理解できない『投資行動』★

ここ数日、blogの記事で上げてること★

『投資とちゃんと向き合おう!』

言いたいのは、これだけです(^_^)

日本人の多くが、

『投資』という言葉に過剰反応して動かないか、

もしくは時代遅れの『投資』を繰り返してます。

僕達にとっては、全く理解できない。

今日は、その実例をいくつか挙げていきます。

『銀行預金』『郵便貯金』

子供の頃から、ずっと言われ続けた方法です。

確かに、バブル期は今より利率も高く、

有効な資産形成法の1つだったかも知れません。

でも、今現在の普通預金金利は『0.05%』程度。

各金融機関のスーパー定期でさえ、

年率複利で『0.5%』程度の利率です。

まったく、殖えません。

あなたが、天然記念物の樹木並みの寿命だったとして、

やっと資産を2倍に出来るかどうかの利率です。

複利環境で運用する場合の『72の法則』。

とても有名なものなので、

『そんなの知ってるよ!』という人も多いです。

でも、彼らがやってるのは『普通・定期預貯金』です。

30年近くの時を経て、まだやってる。

『思考停止』以外に、理由は考えられるのでしょうか、、、??

『生命保険』

これも、日本人は大好きです。

自分の『命』に対して懸ける『宝くじ』。

皮肉でも何でもなくて、事実です。

契約者本人は、受け取れません。

当たるときは、不幸な時です。

『リスク』を過剰に恐れるあまり、

日本人はここに『大金』を注ぎ込みます。

『掛け捨て』なら、百歩譲ってまだマシ。

ただ、皆さんされてるのは『積立て』です。

保険会社に『運用』まで任せて、

利益、給与、経営コストその他諸々、

全部捧げてしまっています。

ほんまに、皆さんの掛け金で、

保険会社は成立してるんです(^_^)

どうりで、愛想良いわけだ(笑)

で、日本で売られてる『保険』は、

海外の方々が見たらびっくりする程『粗悪品』です。

同じ保障内容なら、

海外なら掛け金は半分~3分の1程度。

『時間』という『リスク』を捧げたとしても、

受けとる『対価』は日本のものでは全く魅力がありません。

僕には、入る理由が理解出来ません。

『学資保険』

あなたが『生命保険』加入を考えるとき、

決まって保険のオバハンは『学資保険』を奨めてきます。

なぜか、わかりますか??

自分の『生命保険』に入ったあと、

わざわざ『学資保険』単独で彼女達を呼ぶ顧客なんて、いない。

彼女・彼等にとっては、『生命保険』加入時期こそが、

『学資保険』契約を取る最大のポイントだからです。

だから、徹底的に攻勢を掛けてきます。

教えたのから、気を付けてね(笑)

で、本題の『学資保険』。

日本のものはどこも同じ、継続積立てしていって、

18歳時点で支払い額の『110%』そこそこ受け取るとか。

『18年』で『110%』、、、、

『インフレ』に喰われて終わりです。

『18年』という時間に対して、

受け取る『リターン』が低すぎます。

これも、契約する意味がわかりません。

最近、元本割れしてるものもあるようですが、

もちろん、そんなものは論外です。

『マイホーム』

ずっと書いてます(笑)

シンプルに言います。

とりあえず、買わないで(笑)

今から日本はどんどん人口減るんです。

良い物件でもなかなか入居者は付きません。

これからの日本では、『賃貸』での買い手市場です。

『所有』は他人にしてもらって、

それぞれの時期でのライフスタイルに合わせて、

賢く『住居』を選んでいきましょう(^_^)

主導権は、こちらにあります★

サラリーマンが『マイホーム』買う場合、

頭金1000万円、ローン4000万円で、

合計5000万円の不動産購入とかが一般的でしょうか。

頭金の多少の増減とか、どうでもいいです。

要は、資産を『不動産』で一極集中させてることが問題。

仮に、この家庭が良かったとして、

・住宅資産:5000万円

・金融資産:1000万円

・住宅ローン:4000万円

・純資産 :2000万円

だったとします。

『マイホーム』は判押した時点で『中古』ですから、

『5000万円』という価格は無いとして、

その後の下落で『3000万円』になったとします。

数年住んだ物件なら、往々にしてありそうな数字です。

ここで、『純資産額』はゼロになります。

あなたが所有していたと思ってた『1000万円』が、

数年後には綺麗に吹っ飛ぶわけです。

これが、『不動産』という1つの『カゴ』に、

卵を集中して持っていた『投資』の結果です。

長くなってきたので、今日は以上です(笑)

『投資』、ちゃんと向き合いましょう!

そして、自分自身がやってる投資行動が、

『時代遅れ』ではないか、定期的にチェックしよう!

20代、30代、40代の方々、

僕らの時代は『新しい考え方』が必要な時代です(^_^)★

410

11 件のコメント