【月に吠える犬】は、果たして【2匹目のドジョウ】になり得るか??

今日のテーマは、『月に吠える犬は、果たして、2匹目のドジョウになり得るか??』です。

 

 

タイトルに2種類の動物が登場して、少し渋滞していますね(笑)

 

 

分かる方には、この表現でピンと来られると思います。

 

 

【月に吠える犬】

 

 

芝犬をモチーフとする暗号資産(仮想通貨)『ドージコイン』、

取引価格急騰に対して、著名人がツイートで活用した表現です。

 

 

暗号資産(仮想通貨)市場の活況については、

今年に入ってから何度かご紹介して来ました。

 

 

実際、

 

 

代表通貨『ビットコイン』の価格上昇は、典型的な事例で、

昨年末から速度を増し、過去最高値を更新して推移します。

 

 

また、

 

 

それに引っ張られる形で、他の暗号資産も価格上昇しつづけて、

遂には、暗号資産市場全体として『2兆ドル』突破する事態に。

 

 

わずか数ヶ月間のうちに、市場規模『2倍』と表現すれば、

その上昇スピードの『異常さ』がご理解頂けるでしょうか。

 

 

しかし、

 

 

この勢いが、未来永劫、継続していくという筈がなく、

直近では、暗号資産市場全体としても『停滞』します。

 

 

その中で、

 

 

本日テーマとする『ドージコイン』は力強さを保っており、

暗号資産界の『異端』として、今尚、上昇し続けています。

 

 

巷では、

 

 

『ドージ・デイ』と名付けられた『4月20日』の24時間には、

市場全体が下落する中、【月に吠える犬】が如く10%近く上昇。

 

 

これにより、

 

 

時価総額は『530億米ドル(約5.8兆円)』を突破しており、

直近1週間において、『500%』の異次元上昇を記録します。

 

 

更に、

 

 

年初来の上昇率は、『5000%』の大台を軽く突破しており、

代表通貨『ビットコイン』における第一次バブルを上回ります。

 

 

単純計算、

 

 

2021年初、時価総額『100万円分』保有していれば、

現時点、その評価額は『5000万円』を超える事になる。

 

 

最近、

 

 

巷では、『FIRE(経済的フリー)』なる概念も脚光浴びますが、

取り崩し的発想では無理でも、『投資原資』には成り得る金額。

 

 

それが、僅か『半年間』ほどで作れるチャンスがありました。

 

 

皆さん、この手の話題には、強く関心を示しそうですね(笑)

 

 

古今東西、

 

 

『一攫千金』や『一発逆転』を求めてしまう思考回路は、

国境のボーダーを超えて、『人間の性』かも知れません。

 

 

『しかし』という話です(笑)

 

 

コア読者の皆さんは、十分にご理解いただいている通り、

私自身、現時点、暗号資産(仮想通貨)は保有しません。

 

 

当然、

 

 

自らが『実行』していない資産形成(投資)手法については、

余程のことがない限り、クライアントの皆さんにも勧めない。

 

 

将来的に、

 

 

『決済手段』としての地位が確立されれば、考慮しますが、

現時点、『取得・保有』を進めるのは時期尚早と考えます。

 

 

確かに、

 

 

【月に吠える犬】が、年初来5000%超の価格上昇を見せて、

保有者を、瞬間的に『成り金』に押し上げているのは事実です。

 

 

しかし、

 

 

だからと言って、ボラティリティ(変動幅)高い資産に賭けて、

『二匹目のドジョウ』を狙って、資産形成するのはナンセンス。

 

 

例えば、

 

 

古典的な『宝くじ』でも、高額当選者は、毎年一定数誕生しますが、

それに期待して資産形成(投資)を始めたら、いよいよ終わりです。

 

 

その事と、意味合い的には、ほぼ同等と感じています。

 

 

もしも、

 

 

皆さんが、『ドージ・コイン億り人』を目指すのであれば、

それは止めようがないし、実現確率はゼロでは有りません。

 

 

しかし、

 

 

『ゼロ』ではないものの、その実現確率は極めて低く、

むしろ、『未達成率』の方が遥かに高い確立存在する。

 

 

その事実は、きちんと理解しておいた方が良いでしょう。

 

 

また、

 

 

そのような思考回路は、『投資対象』が何であれ関係がなく、

中長期的には、保有資産を減らしていく可能性が高まります。

 

 

この辺り、

 

 

『宝くじ』を始めとした『公営ギャンブル』各種に共通して、

試行回数が多くなるほど『テラ銭分』負け続ける原理と同じ。

 

 

『義務教育』を修了された方々なら、分かりますよね??

 

 

『期待値:1』を下回る事象について、その累乗を計算すると、

宇宙を支配する自然科学の真理として、『ゼロ』に集約すると。

 

 

それを実行するか、しないかは、あなたの自制心次第です。

 

 

『一攫千金』や『一発逆転』狙いほどの爆発力はないですが、

『着実な方法』を選択し、中長期スパンで実行していく事で、

『経済的自由』を実現できることも、知っておいてください。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile