自身の『甘い算段』で取った行動から考えたこと。

今日のテーマは、『自身の甘い算段で取った行動から考えたこと』です。

 

 

2日ほど、公式ブログの更新が空きました。

 

 

また今日から、地道に、継続して情報発信して行こうと思います。

 

 

さっそく本題に入りますね。

 

 

『高校野球』が好きな方々はご存知のことと思いますが、

今日は、『夏の全国高校野球選手権大会』の決勝戦でした。

 

 

今年は『高校野球全国選手権大会』がスタートして103年ですが、

戦時中の3年間は休止されていたので、『100回目』にあたる『記念大会』。

 

 

大阪、兵庫、愛知、福岡、神奈川、千葉、埼玉の激選区は、

『南北』or『東西』二分して代表校を選出し、過去最多56校で頂点を競います。

 

 

序盤から接戦、逆転、ミラクルな勝利あり、ドラマあり、

例年以上の盛り上がりをみせ、高校野球人気にもさらに拍車が掛かりました。

 

 

事実、

 

 

大会期間中の観客動員数も92回大会を『10万人』近く上回り、

過去最高の『101万人超』という凄まじい大記録を打ち立てました。

 

 

その記念大会も、

 

 

昨年の『悲運の敗戦』から、春夏連覇を狙う大阪桐蔭が、

『史上初・2度目の春夏連覇』というおまけ付きで盤石の強さで優勝。

 

 

ドラフト候補が5名、6名在籍する信じられないドリーム・チームですが、

彼らが積み上げて来た『努力』、のしかかる『重圧』は想像を絶するものがあります。

 

 

公式ブログのコア読者の方々はご存知かと思いますが、

私は、自身が経験者でもあったので『高校野球』が大好きです。

 

 

幸い、これまでの人生も関西で過ごして来ましたので、

『春』『夏』とも大会期間中は、1大会、少なくとも2日程は現地観戦して来れました。

 

 

それ以下になると、『禁断症状』が出てしまいます(笑)

 

 

ただ、

 

 

今年は、事業家としては『幸せ』な事なのですが、

大会期間中も仕事の予定が満遍なく詰まっており、

現地観戦できたのは、ここまで1日(しかも半分の2試合)だけです。

 

 

『最後は見逃してなるものか!』と、

今日も早い時間帯からのクライアントさんとの面談終了後、

急いで、阪神甲子園球場へと足を運びました。

 

 

大阪・梅田を出たのは朝11時頃で、

その時点で既に、阪神電鉄では『甲子園球場満員通知』のアナウンスはしていました。

 

 

しかし、

 

 

『それでも、大丈夫やろ。今まで入れなかったことは無いし。』

『公式の発表は、いつもお袈裟に、責任回避的に言うからな。』

と、高を括って、意気揚々と西宮へと向かいました。

 

 

そうしたら!!!!

 

 

本当に、完全にチケットが全て完売していて入れなかったんです(驚愕)!!!!

(*今大会から外野席も有料化され、チケット制になりました。)

 

 

それでも、

 

 

『もしかしたら、場内整理して追加券を発売するかも知れない』と思い、

1時間ほど現地で粘ってみましたが、事態は、一向に進展を見せず。

 

 

『このままでは、中継観戦すら出来なくなる』と思い、

試合開始から1時間半前、12時半を過ぎたあたりで帰途につきました。

 

 

その帰途の中で、

今回、この『残念な結果』になった理由を、自分なりに考えたんですね。

 

 

『次回に活かす為』『同じ過ちを2回繰り返さない為』にです。

 

 

そもそも、

 

 

少し冷静に考えてみると、高校野球人気が過熱している中で、

当日券を当てにして、のこのこ11時過ぎに現地入りした行動に我ながら驚きです。

(*それでも、試合開始は14時で、3時間ほど前ではあるのですが。)

 

 

今年の決勝戦は、特に、

 

 

『大阪桐蔭:ドリーム世代』が有終の美として春夏連覇を達成できるかどうか、

また、ミラクルで勝ち上がって来た『金足農業高校』が東北悲願の初優勝達成か、

否が応でも注目が集まる一戦でした。

 

 

秋田では連日パブリック・ビューイングで県民が大熱狂し、

今日に至っては、航空会社が大阪への臨時便を運行するほどの過熱ぶりです。

 

 

実際、

 

 

後で調べると、昨夜からの徹夜組もかなり居たようで、

今朝の甲子園球場の開門時間は、『早朝6時30分』にまで早められていました。

 

 

そんな中、

 

 

『満員通知』は私が到着する直前『11時15分』に出ており、

今日は1試合のみなので、入場した観客の循環も起こり得ません。

 

 

結果、

 

 

1時間待っても、状況は『好転』どころか『変化』するはずもなく、

すごすごと帰途につくしか選択肢は残されていなかったのです。

 

 

今考えてみると、

 

 

決勝戦に観に行く予定が確保できるなら、『当日券』を当てにするのではなく、

ネット予約等でチケットを購入しておく選択肢もありました。

 

 

しかし、

 

 

実際にはそういった『行動』は取ることは無かった、、、、。

その理由として、私が抱えていた『甘い算段』は、次の通りです。

 

 

『これまで、過去に入場できなかった経験は無かった。』

(*例え『満員通知』アナウンスが流れていても、結局、入れた。)

 

 

『満員通知とか言うけど、結局は、どうにかして入場出来るだろう。』

 

 

本当に、この通りです。

 

 

自身の短く、浅い『経験』に中で全てを判断し、

『どうにかなるやろ』的な『楽観視』で行動した結果が、今回の経験に繋がりました。

 

 

ただ、

 

 

これが『甲子園球場に入れるかどうか』という話のレベルで良かったと思います。

(*個人的には、これはこれで大問題でしたが。)

 

 

決勝戦が終わり、夜もクライアントさんとの面談があったのですが、

その方が、とても興味深いことを仰られていました。

 

 

『井上さんとお会いして、自身が資産形成をスタートしてから、

 お金と正面から向き合い、どんどん考えるようになっていった。』

 

 

『ただ、周りの人間がお金について何も考えていない事が、

 それと同時に、はっきりとわかるようになってきた。』

 

 

決して、この型の周りの方々が特別な訳ではなくて、

世間一般的には、全体から見て『90%以上』の方々が、

『お金』に関して向き合わず、何も考えずに過ごされています。

 

 

これは、

 

 

今日、私が『取ってしまった行動』と全く同じで、

『どうにかなるやろう』的な楽観論で、人生を生き抜けて行こうとしています。

 

 

『親世代や祖父母世代も、なんだかんだで生活出来てたし。』

 

 

『年金無いとか言うけど、結局、どうにかなるやろう。』

 

 

こういった『甘い算段』のまま、私が甲子園球場に向かったのと同様、

『65歳』かそれ以降の『リタイア』に向かって進み続けているのです。

 

 

今日、

 

 

私が、自身の『行動』を通して私が学んだ事は、

何も考えず、楽観的に行動してしまっては、『どうにもならない』という事。

 

 

『どうにかなるやろう』『これまでもどうにかなったし』的な発想では、

実際はどうにもならないし、取り返しのつかない事態に陥ります。

 

 

現在34歳の私が、現行ルールでの年金受給年齢を迎えるのが31年後。

 

 

しかし、

 

 

そんなに『遠い将来』の話ではなく、もっと『近い将来』の話で、

『これまで大丈夫だったから』『結局、どうにかなる』と考えていた事が、

本当に『どうにもならない』時代がやって来るのです。

 

 

そんな時、

 

 

果たして、あなたは自分とその家族を守る『経済的基盤』を持っていますか??

 

 

『甘い算段』を捨てて、『現実思考』で着実に行動していきましょう!

 

 

『甘い算段を捨てて、資産形成していきたい!』という方に最適なセミナーを、

大阪・梅田は8月24日(金)、神戸・三ノ宮は8月27日(月)に開催致します。

 

 

■2018年8月24日(金)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2018年8月27日(t)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile