国民一人あたり【借金:1000万円】は、果たして正しいか??

今日のテーマは、『国民一人あたり借金:1000万円は、果たして正しいか??』です。

 

 

本日取り上げるテーマは、定期的に話題になります。

 

 

タイトルからも分かりますが『国の借金』問題です。

 

 

昨日、

 

 

財務省は、今年6月末時点の最新データを公表して、

国債、借入金残高『1220兆円』が判明しました。

 

 

この数字は、

 

 

2020年度末(2021年3月末)から比較して、

『4兆1735億円』ほど増加しているものになる。

 

 

先程から、

 

 

金額の単位基準が『兆』になってしまっているので、

私たち、一個人レベルはあまり想像すら出来ません。

 

 

兎に角、

 

 

1年は愚か、数ヶ月という超短期スパンにおいても、

『国の借金』が相当なスピードで増加していること。

 

 

そして、

 

 

その『借金』は、増加の一途を辿っていくばかりで、

返済見込みがない(?)とご理解頂けたら幸いです。

 

 

因みに、

 

 

以前公式ブログで触れましたが、2019年末時点、

ご紹介している『国の借金』は、1100兆円ほど。

 

 

この時は、

 

 

未だ、『新型コロナ』の猛威に晒される前でしたが、

経済対策が入り、順当に100兆円ほど増えました。

 

 

数ヶ月前、

 

 

昨年度の税収が『60兆円超』と報道されましたが、

国家運営には、その金額を超える経費が掛かります。

 

 

実際、

 

 

日本国は『借金』を少しずつ積み上げて来ましたが、

積もり積もって『1220兆円』になってしまった。

 

 

個人レベルで言えば、借金地獄に陥る典型的な事例、

ここからの起死回生は、現実的に考えて不可能です。

 

 

因みに、

 

 

日本国のGDP(国内総生産)は、2020年時点で、

おおよそ『560兆円』程にのぼると推計されます。

 

 

一般的に、

 

 

『国の借金』の深刻さ(ヤバさ)を計測する際には、

『対GDP比』でいくらになるかを見るケースが主流。

 

 

そして、

 

 

その基準値(国の借金 / GDP)から算出した数値は、

日本国で『約240%』と壊滅的なものになります。

 

 

余談ですが、

 

 

先日、近年、異次元デノミの展開国としてご紹介した、

ベネズエラのそれ(対GDP比債務)は『約230%』。

 

 

しれっと、日本国の方がヤバイ状況にあったんですね。

 

 

決して『対岸の火事』でない事が、証明されています。

 

 

更なる余談では、

 

 

『日本国の借金』は、途上国、南欧諸国よりもわるく、

2010年代初め、実質破綻したギリシャより上です。

 

 

少しでも、その『ヤバさ』が伝わっていれば幸いです。

 

 

そして、

 

 

今回、借金の数字が『1200兆円』を超えてきた事で、

国民一人あたり『借金:1000万円』社会が現実的に。

 

 

いよいよ、来ることろまで、来てしまった感がりますね。

 

 

ただし、

 

 

多くの識者が指摘している通り、各メディアが報道する、

国民一人あたり『借金:1000万円』は、正しくない。

 

 

故意かは分かりませんが(?)、

 

 

『債務者』と『債権者』、相反する立場入れ換えられて、

全く正反対の『解釈』へと、ミス・リードされています。

 

 

簡単に説明すると、

 

 

『国の借金』は、字の如く『国家』が積み上げた借金で、

責任所在を明確にすると、政治家たちが積み上げたもの。

 

 

報道では、

 

 

それを日本国の総人口で除(割算)している訳ですが、

何故、そのような発想が出てくるのかは理解不能です。

 

 

恐らく、

 

 

その数字(国民一人あたり1000万円)を示す事で、

巧みに『債務者』と『債権者』を転換しているのです。

 

 

結論、

 

 

『国の借金』という言葉が示す所の債務者は『国』で、

債権者(お金を貸しているサイド)こそ『国民』です。

 

 

事実を知れば、先ほどのフレーズの解釈も変わります。

 

 

しかし、

 

 

私たち『国民』は、理屈上の債権者だからと言って、

果たして、本当に心から安心できるでしょうか??

 

 

その解答は、また明日、情報発信したいと思います。

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降、

【リアル(大阪)/ オンライン】と並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■8/24(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/27(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】は、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望者に【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催よりも、【濃い情報】が提供可能ですので、

この機会を、ぜひ、有効活用して頂けたら幸いです。

*予告なく終了する場合もあります。ご了承下さい。

 

 

——————————————————————–

■8/24(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/27(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile