限界迎える『ステルス値上げ』、日本は本当に『デフレ経済』か??

今日のテーマは、『限界迎えるステルス値上げ、日本は本当にデフレ経済か??』です。

 

 

タイトルに、見慣れない言葉が入っていますよね(笑)

 

 

『ステルス値上げ』

 

 

私も、先日の報道で初めて知りました。

 

 

『値段』をそのまま据え置き『内容量』を変化させること、

言わば『実質的値上げ』の事を、最近ではこの言葉で呼ぶそうです。

 

 

この辺り、

 

 

公式ブログ読者の皆さんも、それぞれ実感されている場面があると考えます。

 

 

私個人としては、

 

 

大学生時代から一人暮らしをしていましたので、

選択の際に利用する『粉末洗剤』でそれを実感することが有ります。

 

 

未だ大学生だった頃、

 

 

今から15年ほど前の時代は、内容量が『1.2kg』程あったものが、

値段据え置きながらも、『1.1kg』『1.0kg』『900g』と変化していきました。

 

 

最近では、

 

 

内容量は『850g』まで減少していますから、値段は変わらないとしても、

実質的には、単位重量当たり『40%超』も値上げしていることになります。

 

 

他の事例では、

 

 

私が子供の頃に『100円』で購入出来たアイス製品各種も、

現在では、コンビニで定価『140円』程度まで値上げして売られています。

 

 

こう考えると、

 

 

この10年間、20年間で『40%超』の値上げというのは、

どの業界・商品・サービスにおいても生合成が取れているように思えますね。

 

 

その他、

 

 

『コンビニのおにぎりが小さくなっている』という話も有りますし、

『ポッキーの本数が、だんだん減っている!』という話も聞きます(笑)

 

 

少し記憶を辿れば、

 

 

未だ私が会社員だった7年ほど前、得意先の接待で利用していたお店が、

『もう、その値段(単価)では出来なくなったので』と、断られた事も有りました。

 

 

そう考えると、

 

 

長年『デフレーション』が継続していると言われる日本ですが、

実際は、少しずつ『インフレーション』が起こっている事になります。

 

 

これは、どういう事なのでしょうか??

 

 

少しだけ、『ステルス値上げ』の話に戻すと、

それでも、企業としては安直に『内容量』を減らしている訳では無く、

他コストの削減努力もした上で、泣く泣く使っている手段と言います。

 

 

それは、そうですよね。

 

 

自らも『事業家』として活動しているので実感しますが、

『クライアント(愛用者)』の感覚はとてもシビアなので、

単純な『実質的値上げ』では、ファンを喪失してしまいます。

 

 

良い意味でも、それ以外でも、

 

 

『クライアント(お客さん)』の反応はとても明確に現れるので、

私としても、常に『緊張感』を持ちながら、日々活動しています。

 

 

その中で、

 

 

『安直な実質的値上げ』と同等レベルの『手抜き』をしてしまうと、

今まで築いた『信用』と併せて、『顧客』を同時に失ってしまうのです。

 

 

それで、

 

 

泣く泣くの手段として断行してきた『ステルス値上げ』ですが、

最近、企業サイドはそれでも耐えきれない状況になり、

今月から春先にかけて、『値上げの時代』を迎えるようなのです。

 

 

既に実行した所では、

 

 

『ドリップコーヒー』『キャラメルマキアート』等の定番商品を、

『スターバックス』は、約8年ぶりに『10円〜20円程度』引き上げたようです。

 

 

また、

 

 

来月3月からは『カレーハウスCoCo壱番屋』が、

これも定番商品の提供価格を『20円程度』値上げしている模様。

 

 

その後も、

 

 

『明治乳業』は4月出荷分からの『牛乳』の価格を改定(値上げ)し、

『味の素』も4月から出荷価格ベース『7〜11%』の値上げを見込みます。

 

 

6月からは、

 

 

昨年まで某公共放送局で『朝の連ドラ』として取り上げられた『日清食品』が、

商品の店頭販売価格を、希望小売価格ベースで『4〜8%』値上げします。

 

 

ここまで書いてきて、

 

 

個人的にはあまり利用しないものばかりなので恐縮ですが(笑)、

それでも、上記させて頂いた代表的な事例だけに留まらず、

社会全体として、『ものの価格』は間違いなく上昇続けています。

 

 

これが、紛れもない『真実』です。

 

 

その状況が『良い』『悪い』という話は一概には出来ず、

現実論として、日本に限らず、世界は歴史的に見ても、

いつの時代も『緩やかなインフレ』で成立してきました。

 

 

ただし、

 

 

私が『問題視』しているのは、状況は『インフレ』であるにも関わらず、

あたかも『デフレ経済が進行している』かのように欺き喧伝する事です。

 

 

最近は沈静化していますが、

 

 

日銀は『物価上昇目標2%』を黒田総裁発足当時に掲げ、

それは、数年を経過しても『実現出来ていない(ほど遠い)』と公表しています。

 

 

しかし、

 

 

現実には、ご紹介した通り『インフレ』は確実に進行しており、

政府・日銀が公表する『事実』と、実際の『現実』が乖離していると言わざると得ません。

 

 

これは、何故なのでしょうか??

 

 

その理由は、

 

 

実は、単純明快で、『デフレ偽装』をするかどうかは別として、

債務を膨大に積み上げた国での、『インフレ推進』は国家が取る『常套手段』なのです。

 

 

シンプルに、

 

 

『赤字体質』が染み付き、債務返済不能に陥った国においては、

『インフレ』を押し進める事で、その『債務』を実質減らすことが出来ます。

 

 

当然の話、

 

 

累計債務の『数字』は変化しない訳ですから、

その数字の持つ『実質的価値』を下げる事で、少しずつ解消していく事が出来るのです。

 

 

なかなか、やってくれますね(笑)

 

 

近年の『統計不正問題』が明るみに出たことにより、

政府統計の『信頼性』は落ち、国民も疑心の目で見るようになっている事と思います。

 

 

『国家権力』という巨大組織が流す情報を鵜呑みにする事なく、

自身の『眼力』で『真実』を見抜いていく事も、『資産形成』していく上で必要不可欠です。

 

 

そういう視点も持ちながら、日々出てくる報道を見て頂けたら幸いです(^ ^)

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は神戸・三ノ宮3月25日(月)、大阪・梅田3月27日(水)の日程にて開催します。

 

 

■2019年3月25日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2019年3月27日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile