【経済的自由】を実現することは、絶対的な【善】と知ること。

今日のテーマは、『経済的自由を実現することは、絶対的な善と知ること』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『預金信仰からの解放なくして、経済的自由達成は有り得ない』と題して、

2021年の日本に起こっている『有り得ない』リアルをご紹介しました。

 

 

本当に、『海外基準』から大きく乖離しますね。

 

 

定期的に話題になり、問題視もされていますが、

日本人の『預金信仰』は病的なものがあります。

 

 

もしも、

 

 

これが、高度経済成長期から、バブル形成期にかけて、

預金金利が高い時代であれば、まだ整合性があります。

 

 

しかし、

 

 

それが『年率8%』を記録した時代は、完全に過ぎ去り、

現在の普通預金金利は『年率0.001%』と超低空飛行。

 

 

仮に、

 

 

この金利で、あなたが資産形成(投資)に取り組むなら、

宇宙創設以来(約46億年)の時間を要することになる。

 

 

それ位、

 

 

冷静に考えれば、完全に馬鹿げている投資(?)行動を、

日本人の『90%以上』の方々が、実行しているのです。

 

 

あなた自身は、果たして、大丈夫でしょうか??

 

 

先ずは、この辺り『常識』の書き換えも大切と考えます。

 

 

そして、

 

 

もう1つ、多くの日本人にとって重要だと思うポイントが、

『経済的自由』に対する自己概念書き換えのステップです。

 

 

理解できる方々も、いらっしゃるんじゃないかな。

 

 

日本人は、『お金』に対してネガティブな印象を持ち、

『清貧潔白』を善とする風潮も、未だ存在しています。

 

 

確かに、

 

 

全ての評価尺度を、『お金』で計測するべきではないし、

全ての場面で、最重要項目として評価するのも違います。

 

 

しかし、

 

 

世の中に存在している、様々な指標の中においても、

『お金』が重要な位置を占めることも『真理』です。

 

 

先ずは、それを素直に認めてみると良いかも知れません。

 

 

過去にも、

 

 

書いた記憶がありますが、自らが『好意』を持つことなく、

相手となる対象から『好意』を持たれるケースも極稀です。

 

 

それは、

 

 

『人間関係』だけに成立するルールでは、決してなくて、

『豊かさ』という対象についても、確実に成り立ちます。

 

 

本当に、タイトルの通りですね。

 

 

【経済的自由】を実現することは、絶対的な【善】と知ること。

 

 

私自身、

 

 

普段、あまり荷物を持たず、手ぶらを理想としているので、

財布を手に持った状態で、移動するケースも多々あります。

 

 

これ、日本国内だから成立すると思うんですよね。

 

 

海外に行った時などは、決してそんな事しません。

 

 

何故なら、

 

 

一般的に、日本国内より『貧しい』ケースが多い海外は、

盗難、窃盗、強奪に遭うリスクが、極めて高くなるから。

 

 

何故、

 

 

日本国内でそれ(強奪)が、簡単には起こらないかと言うと、

一律である程度『豊か』である為、理性的判断ができるから。

 

 

海外諸国では、

 

 

『お金』を略奪するために『命』を狙われる危険性もあり、

そのハードルも、日本国内のそれより格段に低くなります。

 

 

例えば、

 

 

善・悪の話は置いておくとして、貧しい発展途上国などでは、

日本円換算:数万円レベルの話で簡単に『命』が失われます。

 

 

日本でも、

 

 

『お金』絡みでそういった事件が起きないこともないですが、

そのハードルは、少なくとも『数億円』クラスと高ハードル。

 

 

実際、

 

 

直近では『紀州のドンファン』がメディアを騒がせましたが、

対象金額は、決して『数万円』レベルではありませんでした。

 

 

経済的な豊かさは、確実に『犯罪発生確率』にも影響します。

 

 

インドでは、過去に面白い調査も行われています。

 

 

農村地帯の住民を対象に、

 

 

同じ人物に対して、収穫期前の『経済的に余裕のない時期』と、

収穫期後の『経済的に余裕のある時期』に知能検査を行うもの。

 

 

その結果、

 

 

同じ方々を対象とするにも関わらず、後者が25%も正答率が高く、

それはIQ(知能指数)として10ポイント近くの差に相当する、と。

 

 

経済的に『豊か』である人間は、理性的な判断が出来るのです。

 

 

現実世界でも、それを証明する事例は、数多く存在しています。

 

 

例えば、

 

 

金融センターとして世界的地位も確立するシンガポールでは、

規模の大小に関わらず、『窃盗』の類の発生確率はゼロです。

 

 

確かに、

 

 

高度に発達した都市国家には、監視カメラが張り巡らされて、

『窃盗』という犯罪自体、割りに合わないことも理由の1つ。

 

 

加えて、

 

 

世界から『富裕層』がこぞって移住を希望する同国において、

『窃盗』を行う必要性も、見つけられないのが本音でしょう。

 

 

もう1つ、多くの日本人が失念していることがあります。

 

 

『清貧潔白』で良いと考えている方々は、私からすれば、

『自分のこと』しか考えていない『自己中心人間』です。

 

 

何故なら、

 

 

自分自身すら、ギリギリ満たすことが出来る経済状態では、

決して、自分以外の『他者』を満たすことは出来ないから。

 

 

もし仮に、

 

 

あなた自身が『経済的自由』を実現する時が来るとしたら、

『他者』に対して盛大に使い、『寄付』を実行して下さい。

 

 

そう考えれば、

 

 

『経済的自由』の実現が、絶対的な『善』だと理解できます。

 

 

あなたは、『お金』に対してポジティブな印象を持ちますか??

 

 

この分野の自己概念書き換えも、重要なステップと考えます。

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降についても、

【リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)】を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■6/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■6/28(月)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】については、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望頂いた方への【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より【濃い情報】をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■6/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■6/28(月)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile