綻び始めた『バズーカ』、現れ始めた『歪み』。

今日のテーマは、『綻び始めたバズーカ、現れ始めた歪み』です。

 

 

災害の少ない『大阪』という街において、

今年ほど多くの天災を受けることは無いですね。

 

 

地元・岡山県を離れて早『16年』が経ちますが、

京都、神戸、大阪に住んでここまで受難した記憶は無いです。

 

 

しかも、

 

 

皆さんもご存知の通り、今年の台風の進路はおかしい!!

真っ直ぐこちらに向かって来て、明日は関西エリアを直撃の予報です。

 

 

それを受けて、

 

 

JR西日本始め、交通機関各社は早くも明日の運休を発表。

最近は中心部のお店も休業する為、明日は引きこもりになりそうです。

 

 

予定されていた面談も、急遽、別日程に変更調整。

ご対応頂いたクライアントの皆さんに感謝申し上げますm(_ _)m

 

 

8月が終わって、9月1日、2日が土日だった事もあり、

今日から『始業』を迎える学生さんたちも多いみたいですね。

 

 

本当に、

 

 

毎日亡くなる方々が出るほどの『酷暑』だった為、

多くの学校が始業を遅らせ、久々の9月スタートになったようです。

 

 

いや、

 

 

私たち『昭和ど真ん中』世代からしたら、

『9月スタート』の方がスタンダードな感覚なんですけどね(笑)

 

 

新たにスタートしたビジネスが本格稼働し始めた事もあり、

久しぶりに、朝起きるのが辛いほどに疲労困憊の日々を送っています。

 

 

そんな中だったので、

 

 

予定パンパンの9月1日を何とか乗り切った後、

昨日『9月2日』は久しぶりにゆっくりと過ごすことにしました。

 

 

前述の『酷暑』もだいぶ和らいできて、

天気は快晴ながらも、過ごしやすい季節になってきましたよね。

 

 

『完全休養』とはいきませんが、本当に、穏やかな9月のスタートでした。

 

 

が!!!!

 

 

世間の皆さんは気付かれているか不明ですが、『金融』『経済』の世界では、

ある1つの、『エポック・ポイント』のような出来事が起こっています。

 

 

それは、、、、『金利上昇』。

 

 

先月(8月)30日に行われた日銀会合において、

『異次元緩和』と称された黒田総裁の金融政策に、方向転換の兆しが見え始めたのです。

 

 

この辺りは、これまでの出来事の『アーカイブ』になりますが、

約6年前、白川さんから襷を引き継いだ黒田総裁は、それまでの政策を一変。

 

 

世界各国が『金融緩和』して経済危機からの回復を図ろうとする中、

一人頑なに『金融引締め』を行なっていた日本経済を解放し、

市場の国債・株式等を買い入れることで『大規模金融緩和』を実行しました。

 

 

それを受けて、

 

 

『日顕平均株価』も短期間のうちに、起点から倍増の『1万5000円台』まで回復。

その後、『2万円台』も突破し、現在でもその水準は保たれています。

 

 

当然の話ですが、

 

 

『歴史的円高』の時代を経て、その期間、為替は続落。

当初は海外市場に比重がある企業に歓迎されましたが、

急激な為替変動は『歪み』も生み、その後、現在の水準で調整されています。

 

 

さらに、

 

 

市中金融機関が『お金』を貯め込むことを陰気し、

民間への融資を活発化させる為『マイナス金利』を導入。

 

 

この空前絶後・前代未聞の『大実験』の結末は未だ見えておらず、

それが果たして『成功』だったのか、『失敗』だったのか、

世界中のあらゆる『賢者』でも、判別不能な事態に陥っています。

 

 

加えて、

 

 

『長期金利』も『0%程度』という低水準に抑える為コントロールしてきましたが、

この『金融』の大前提を覆す政策は、金融機関に大きな打撃を与えてきました。

 

 

こちらも当たり前の話ですが、

 

 

他人から『お金』を借りる場合は『利息』が乗せられ、

反対に、『貸し手』からしたら、それがなければ『融資』する理由が見当たりません。

 

 

ノーベル平和賞を受賞した『グラミン銀行』でさえ、

(*正確には、銀行自体が受賞した訳ではありませんが。)

『無金利』でい事業資金を貸し出すような『愚行』は犯していません。

 

 

話を元に戻すと、

 

 

歴史的な『超低金利』時代を経て、このほど日銀から、

この政策を解除する旨の発表が、8月末日に成されているのです。

 

 

それを受けて、

 

 

大手金融機関は9月1日付けで融資金利を引き上げ。

特に影響が出るのが、利用者の多い『住宅ローン金利』で、

今後、段階を経て、適正水準まで回復してくる事が予想されます。

 

 

一例を示すと、

 

 

国内最大手の『三菱UFJ銀行』は、

10年固定で最優遇の住宅ローン金利を、0.05%引き上げて『年率0.9%』に。

 

 

こちらは、

 

 

今後の新規契約者に対して適応されるので、

現在、既に契約している方々には、一見、影響はさほど無いように見えます。

 

 

しかし、

 

 

今回の金利上昇の余波は『変動金利』にも勿論及ぶ為、

『店頭金利』基準で変動する金利を選択し融資を受けている方々は、

今後、適正水準まで戻った際の金利で返済金額が再計算されます。

 

 

これが、以前からお伝えしていた『時限爆弾』です。

 

 

全ての人では無いですが、『住宅ローン』の融資を受けた方の中には、

『金融リテラシー』が低く、『経済困窮者』も多分に含まれています。

 

 

10年前の『サブプライム・ショック』を見ても明らかですし、

『変動金利』を選択する辺り、そのことが如実に現れています。

 

 

そういった方々が、今後、金利上昇が続いた場面で、

(返済金額が上昇して)『住宅ローン返済』を継続していけるかどうか、、、、。

 

 

これは、想像するのも怖いので、辞めておきましょう。

 

 

気候も穏やかになり、明日を除いて天気も良いスタートを切った9月、

実は、歴史的な転換期を迎えているのかも知れません。

 

 

日々、『経済』『金融』の世界にアンテナを張りながら、

自身の『経済的基盤』を整える為、『資産形成』に励んで行きましょう。

 

 

『金融リテラシーを高めて、資産形成していきたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は神戸・三ノ宮9月19日(水)、大阪・梅田9月26日(水)に開催致します。

 

 

■2018年9月19日(水)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年9月26日(水)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile