【富裕層】の投資方針は、【個人投資家】にとっても適切か??

今日のテーマは、『富裕層の投資方針は、個人投資家にとっても適切か??』です。

 

 

最近、どうも書き始める時間が遅くなりがち。

 

 

本日も残り数時間なので、さらっと行きます。

 

 

タイトルの質問は、どう感じられるでしょう??

 

 

私自身、

 

 

この質問に回答するなら、『YES!』と『NO』、

まさに半分・半分の配分になると考えています。

 

 

要は、

 

 

『富裕層』の投資方針に一般投資家が習うことは、

半分は正しくて、半分は適切ではないということ。

 

 

具体的事例については、後半で示すことにします。

 

 

『正しい』と感じる部分から、ご紹介しましょう。

 

 

こちらは幾つか存在すると考えますが、主観的に、

最重要だと考えるのは『負けない戦略』をとる事。

 

 

一般的に、

 

 

大半の『個人投資家』が『大きく勝とう!』と思い、

鼻息荒く、勇猛果敢に、投資市場へ流入して来ます。

 

 

しかし、

 

 

『投資戦略』や『判断能力』の欠如といった要因や、

『リスク』を取り過ぎてしまい、一蹴されてしまう。

 

 

公式ブログでも、

 

 

『リスク:不確実性』と『投資リターン』の関係は、

繰り返し、繰り返し、定期的に伝えている内容です。

 

 

私自身、

 

 

約10年前、ある富裕層投資家の方と出会いがあり、

その投資理念について、徹底的に叩き込まれました。

 

 

その中で、

 

 

彼から学んだことは、数え切れないほどありますが、

最重要と感じるのは、まさに『負けない戦略』です。

 

 

前述の通り、

 

 

大半の個人投資家が、『リスク』を取り過ぎますが、

富裕層の多くは、そもそも『必要性』が有りません。

 

 

何故なら、

 

 

彼ら・彼女らは、言葉の如く『富裕層』であるため、

勝負(投資)に『大勝ち』する必要がないからです。

 

 

その結果、

 

 

『リスク』を低減して、小さな『勝ち』を積み上げ、

さらに自らの『保有資産』を増大させていくのです。

 

 

この辺り、

 

 

私自身にも当てはまりますが、投資市場においては、

短期間に『大勝ち』した経験を、持ち合わせません。

 

 

例えば、

 

 

暗号資産で『年率10倍』を記録した事もなければ、

1年間で、保有資産を『2倍』にした経験すらない。

 

 

せいぜい、

 

 

好調期『年率20%』程の含み益しかありませんが、

それを中長期積み上げることで、現在まで来ました。

 

 

それでも、

 

 

だからこそリスク回避的に『致命傷』を負わない分、

『時間』を味方につけて、資産形成して来れました。

 

 

『再現性』あり、特殊能力など必要ない方法ですが、

それでも、多くの方々が現実に『実行』出来ません。

 

 

それは、

 

 

凡ゆる物事で共通しますが、『本質』は常に地道で、

『射幸心』がない為、実行できる人が少ないのです。

 

 

長くなってきたので、プラス面は打ち切ります(笑)

 

 

では反対に、

 

 

『富裕層』と呼ばれる方々が、採用する投資方針で、

『個人投資家』が鵜呑みにしてはいけないものとは。

 

 

これも、

 

 

『プラス面』とは表裏一体と感じるポイントですが、

『時間感覚』を見誤ってはいけない、という点です。

 

 

どういうことか??

 

 

例えば、『大冒険投資家』の異名を持つ世界的富豪、

ジム・ロジャーズは『中国市場』への投資に肯定派。

 

 

彼曰く、

 

 

国土、人口、資源、産業、地理的要因から国民性等、

『中国』は、凡ゆる要素で、将来の覇権国になると。

 

 

だからこそ、

 

 

彼自身、現実に積極的に『中国投資』を進めますし、

同国の将来性を『ポジティブ』に捉えていますよね。

 

 

しかし、

 

 

私見では、そのまま『個人投資家』が採用する事は、

資産形成の観点で、大きな『リスク』を伴っている。

 

 

実際、

 

 

2021年時点、一党独裁政治体制が続く同国では、

様々な産業が、政府決定の影響を受け過ぎています。

 

 

先日も、

 

 

教育・ハイテクの両産業の規制強化を発表した結果、

海外投資家中心に、市場退出の動きが加速しました。

 

 

元々、

 

 

『情報統制』が徹底される状況下でハイテク産業は、

年始以来、1兆米ドル以上の資金が流出しています。

 

 

これに伴い、

 

 

中国本土はもちろん、近隣関係国にも影響は及んで、

アジア圏は、軒並み株価指数下落に見舞われました。

 

 

また、

 

 

投資家の懸念は、今回対象セクターのみに留まらず、

市場全体に、規制強化に対する不安感が広がります。

 

 

確かに、

 

 

『中国』はポテンシャルは疑いようのない国ですが、

同時に、予測不可な『不安要素』も持ち合わせます。

 

 

長期視点で、

 

 

『中国』という国家が、繁栄することは確実ですが、

下手すれば、投資利益回収期は『一生涯』を超える。

 

 

そうなった時、

 

 

『個人投資家』が、資産形成に取り組む目的と異なり、

目標実現できない可能性も多分にあると感じるのです。

 

 

因みに、

 

 

前述のジム・ロジャーズ氏ですが、富裕層であるが故、

『投資利益回収期』が遅れても、全く問題ありません。

 

 

そもそも、

 

 

彼自身、既に、一生涯では使い切れない資産を保有し、

既に、『一生涯』を超えた視点で投資に取り組みます。

 

 

恐らく、

 

 

投資利益は、年齢にしては、幼過ぎる実娘2人の為か、

それ以降、一族繁栄の為に行っている可能性すらある。

 

 

絶対に、『個人投資家』はマネしちゃ駄目ですね(笑)

 

 

先ずは、

 

 

自分自身を『豊さ』で、きちんと満たすことにより、

周りにいる人たちにも『豊さ』を共有出来るのです。

 

 

物事は、きちんと『基礎』から考えていきましょう。

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降も、

【リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)】並行開催です。

 

 

——————————————————————–

■8/24(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/27(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】は、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望者に【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催よりも、【濃い情報】が提供可能ですので、

この機会を、ぜひ、有効活用して頂けたら幸いです。

*予告なく終了する場合もあります。ご了承下さい。

 

 

——————————————————————–

■8/24(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/27(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile