超『コア』な話をします★

今日の話は、

僕のクライアントになって頂いた方限定の話です(^_^)

それ以外の方は、

意味不明やと思うので飛ばしてください(笑)

『初期ユニット:当初24ヶ月』の投資効率について。

これ、あまり良くないです。

僕も実感したことですが、

この期間は資産はほとんど殖えない。

ちょっとした目算の勘違いもありました。

例えば、年率6%の手数料、

厳密には月率0.5%ずつの手数料を考える。

単純に考えてしまうと、

月1000US$積立てしてる方は、手数料引かれた後、

『995US$ずつ投資している』と勘違いして考えてしまう。

しかし、これは正しくありません。

実際に、この考え方でいくと、

自分の試算額合計予想と実際の数字の乖離は大きい。

でも、正しくはそうじゃなくて、

『初期ユニット』部分の時価総額に対して毎月0.5%の手数料がかかる。

ここからは、『運用』の概念をすっ飛ばして、

単純に『積立て』だけしてるとして考えます。

確かに、積立て開始最初の月は、

『積立て金額=初期ユニット合計』なので、

1000US$積立て中の995US$が投資されます。

しかし、積立て継続することで、

『初期ユニット合計額』はどんどん増えていく。

12ヶ月後を考えると、単純累計12,000US$なので、

その0.5%部分の60US$が手数料に相当する。

この考え方でいくと、

毎月の積立て額に対する手数料率が最も高くなるのは、

24ヶ月経過後で、累計24,000US$に対しての120US$。

つまり、25ヶ月目に関しては、

『1000US$』積立ててるつもりでも、

実際に投資されてるのは『880US$』ということです。

このへん、僕も最初は勘違いしてました。

まぁ『初期ユニット』さえ通過してしまえば、

その後の投資効率もどんどん良くなります。

あまり心配し過ぎないで良いでしょう(^_^)★

皆さん、これから不安になることもあると思う。

『継続』ということは忍耐も必要で、

『数字』のアップダウンどうこうよりも、

『感情』のアップダウンへの対応が大切です。

今年はクライアントの方々限定の、

『フォローアップセミナー』も開催します。

『横の繋がり』を作って頂くことで、

心強く、より確信持って投資に取り組めると思います。

今後ともよろしくお願いします(^_^)★

282

16 件のコメント