75年の時を経て、【日本】と【米国】の国力差は埋まったか??

今日のテーマは、『75年の時を経て、日本と米国の国力差は埋まったか??』です。

 

 

世間一般的には、本日が大型連休(GW)最終日ですよね。

 

 

マスコミ報道は、観光地の人出が前年比で増加しているとか、

新幹線予約は閑散としているとか、諸説あって分かりません。

 

 

それでも、

 

 

『和を以て尊しとす』ことを善とする、大半の日本人は、

律儀に『ステイ・ホーム』を遵守していると予想します。

 

 

私自身、今回のGWはどこにも遠出することなく、

ほぼ『半径1キロ』ほどの生活圏で過ごしました。

 

 

と言っても、

 

 

目下、『緊急事態宣言』が絶賛発令中である大阪では、

『街全体がクローズしている』という事が主因ですが。

 

 

街中では、飲食店、商業施設等もほぼ閉まっている為、

わざわざ『外出をする理由』が見当たらないんですね。

 

 

結果的に、善良な市民として、感染予防に励む事ができ、

医療従事者の皆さんにもご迷惑お掛けせずに済みますが。

 

 

冷静に振り返ると、

 

 

最近では、クライアントさんへの情報提供・個人面談も、

ビジネス上のミーティングも、ほぼ全てがオンライン化。

 

 

確かに、

 

 

【感染リスク軽減】や【業務効率化】等の利点も有りますが、

基本、典型的なアナログ人間の身としては、味気ないですね。

 

 

やはり、

 

 

人とはリアル(対面)でお会いして、話をすることで、

『言葉』以外から得られる情報というものがあります。

 

 

願わくば、

 

 

『新型コロナ・ウイルス』問題が世界的に収束した際にも、

オンライン化主流の風潮が、標準化されない事を祈ります。

 

 

もう少し話を続けると、

 

 

ちょうど1年前、2020年4月、5月期においても、

首都圏、関西圏は『緊急事態宣言』が発令中でしたね。

 

 

あの時、

 

 

『新型ウイルス』が世界中に蔓延する予想もなかったですが、

同様に、まさか1年後も『同じ状況』とは思いませんでした。

 

 

勿論、

 

 

100年前に流行した『スペイン風邪』の歴史的経験から、

『第二波』以降の影響の方が甚大だとの予測もありました。

 

 

しかし、

 

 

こうも『予測通り』というか、変異株含めた感染拡大が続き、

緊急事態、医療現場のひっ迫が叫ばれると、ゲンナリします。

 

 

報道によると、

 

 

海外の先進諸国は、ワクチン接種も日本より順調に進んでおり、

『ビフォー・コロナ』の生活様式が、戻りつつある地域もある。

 

 

それに引き換え、

 

 

私たちが生活する『日本』では、2021年5月を迎えた今尚、

『新型ウイルス出現直後』と、まったく同じ状況に留まります。

 

 

いや、

 

 

『第一波』が過ぎ去った、昨夏から昨秋の時期と比べると、

今の状況は、半年前よりも酷くなっているかも知れません。

 

 

完全に、収束に向けて『後退』しています。

 

 

全国各地では、『自粛』を守らない人に批判が集まりますが、

自身はしないながらも、気持ちは分からなくもないですよね。

 

 

『夕陽に向かって走れ!』の号令が、完全に無意味なのと同様、

『出口』の兆しすら見えてこない自粛生活は、相当厳しいです。

 

 

恐らく、もう『限界』を迎えている方々も、多いですよね。

 

 

そんな中、世界の覇権国・米国からは、

耳を疑うような報道が入って来ました。

 

 

『シアトル・マリナーズ、来場者に予約なし・無償ワクチン提供へ』

 

 

かつて、レジェンド・イチロー選手も在籍したことで、

日本人の中でも、とても『馴染み』のある球団ですね。

 

 

そのマリナーズが、

 

 

日本時間5日(現地5月4日)のオリオールズ戦から、

球場来場者にワクチン無料接種サービスを展開します。

 

 

具体的には、

 

 

球場内3箇所に設置されている接種会場に出向けば、

予約なし・完全無料で、希望者は接種が受けられる。

 

 

更に、

 

 

ジョンソン&ジョンソン社製、若しくは、モデルナ社製、

『選択権』が接種希望者にあるということにも仰天です。

 

 

なんという『大盤振る舞い』なのでしょうか。

 

 

片や、

 

 

日本国内では、優先接種対象の高齢者分すら十分確保出来ず、

全国各地の自治体が、四苦八苦、対応しているにも関わらず。

 

 

遂に、

 

 

覇権国・米国の『いちメジャーリーグ球団』という組織が、

『日本』という国家の対応レベルをも超えてしまいました。

 

 

なかなか、ショッキングな出来事ですよね。

 

 

今から約75年前、

 

 

両者が『第二次世界大戦』を展開していた1945年には、

『日本』と『米国』には、圧倒的な国力の差がありました。

 

 

元々、

 

 

軍事力の発達レベル以前に、国土、人口、資源確保の観点から、

日本には、『勝算』など1%すら無かった戦いだと言われます。

 

 

その状況で、何故、日本が世界大戦を仕掛けた(?)のか、

私自身、専門家ではないため、その真偽は分かり得ません。

 

 

両者の『国力差』を示す事例は、枚挙に遑がありませんが、

『ブレトン・ウッズ協定』も、その1つの事例と考えます。

 

 

大戦末期、

 

 

日本国が『国家総動員』で、満身創痍で戦っていた同じ時期、

米国は『基軸通貨特権』を獲得し、世界の覇権を手中にした。

 

 

勿論、

 

 

戦闘の前線では、お互いに命を懸けて戦っていたでしょうが、

『国家』全体として、悲惨なほどの『国力差』が有りました。

 

 

果たして、75年の時を経て、その差は埋まったのでしょうか??

 

 

正直、私自身も、その『正確な答え』は分かりません。

 

 

しかし、現状の日本が『良くない』ことは、肌感覚で分かります。

 

 

恐らく、今の状況を『ポジティブ』に捉える国民はいないはずです。

 

 

その辺り、私たちは、冷静に判断する能力も求められています。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■5/26(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■5/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■5/26(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■5/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile