あなたは、初志貫徹で【人間万事塞翁が馬】の理念を持てますか??

今日のテーマは、『あなたは、初志貫徹で人間万事塞翁が馬の理念を持てますか??』です。

 

 

あなたは、タイトル採用した言葉を知っていますか??

 

 

『人間万事塞翁が馬』

 

 

松井秀喜さんの座右の銘として、有名になった言葉です。

 

 

私自身、

 

 

10年以上前に読んだ『不動心』中でこの言葉を知って、

以来、自らの座右の銘・判断基準にさせて頂いています。

 

 

言葉の意味の説明は、勉強の為に、調べてみてください。

 

 

端的に説明すると、凡ゆる物事を短期視点で判断せずに、

長期的な視点で、フラットな精神状態で観ることが重要。

 

 

また、

 

 

『善・悪』という判断も、長期視点では頻繁に入替わり、

人生全体を通して、それすら無常ということでしょうか。

 

 

我ながら、的を射た、シンプルな解釈だと感じています。

 

 

本題に入ると、

 

 

凡ゆる物事に共通するのと同様『資産形成』においても、

『人間万事塞翁が馬』の理念を初志貫徹することが重要。

 

 

枚挙に遑がありませんが、典型的な事例が出て来ました。

 

 

私自身、

 

 

会社員時代お世話になった『エーザイ株式会社』ですが、

直近、株価下落のスピードが一段と加速してきています。

 

 

元々、

 

 

年初から『8000円』付近で推移していた同社株価は、

今年6月、とある発表を以って、爆発的に上昇しました。

 

 

恐らく、

 

 

医療業界所属の方々なら分かりますが、認知症の根治薬、

アデュヘルムがFDA(米食品医薬局)承認を受けたため。

 

 

現在、

 

 

先進諸国(高齢化進展地域)を中心に共通の課題である、

アルツハイマー型認知症には根治薬が存在していません。

 

 

2019年、

 

 

世界中で『約5000万人』とされているAD患者数は、

30年後の2050年に『1.5億人』まで爆増します。

 

 

ご存知の通り、

 

 

同疾患は、新型コロナ・ウイルスと異なり根治不可で、

一旦発症すれば、その後は付き合い続ける必要がある。

 

 

また、

 

 

周りの方々のサポート(介護)の不可欠となる事から、

本人の範疇を超えて、経済活動にも影響を及ぼします。

 

 

なかなか、一筋縄では解決しない問題(課題)ですね。

 

 

そこに、

 

 

『根治薬』としてポテンシャルを秘める薬剤が登場し、

期待を一身に集めて、エーザイ株は急上昇したのです。

 

 

実際、

 

 

丁度半年前(6月22日)には、上場来高値を更新し、

1株あたり『1万2,765円』の価格を付けています。

 

 

僅か2週間ほどで、株価が1.5倍超になった計算です。

 

 

しかし、期待とは裏腹に、その後は上手く運びません。

 

 

元々、

 

 

FDA承認時も、有効性・安全性を最終確定させるため、

追加の臨床試験を実施することが受験に付されました。

 

 

が、

 

 

脳内のベータ・アミロド蛋白の減少と、臨床効果には、

相関関係がないのでは等ネガティブ意見が散見します。

 

 

遂には、

 

 

米国と相対するスタンスで、EMA(欧州医薬品庁)は、

同薬剤を『(現時点で)承認しない』との見解を公表。

 

 

 

更に、

 

 

昨日(12月22日)開かれた厚生労働省専門部会も、

『有効性の明確な判断が不可能』との結論に至ります。

 

 

共同開発するバイオジェン社は、

 

 

第4相試験の計画があることを明らかにしていますが、

最終結論は『9年以上先』の可能性があるとの意見も。

 

 

これを受けて、

 

 

本日(12月23日)の同社株式は終日低調な動きで、

終値として年初来最も安い『6,477円』を付けます。

 

 

前述の通り、

 

 

今年6月22日付で『上場来最高値』を記録してから、

僅か半年間で、株価(時価総額)が半減した事になる。

 

 

言葉通り、『天国と地獄』を味わった感じでしょうか。

 

 

こうなると、

 

 

もし、新薬の『FDA承認』というイベントが無ければ、

それ以前の株価を維持できた可能性すら感じられます。

 

 

『山』が高かった分だけ、その後の『谷』も深くなる。

 

 

会社関係者(経営幹部)の方々は勿論、一般投資家も、

精神的にアップダウンの激しい時期を過ごしています。

 

 

しかし、『希望の光』は、潰えているとは思いません。

 

 

勿論、

 

 

前述してきた通り、短期的改善策はないと考えますが、

同薬剤が、正式承認される可能性は、未だ残っている。

 

 

そして、

 

 

もしも、同薬剤が、海外諸国で正式に承認された場合、

対象患者1.5億人の(超)巨大市場が拡がる事になる。

 

 

*勿論、単純に『ビジネス』という視点だけではなく、

『社会貢献』という観点でも人類に大きな利点がある。

 

 

更に、

 

 

これまで認知症治療薬開発の歴史が物語っている通り、

『競合他社・競合薬剤』は、暫く現れるとは考え難い。

 

 

そうなれば、

 

 

超巨大市場におけるブルー・オーシャン戦略が成立し、

エーザイの株価は、暗号資産並に爆上げするでしょう。

 

 

もしかしたら『千載一遇』のチャンスかも知れません。

 

 

逆も真なりで、試練が待ち受ける可能性はありますが。

 

 

あなたが、長期的視点で『資産形成』に臨もうとする時、

『人間万事塞翁が馬』の理念を持つことは、最重要です。

 

 

日常生活から、短期視点で一喜一憂していませんか??

 

 

そうであれば、思考回路のアップデートが必要でしょう。

 

 

短期的に『良く』見えることも、将来的に『悪く』なり、

反対に、『悪く』見えることも、将来的には一転します。

 

 

精神的なアップダウンを卒業し、淡々と臨んでください。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールは未定です。

 

 

——————————————————————–

個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile