金融機関の窓口に、『味方』がいないことを認識する★

今日のテーマは、『金融機関の窓口に、味方がいないことを認識する』です(^_^)★

 

 

タイトルで、少し迷いました。

 

 

『資産形成のスタートアップで気を付けたいこと』にしようかと思いましたが、

より多くの方々に読んでもらいたいと思い、『スパイス』を効かせました。

 

 

要は、少し『刺激的』なタイトルにしたということです(笑)

 

 

タイトル自体もそうですが、

 

 

記事の内容もよりシャープなものにすればするほど、

読者の皆さんにお役立て頂きやすいものになります。

 

 

でも、

 

 

それは『メリット』ばかりでは決してなくて、

シャープな記事を書くと都合のわるい人たちもいますから、

私をあまり良く思わない方々も同時に作ってしまいます。

 

 

情報発信をスタートした当時、今から3年ほど前には、

まだ読者数も今と比べて少なかったので、結構好き勝手書けました。

 

 

しかし、

 

 

今は全国各地の方々、様々な立場の方々が見てくれているので、

少し、その方々の『目』を気にしてしまう時があります。

 

 

その点、以前よりは『シャープさ』が失われてしまっていたかな、と。

 

 

ただ、

 

 

ここ数日は『スタンス」を元に戻して書いていますが、

やはり、情報発信に対する皆さんの『レスポンス』が全く違いますね。

 

 

芸能人などの著名人でもそうですが、

『好感度No.1』のタレントさんは、

なぜか『好感度ワーストランキング』にもランクインしてきます。

 

 

『熱狂的なファン』を獲得するためには、

やはり、その方達の為に戦うことになるので、

必然的に『敵』も作ってしまいますよね(^_^)

 

 

万人に賞賛されることは決してなくて、

 

 

読者の皆さんに有効な情報発信をしようとしたら、

ある他方の方々からは『嫌われる勇気』も、合わせて引き受ける覚悟が必要です。

 

 

やっぱり、そういう情報発信をしていきたい。

 

 

久しぶりに『前置き』が長くなりましたが(笑)、

ここから、今日の本題に入っていこうと思います。

 

 

読者の皆さんが、『資産形成』をスタートしようとする時、

まず、次のことを明確に意識しておいてください。

 

 

金融機関の窓口に、『味方』がいないことを認識する。

 

 

今日の結論は、これだけです。

 

 

先日、次のようなニュースが出てきました。

 

 

『金融庁が主要行に立ち入り検査へ、顧客本位の取り組み点検』

 

 

以前の公式サイトブログでも取り上げましたが、

現在の金融庁長官:森信親さんは、

未だかつてなく『顧客(投資家)視点』で金融機関と戦ってくれる金融庁長官です。

 

 

たかだか33年間しか生きていませんが、

このような人が金融庁長官を務められていた事を、私は知らない。

 

 

金融機関の『ドル箱商品』として9割以上の販売を占めていた、

『毎月分配型・毎月決算型』商品が最近少なくなってきたのも、

投資家利益にならないことから、金融庁が自粛通達を出したことに起因します。

 

 

また、

 

 

新規販売額・新規契約額と解約・償還額がほぼ同等の、

粗悪な投資信託に関しても、最近は規制を厳しくしてきました。

 

 

来年初めからは『積立NISA』がスタートしますが、

これも、『ロジック』だけで考えたら、資産形成の真理とも言える方法です。

 

 

*『積立NISA』を活用した資産形成法を、勧めている訳ではありません。

 

 

話を元に戻すと、

 

 

なぜ、今回、金融庁が金融機関に対して立ち入り調査をするかと言うと、

それは、『投資家利益』を考えずに、金融機関が商品提案をしているからです。

 

 

例えば、

 

 

最近は銀行などでも『証券口座』を併設して投資信託が購入できますが、

『投資信託を買いたいんですけど、、、、』と窓口に来る方々ほど、

金融機関にとって『カモ』に見える存在はありません。

 

 

街中でよく見かけるようになった、

『保険』商品の相談窓口店舗なども同様ですよね。

 

 

もし、あなたが『保険、投資信託はよくわからなくて、、、、』と言った時、

 

 

窓口の対応スタッフの方が、『投資家利益』を最優先に考えて、

商品提案をしてくれると本当に思いますか??

 

 

残念ながら、この答えは『NO!』です。

 

 

『今、これが流行っていますよ!』

 

 

『あなたには、これがぴったりだと思います!』

 

 

『ちょうど良いものがあります、今がチャンスです!』

 

 

『あなたにだけ、特別にこの商品をご提案します!』

 

 

言い回しは様々なパターンがあると思うのですが、

そこで出て来て提案される商品というのは、

 

 

金融機関サイドでは、『今月の注力商品』として取り上げられ、

今朝の朝礼でも何度も確認された、金融機関にとっての『ドル箱商品』です。

 

 

これは、何も不思議なことではありません。

 

 

金融機関(銀行、証券、保険)といえど、

『企業』である以上は、『自社利益』を最大限に追い求める組織になります。

 

 

『自社利益を最大限に追い求める』という事は、

 

 

当然、顧客に対して提案する金融商品・資産形成方法も、

金融機関自身にとって、利益率が最も高くなる商品・方法です。

 

 

『窓口の方が、とても爽やかで誠実そうだったから。』

 

 

『なんか今、キャンペーンでBOXテッシュくれるらしいから。』

 

 

『親身になって、私の話に付き合ってくれたから。』

 

 

『可愛い女の子で、彼女の笑顔にやられてしまったから。』

 

 

などなど。

 

 

これらの理由で、彼らが提案するままに、

あなたの大切な『お金』の運用方法を決めてしまうのは多大な『リスク』です。

 

 

私も一部上場の大会社で『会社員』をしていたのでわかりますが、

やはり、働いている身としては、会社から評価されるよう仕事をします。

 

 

それは、

 

 

半年後に大きな『ボーナス』として、

明確に自分に『リターン』が返って来るからです。

 

 

その報酬体系で働いている以上、

 

 

『会社から評価される商品』=『会社利益が最大になる商品』を無視して、

『顧客利益』を最優先して提案する事は、かなり難しい。

 

 

もしも、仮に、

 

 

そのような『投資家視点』から見て有り難い金融マンが存在したら、

それは同時に、会社からは『有り難くない』存在なので、

早晩、窓口スタッフ・営業を外されてしまいます。

 

 

結果、窓口には『売れる』営業マンだけが残るのです。

 

 

日本人は、世界的に見ても、

『経済に疎い、金融リテラシーがない』と言われている国民です。

 

 

それだからこそ、

 

 

『よくわからないんですけど、、、、』と、

金融機関の方々を崇拝して、丸投げしてアドバイスを求める傾向があります。

 

 

本当に『資産形成』に成功したいのであれば、

まずは、『窓口には、味方がいる。』という幻想を捨ててください。

 

 

私自身、なぜ金融機関に所属しない独立系FPとして活動するかと言うと、

次のような『想い』がしっかりとあるからです。

 

 

常に、自分の『信念』の基に、クライアントに対して提案したいから。

 

 

本当の意味で、『投資家視点』でアドバイスをしたいから。

 

 

自分が『良い!』と思った商品・方法しか、勧められないから。

 

 

もちろん、自身が実際に『活用』しているものか提案できないから。

 

 

以上です。

 

 

このブログを読んでくださっている皆さんは、

くれぐれもアドバイスをもらう『人』を間違わないようにしてください(^_^)

 

 

金融機関に所属しない、独立系ファイナンシャル・プランナーが、

今月末9月27日(水)19:30〜21:20、大阪・梅田でセミナー開催します。

 

 

■9/27(水)開催!将来のお金の不安が消えるセミナーin大阪・梅田■

*セミナー詳細はこちらをクリック*

 

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

本当に人生は好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております(^_^)★

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile