日8月22日。

 

 

第101回高校野球選手権大会(夏の甲子園)も決勝戦を迎え、

地元・大阪府代表『履正社高校』が、悲願の初優勝を達成しました。

 

 

対戦相手、

 

 

大会No. 1・奥川泰伸投手の投球も『見事』というものでしたが、

極度のプレッシャーからか終盤は疲労が見え、打ち込まれて勝ち越しを許しました。

 

 

それでも、

 

 

ここまで(全国の頂点2校)勝ち進んできた事自体が賞賛に値するもので、

奥川投手の投球を上回った、履正社高校を『素晴らしい』というしかありません。

 

 

一昨日・準々決勝2試合も、現地観戦しましたが、

本日・決勝戦も、勿論、阪神甲子園球場に向かいました。

 

 

本当に、ここ2週間ほどは『仕事』にならないですね(笑)

 

 

当然、

 

 

『2週間』という期間、まるまる仕事をしていない訳では無いですが、

どこに居ても、何をしてても、どこか『心ここに在らず』のような感覚に陥ります。

 

 

大会が終わってしまうのは、寂しい気持ちも有りますが、

このまま続けば、一向に『仕事』が進まないので、どこか安心している自分もいます。

 

 

何にせよ、

 

 

連日、炎天下の中、ドラマティックな熱戦を繰り広げ、

『感動』と『エネルギー』を与えてくれた選手の方々に、敬意を表したいと思います。

 

 

本当に、お疲れ様でした。

 

 

今日(8月22日)開催された決勝戦の話に戻ると、

試合が決したその瞬間、印象的だったのは、敗戦した星稜高校の選手以上に、

優勝した履正社高校の選手の中に、挨拶まで泣き崩れている選手がいたこと。

 

 

一般的に考えると、

 

 

あと一歩のところで『悲願の初優勝』を逃した星稜高校の選手こそ、

泣いても、泣いても、泣き足りないほど『悔しさ』を感じているはずです。

 

 

増して、

 

 

今回は『大会No. 1投手』『今秋ドラフト1位候補』を擁しての敗退ですから、

特に、監督さんは『どうやったら優勝できるか??』と途方に暮れているはず。

 

 

にも関わらず、

 

 

『日本一』を目標に掲げて、それを実現したサイド、

『全国制覇』の歓喜に湧く『履正社高校』の選手たちの方が、泣き崩れている。

 

 

普通に考えれば、少し不思議な感じがしますよね。

 

 

しかし、

 

 

このシーンにこそ、『履正社高校』の選手たちが、これまで『目標実現』に向けて、

どれだけ『本気度』高く、『真摯』に取り組んでいたかが現れていると感じました。

 

 

そのこと自体が、本当に素晴らしいことです。

 

 

私自身、高校時代は硬式野球部に所属し、日々野球に明け暮れましたが、

正直に言って、『全国優勝』する選手たちの努力は『想像』を絶します。

 

 

選手権大会期間中の『14日間』だけはスポットライトが当たりますが、

裏を返せば、『年間351日間』は、地道に、努力を積み上げる日が続きます。

 

 

歓喜の瞬間だけ見れば、

 

 

『高校野球』は清々しくて、とても爽やかなものとして映りますが、

前述『351日間』に関しては、本当に『血反吐』を吐くような日々が続く。

 

 

人生の『あらゆる場面・物事』で、そうだと考えますが、

『本質』はいつも、決して派手なものではなく、地道にコツコツ積み上げるものです。

 

 

勿論、

 

 

『地道に』『コツコツ』『継続』すれば、何事も『成功』するとか、

非現実的で甘っちょろいことを、私は、決して言いたくありません。

 

 

しかし、

 

 

全ての物事が『不確定』ながらも、『未来』を信じて『継続』する事は、

将来的に『成功(目標実現)』する為の『最低条件』だと感じています。

 

 

にも関わらず、

 

 

その『最低条件』すらクリア出来ない人が、一般にどれだけ多いことか。

 

 

私自身、

 

 

『経験者』として、毎年、この時期『高校野球』を追い続ける事で感じるのは、

自分自身に対して『もっと努力出来る、もっと成長出来る』という気持ちです。

 

 

正直に話すと、

 

 

独立・起業してここまで5年間ほど経過して、順風満帆に来ている事に対して、

それ相応の『努力』もしましたが、高校時代のそれ(努力量)には、遠く及びません。

 

 

完全に自分の『弱さ』からか、

 

 

より良くなる為に『思いついた(思いついている)事』も、

『100%実行出来た!』と胸を張れる事は、開業してからこれまで、一度も無い。

 

 

それでも、

 

 

ここまで、順風満帆に、相応の『目標実現』しながら来られたのは、

高校時代に染み付いた『努力の閾値』が、一般的な方々より高いと思うからです。

 

 

今年で『35歳』と、

 

 

比べてみれば、彼ら(高校球児)の2倍ほどの年齢を重ねるまでになりましたが、

未だに、彼らと同じ『熱量』を維持しながら、人生を生きていきたいと考えます。

 

 

自身の中でも、

 

 

高校生活の『3年間』ほど密度濃く、充実していた時間は他に無く、

それを一度『経験・体験』してしまった人間としては、

その『充実感』が、ある種の『中毒症状』になってしまっています。

 

 

社会に出てから、

 

 

確かに、『キツイな』『しんどいな』と感じる場面はあったのでしょうが、

それでも、あの当時の『しんどさ』から比べれば、全く問題になりません。

 

 

当時は、

 

 

自身がどんなに『努力』を積み上げても、他者も『努力』を積み上げるので、

『他人(ひと)に勝つ』という事の難しさを、身を以て思い知らされました。

 

 

しかし、

 

 

所謂『大人』になってから、そのレベルで努力する人はほぼ皆無なので、

『社会人生活』をスタートしてから、私は『楽勝やな』としか感じていません。

 

 

もしも、

 

 

『目標実現』が出来ないのであれば、それは、単純に自身の『努力不足』であり、

もしも『落ち込む』のであれば、それ(努力)を全てやりきってからで十分です。

 

 

残念ながら、私自身、『高校野球』という分野に関して言えば、

今日のタイトルにある『目標達成して涙する』経験が出来ませんでした。

 

 

しかし、

 

 

だからこそ、その実現は、その後の人生へと持ち越されていて、

今後、それを『経験・体験』すべく、日々、『チャレンジ』を続けています。

 

 

公式ブログ読者の皆さんは、いかがでしょうか??

 

 

私が普段、クライアントの皆さんに情報提供させて頂く事として、

『資産形成(ライフプランニング)』『ビジネス(独立・起業)』というものがあります。

 

 

その面談の中で、

 

 

それ(資産形成・ビジネス)が『出来るか・出来ないか』を考える人もいますが、

今日お話しした観点から言えば、正直、お伝えするすべてが『出来る』ことです。

 

 

決して、『100メートル走を9秒台で走る』ような、

『天賦の才能』が無いと、達成不可能な話はしません。

 

 

要は、本人の『覚悟』『努力』次第です。

 

 

ただ、

 

 

昨日の内容にも続きますが、『出来ない理由』を考えてしまう人は、

そもそも、目標実現に対する『努力』自体を、完全放棄しています。

 

 

それでは、『人生』を通して、何も実現できる事はないでしょうし、

果たして、それを『生きている』と言って良いのかどうかも謎です。

 

 

『目標達成して涙する』経験を、人生に求めていきましょう。

 

 

きっと、何事にも代え難いほどの『充実感』が感じられるはずです。

 

 

そして、それこそが『生きている』という事だと、私は考えるのです。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は大阪・梅田8月26日(月)、神戸・三ノ宮8月28日(水)の日程で開催します。

 

 

■2019年8月26日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2019年8月28日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

3 件のコメント

  • … [Trackback]

    […] Here you will find 3108 additional Info to that Topic: michiamokota0421.com/目標達成して『涙』するほど、熱い人生を生きて/ […]

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile