投資市場が【小休止】に入ったことを、素直に【好機】と喜べますか??

今日のテーマは、『投資市場が小休止に入ったことを、素直に好機と喜べますか??』です。

 

 

世界の投資市場が、一旦『小休止』に入りました。

 

 

米国株式市場・代表指数である『NYダウ平均株価』は、

先週1200ドル近く落込み、今年の最大下げ幅を記録。

 

 

特に、

 

 

最終日の金曜日は、前日比500ドル超の下落を記録し、

週明け、日本市場の取引にも大きな影響を与えています。

 

 

実際、

 

 

国内株式市場の代表指数『日経平均株価』については、

月曜日単日で、前営業日比『▲953.15円』の下落。

 

 

終値では、

 

 

かろうじて『2万8000円』台をキープ出来ましたが、

取引時間内は一時的に割込み、明日以降も分かりません。

 

 

ただし、

 

 

この潮流変化は、米国・日本に限った話では決してなく、

アジア諸国の市場でも、軒並み『下落』が深刻化します。

 

 

また、

 

 

それ(下落への潮流変化)は『株式』に限った話でもなく、

金を始めとするコモディティや、不動産市場も波及します。

 

 

これまで、

 

 

世界各国が協力して『金融緩和』を推し進めてきましたが、

その『魔法』も、一旦効力を失いつつあるように感じます。

 

 

私自身、

 

 

保有資産のポートフォリオは、大きく変更していませんが、

先週末からの数日間は、順当に(?)下落に転じています。

 

 

それでも、

 

 

利益確定する時期は、まだ10年スパンで先の話ですから、

途中過程における、『一時的な下落』は折り込み済みです。

 

 

冒頭、

 

 

世界市場全体における『マイナス転換』を紹介しましたが、

中でも特に影響を受けているのが、我らがアジア市場です。

 

 

前述の通り、

 

 

昨年から、今年初め、世界を駆け巡った『緩和マネー』は、

高揚感を伴いながら『新興国市場』にも多く流入しました。

 

 

原則、

 

 

『キャッシュ(現金)』が増えないことは共通認識なので、

投資家が『リスク』を積極的に取れる時期だったんですね。

 

 

しかし、ここに来て、少しずつ状況は変化してきています。

 

 

一時期、

 

 

新型ウイルスの感染抑制に成功したように見えた国家でも、

変異型の流行拡大に伴い、経済活動が抑制されはじめます。

 

 

具体的には、

 

 

マレーシア国内では、当初、今月14日までの予定だった、

ロックダウン(都市封鎖)が月末まで継続される事に決定。

 

 

この辺り、

 

 

日本国内よりも、厳格に経済活動を抑制する政策をとる為、

該当地域内では、企業等の操業も完全ストップと言います。

 

 

また、

 

 

タイ国内も、飲食店営業自粛や、観光客受け入れ制限が続き、

政府は、2021年経済成長率を、大幅下方修正しています。

(*修正前:2.5%〜3.5% ⇒ 修正後:1.5%〜2.5%)

 

 

その他、

 

 

『通貨』という観点も、対米ドル換算で価値を落としており、

前述したマレーシア(リンギット)タイ(バーツ)に加えて、

インドネシア(ルピア)も年初来2%超の下落を記録します。

 

 

新興国通貨は、『諸刃の剣』ですからね。

 

 

『ギャンブル』の対象として、勝っている時は良いですが、

雲行きが怪しくなると、一気に引き揚げる性質があります。

 

 

1990年代後半の『アジア通貨危機』などが典型例です。

 

 

先週、

 

 

市場が予測いていたよりも早く、FRB(連邦準備銀行)は、

近い将来における『利上げ』の可能性を発表していました。

 

 

その結果、

 

 

市場参加者(投資家)の中でも『慎重論』が優勢になり、

一旦、パーティーの終焉が噂されるようになった形です。

 

 

恐らく、この傾向は、一定期間つづくと予想します。

 

 

短ければ3〜4ヶ月ほど、もしかしたら年末ごろまで。

 

 

暫くの間は、投資家にとっても『我慢』の時間ですね。

 

 

しかし、

 

 

前述『我慢』と表現しているものの、実際のところ、

私自身、この状況を決して『悲観』はしていません。

 

 

むしろ、

 

 

『新たな仕込み』の為には、一時的な下落は『好機』で、

このまま上昇し続ける方が、リスクだったかも知れない。

 

 

歴史が証明する通り、

 

 

『株式』『コモディティ』はじめ、凡ゆる投資市場において、

一様に上昇し続ける・下落し続ける相場は存在していません。

 

 

勿論、

 

 

現代版:資本主義の『原則』は、継続的なインフレなので、

中長期的な視点では、市場は、常に『上昇』しつづけます。

 

 

しかし、

 

 

『長期市場』を構成している『短期市場』に目を向けると、

法則性なく、ランダム・ウォークするのが真理と言えます。

 

 

また、

 

 

もしも、下落の存在しない『仮想空間』があったとしても、

そこから生まれる経済成長率は、『現実世界』に劣ります。

 

 

現代版:資本主義経済では、

 

 

『ショック(一時的な下落含む)』が起こることにより、

そのからの『回復期』でリターンがもたらされる仕組み。

 

 

確かに、

 

 

短期的なトレードを繰り返す方々にとっては、暫くの間は、

『利益を上げ辛い』シーズンが到来していると想像します。

 

 

一時期、

 

 

ヘッジ・ファンドが多用し、名を馳せた『ショート戦略』も、

テクノロジー進化により、かつてほど機能しなくなりました。

 

 

短期的に発生する『歪』を射抜くようなやり方は、

まさに『ギャンブル』を繰り返す行動と同じです。

 

 

あなたは、一旦の『小休止』を、素直に喜べますか??

 

 

私自身、ここでの『一時的な下落』は、正直大歓迎です。

 

 

それがあることで、中長期的視点での『保有資産』は、

更に、積み増す『仕込み期間』を確保できるからです。

 

 

この『好機』を、適切に評価できる『眼力』も大切です。

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降についても、

【リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)】を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■6/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■6/28(月)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】については、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望頂いた方への【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より【濃い情報】をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■6/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■6/28(月)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile