『HSBC』英国残留を決定★

『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です★

今朝付けの各紙で、

『HSBC』の本拠地英国残留が報じられました。

これまで、半年以上に渡り議論されてた内容です。

事の発端は、英国政府が業界全体に対して、

『規制強化』と『銀行税引上げ』方針を打ち出したもの。

超巨大金融グループとしては、

経営にも直結する大問題です。

それを受けて、HSBCはじめ英国籍の各銀行は、

それぞれの本拠地を移転する可能性を示唆し始めます。

ここからは、心理戦も絡んできますよね(^_^)

各銀行としても、

『はい、そうですか』と大人しく聞いていては、

英国政府に今後もいいようにやられる。

だから、『英国、出て行こかな』と牽制。

英国政府としても、

巨大金融グループに出ていかれては大損害です。

2014年に『HSBC』が納めた税金は、

『約11億ポンド(当時のレートで2000億円強)』で業界最大規模。

また、ロンドンが世界金融センターの一角を維持する観点からも、

その如何によって『ブランド力』は大きく左右されます。

しかし、『HSBC』側にもリスクは伴います。

移転先としては、

1865年発足の場所『香港』が有力候補の1つでしたが、

中国の政治・経済リスクの影響を受けすぎると不安視する声も。

昨年夏の『チャイナ・ショック』以来、

アジア経済の閑散ぶりは皆さんご想像の通りです。

また、欧米から見て、

『far east:めっちゃ東』の地域に拠点を移すことで、

今後の資金調達コストの増大も懸念されてました。

昨年6月、業績が振るわないことを理由に、

HSBCはグループ全体として約5万人の人員削減を発表してます。

それだけ、台所事情も苦しいということ。

それもあって、なんとか自分にとって有利な条件で、

なるべく早急に結論を出したいという考えでした。

そして、やっと年をまたいで決着★

英国政府との水面下の交渉はあったでしょうが、

無事、英国残留を満場一致で決定してます。

しかし、これで一件落着ではありません。

大株主の一人が指摘するように、

『経営戦略が見えてこない』という一面も。

グローバルに展開する商業銀行がしたいのか、

それとも投資銀行としてもっと洗練されていくのか??

この辺りの動向も、確かに置き去りにされたままです。

『HSBC香港』に口座を持っている日本人は、

一説には数十万人ほどいると言われています。

自分の資産をそこに入れている方がいたら、

このへんの動向も、時には注視しても良いかも知れません(^_^)★

11 件のコメント