暗号資産(仮想通貨)の【億り人】は、資産形成における【成功者】か??

今日のテーマは、『暗号資産(仮想通貨)の億り人は、資産形成における成功者か??』です。

 

 

昨日に引き続き、暗号資産(仮想通貨)について書きます。

 

 

現時点、保有の予定が無いと言うにも関わらず、我ながら、

暗号資産(仮想通貨)をテーマに書くことが多いです(笑)

 

 

ただ、

 

 

独立系FPとしての立場上、知らない訳にはいかないので、

この分野(仮想通貨)における情報収集は常にしています。

 

 

と言っても、

 

 

日々、無限と思えるレベル新たなものが生み出されており、

その全てを理解・把握することは、不可能とも考えますが。

 

 

直近でも、

 

 

巷ではちょっと話題を集めたのが『ワールド・コイン』で、

眼のスキャン(虹彩認証)受験者には無償提供されるもの。

 

 

既に、世界全体では10万人超が受け取っているようです。

 

 

果たして、

 

 

どこで利用可能かは、まったく定かでありませんが(笑)、

20年前に流行の『フリー戦略』は、未だ有効なようです。

 

 

2022年現在、

 

 

暗号資産(仮想通貨)市場の覇権はビット・コインにあり、

1月12日時点、時価総額は『8870億米ドル』程です。

 

 

現行為替レートで、日本円換算:100兆円を超えました。

 

 

評価額がこの規模になると『完全無視』は出来ないですね。

 

 

と言っても、

 

 

昨日の公式ブログで触れた通り、ボラティリティは大きく、

前述の『時価総額』も、日々変動するので確認必要ですが。

 

 

因みに、

 

 

暗号資産(仮想通貨)市場の2番手はイーサリアムですが、

『時価総額』としての比較ではビット・コインの半分程度。

 

 

つまり、

 

 

未だ、両者の間には、圧倒的な『格差』があるということ。

 

 

この辺りは、

 

 

『法定通貨』の世界と共通している部分であり、基軸通貨、

『米ドル』は、世界全体の決済の『過半数』を掌握します。

 

 

幸いにも(?)、

 

 

『日本円』はじめ『ユーロ』『英国ポンド』『人民元』等、

第2集団も存在するため、何とか『独裁』は免れています。

 

 

が、

 

 

1つの市場における『過半数シェア』の威力は相当に強く、

どの代替通貨も、簡単に覇権を奪取することは出来ません。

 

 

この状況で、

 

 

仮に、どこかの新興国が『新通貨発行』を公表したとして、

『資産を投げ打って所有したい!』と考える挑戦者は皆無。

 

 

しかし、

 

 

これが、暗号資産(仮想通貨)というテーマになった途端、

即座に、皆さん『所有したくなる』のだから不思議ですね。

 

 

何故か、

 

 

漢字4文字のミラクル・ワード(仮想通貨)が付いた途端、

完全に、凡ゆる物ごととは『別評価』になってしまいます。

 

 

話を戻すと、

 

 

未だに、評価の割れる暗号資産(仮想通貨)の世界ですが、

その中では、『覇権交代』を視野に入れた動きがあります。

 

 

先頃、

 

 

イーサリアムは基盤システムのアップグレードが公表され、

年内にも、PoSシステム認証・確定方式に移行する見込み。

 

 

これにより、

 

 

従来システムよりもエネルギー消費量が遥かに抑えられて、

覇権通貨『ビット・コイン』からのファン獲得が狙えます。

 

 

昨今、

 

 

世界全体として、『SDGs』の意識が強まりを見せる中で、

上記システムへの移行は、意識高い方々からも支持される。

 

 

また、

 

 

取り扱いのプロセスに、莫大な電力消費がある観点からも、

恒常的なエネルギーの削減は、大きなアドバンテージです。

 

 

勿論、

 

 

システムの移行が完了したからと言って、2022年内に、

ダブル・スコアの市場シェアが逆転することはありません。

 

 

それでも、

 

 

元々が『バーチャル空間』で生み出された技術であるが故、

テクノロジー分野の発展は、よりダイレクトに影響及ぼす。

 

 

近い将来、本当に『覇権交代』が起こる時も来るでしょう。

 

 

ただし、

 

 

法定通貨と同様に、そもそもの『軸』が固定されなければ、

如何に、その市場で圧倒的シェアを獲得しても無意味です。

 

 

そして、

 

 

残念ながら、現時点、本質的な『軸』は見えてはいません。

 

 

私自身、『宝くじ』を購入することを否定はしていません。

 

 

何故なら、その購入者の中から、数百人から数千人単位で、

毎年毎年、『1億円超え』の資産を得る人が出て来るから。

 

 

しかし、

 

 

皆さんもご存知の通り、その手法に『再現性』は存在せず、

本質的な『資産形成』からは、大きくかけ離れていますね。

 

 

くれぐれも『遊び』の範疇を超えないようお祈り致します。

 

 

本来の『資産形成』と、大きく異なることをご理解下さい。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile