日本国財政の【ヤバさ】は、貯蓄型保険【円建て回帰】にも現れる。

今日のテーマは、『日本国財政の【ヤバさ】は、貯蓄型保険【円建て回帰】にも現れる』です。

 

 

先日の公式ブログでは、

 

 

『2021年度:一般会計予算には、日本国の【歪】が顕著に現れる』と題して、

来年度『一般会計予算(約106.6兆円)案』決定のニュースをご紹介しました。

 

 

そして、早速、閣議決定されましたね。

 

 

ご存知の通り、

 

 

今回決定した『106.6兆円』という金額は『予算案』の段階であり、

通常、年度半ばに組み込まれる『補正予算』等は、除外されています。

 

 

また、

 

 

上記数字の中に『コロナ対策関連費』は、約5兆円計上されますが、

今後の『新型ウイルス』をめぐる状況如何では、増加の余地もある。

 

 

実際に、

 

 

今年度(2020年度)も、予算案は『100兆円』ほどでしたが、

最終的な『日本国』の運営には『約175.7兆円』が使われました。

 

 

流石に、

 

 

2年連続で、今年度と同等の『経済支援策』の実行は無いにせよ、

130兆円〜140兆円程の予算規模になる可能性は十分にある。

 

 

そうなれば、

 

 

当然、現時点43.6兆円を予定する『新規国債発行額』も増加し、

日本国の『借金体質』はどんどん加速し、累積債務は積み上がる。

 

 

元々、

 

 

『新型ウイルス』発生以前から、ヤバかった日本国の財政ですが、

『2020年』を起点に、その状況は更なる悪化を見せています。

 

 

『経済的有事』を迎えるエックス・デーは、確実に近づいています。

 

 

問題は、

 

 

果たして、日本国民全体のどれほどが、その事実に気付いているか??

 

 

残念ながら、

 

 

私の予測では、堅実に準備を進められているのは『1割未満』です。

 

 

この辺り、

 

 

『日々、生きていくのに必死』という方々もいらっしゃると思いますが、

それぞれが意識し、『自助努力』により、準備を進めることが大切です。

 

 

そして、

 

 

日本国における財政悪化の『サイン』は、直近における、

保険販売の『円建て商品回帰』の現象にも現れています。

 

 

歴史的超低金利時代において、

 

 

生命保険各社は、貯蓄性の『円建て商品』の運用利率を引き上げて、

最近では、『外貨建て商品』優先の販売スタイルを転換しています。

 

 

実際に、

 

 

国内大手の住友生命保険、富国生命保険に続いて、遂には、

最大手の日本生命が利率を『0.25%』に引き上げました。

 

 

予め断っておくと、

 

 

だから、『貯蓄性円建て保険』を購入して良いという訳では有りません。(*超重要)

 

 

むしろ、

 

 

運用利回りが『年率0.25%』という数字の商品は、

私たち投資家レベルの評価としては、完全に『ゴミ』。

(*超重要②)

 

 

もしも、

 

 

この運用利回りのオファーを引き受けている事が明るみに出れば、

確実に、『個人投資家』の世界においては『アホ』と思われます。

 

 

『本質』とは外れるので、話を戻します。

 

 

本日お伝えしたい事は、『年率0.25%』という数字は別として、

何故、この時期に生保各社の『運用利回り』が上昇したのか??

 

 

それは、

 

 

昨日の公式ブログでもご紹介した、『財政問題』と密接に関わっていて、

今年に始まり、来年以降も続く『新発国債発行額』の増額が起因します。

 

 

お伝えし続けている通り、

 

 

日本は元々、長期的に『借金体質』が続く『債務超過国』であり、

その状況は、今後の世界においても慢性的に続くと予想されます。

 

 

その中で、

 

 

直近では、『30年もの』の超長期債権利回りが上昇傾向を見せており、

『米国債:10年もの』並みの『年率0.60%』水準で推移しています。

 

 

これまでも、

 

 

『信用格付け』から見れば、利回りが上昇して良い局面でしたが、

『日本銀行』が買い支えることにより、それを阻止して来ました。

 

 

しかし、

 

 

前述の通り、恒常的な『借金体質』に加えて、その流れの加速を受けて、

今後の『債権利回り上昇』が、市場関係者に予測されるようになります。

 

 

要は、

 

 

『国債』の取引価格・利回りにも『市場原理』が働きますから、

購入希望(?)者がいなくなれば、必然、利回りは上昇します。

 

 

こちらも当然の話、

 

 

『日本銀行』は、日本国が誇る中央銀行と言えど、

『国債購入原資』は、決して無限ではありません。

 

 

そうなると、

 

 

このまま、『国債』を増発、増発を繰り返しての国家運営は、

『自然の摂理に反する』と、市場が評価したことになります。

 

 

この考え方も、当然ですよね。

 

 

そして、

 

 

実際に、生保各社が『円建て商品』の利回りを上げたという事は、

国債利回り上昇の『潮流変化』が起こる局面を超えたということ。

 

 

これまで、

 

 

悟られないように、『信用格付け』から乖離する形で、

利回りがコントロールされてきた『日本国債』ですが、

『ストッパー』が外れる局面が近付いているという事。

 

 

と言っても、今月、来月、という短期的な話では無いですが。

 

 

繰り返す通り、

 

 

一見、何事もなく、運営されている『日本国』という国家も、

財政状況は『火の車』であり、長期継続するはず有りません。

 

 

そして、

 

 

その『リスク』が、実際に顕在化するタイミングにおいて、

かつて、想像したことのない『経済格差』がやって来ます。

 

 

果たして、日本国民は、理解しているのでしょうか??

 

 

日々、『サイン』は至る所から発信され続けています。

 

 

その情報をきちんとキャッチ出来るどうかは、

皆さん自身のアンテナの『敏感さ』次第です。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■12/22(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■12/23(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■12/22(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■12/23(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile