過去最大の【新規発行国債:112兆円】は、何を意味するのか??

今日のテーマは、『過去最大の【新規発行国債:112兆円】は、何を意味するのか??』です。

 

 

昨日から、東京に来ています。

 

 

勿論、今年(2020年)に入ってからは『初』になりますが、

東京在住のクライアントさんに、直接お会いできて嬉しいです。

 

 

ただ、

 

 

ここに来て、全国的な感染再拡大と、医療現場逼迫が深刻化し、

各地でも【Go To】関連事業が、独自判断で中断されることに。

 

 

東京も、

 

 

数日後から年明けまで、自粛要請が再スタートするようで、

通常よりもずっと、落ち着いている雰囲気が漂っています。

 

 

普段であれば、

 

 

街全体として『クリスマス・ムード』に包まれる季節、

街中の人通りも、いつも以上に多くなる時期ですよね。

 

 

しかし、

 

 

今日は、東京都心・日本橋周辺での仕事ながら、

ラウンジ等でも優雅に面談が進められています。

 

 

そんな中、

 

 

またしても、日本政府から『衝撃的な報道』が出て来ましたよね。

 

 

と言っても、時の日本政府に『全責任』を背負う訳ではないですが。

 

 

『2020年度:新規発行国債、過去最大更新の112兆円超』

 

 

ネット・ニュース等でも『速報』が流れていたので、当然、

賢明な日本国民の皆さんは、チェックしていると思います。

 

 

明日(12月15日)、

 

 

閣議決定する『第3次補正予算案』において、新規国債発行額は、

前人未到の『112兆円』という(超)巨額領域へと突入します。

 

 

これまで、

 

 

単年度発行額として、『最大』となっていたのは2009年度、

前年に発生した『サブプライム・ショック』から再起を懸けて、

財政出動が行われていた際の『約52兆円』でした。

 

 

そして、

 

 

今回、『新型ウイルス』の出現により、更なる苦境に陥った結果、

この最大額を『ダブル・スコア』で上回る金額を発行することに。

 

 

もはや、規模が巨大過ぎて『理解』が出来ないですね(笑)

 

 

単年度に限れば、『仕方がなかった』のかも知れませんが、

いよいよ、日本国の『累積債務』もヤバくなって来ました。

 

 

しかし、

 

 

元々の問題として、これまでも『日本国』の運営(経営)が、

恒常的に続く『借金体質』により成立していた事も問題です。

 

 

コロナ前、

 

 

2020年度:新規国債発行額として想定されていたのは、

例年通り(?)となる『約32.6兆円』という金額でした。

 

 

それが、

 

 

感染拡大による『コロナ禍』到来で、2度ほど補正が行われて、

いつの間にか『約90.2兆円』規模まで、急激に膨張します。

 

 

そして、

 

 

今回、『3次補正』が行われようとしている訳ですが、

一般会計予算として新たに『19.2兆円』を計上予定。

 

 

更に、

 

 

当初の想定(約63兆円)から『税収』が落ち込んだことも、

新発国債額の『増額』に、8兆円規模のダメージを与えます。

 

 

原則、

 

 

『税金』とは、『お金の移動』に伴い徴収できるシステムですから、

今年のように、『人の流動性』が抑制されたら、必然、減少します。

 

 

ただ、

 

 

前述の通り、日本国の『借金体質』は今年限定の課題では決してなく、

2000年以降、年度平均・国債発行額は『36.6兆円』と巨額です。

 

 

つまり、

 

 

『新型ウイルス』に関係なく、毎年、毎年、改善されることなく、

『40兆円』規模の借金を繰り返しながら、運営されていました。

 

 

そして、

 

 

なかなか、『厳しい状況』が待ち受けていると感じるのは、

恐らく、来年も大きな挽回チャンスはやって来ない事です。

 

 

お気付きの通り、

 

 

『個人レベル』であれば、ここまで自己管理が出来ない人間に、

『お金』を貸すような『お人好し』は存在するはず有りません。

 

 

理由は、

 

 

シンプルに、その人物には『返済能力』が無いからです。

 

 

『寄付(お布施)』感覚であれば、まだ理解できますが、

間違っても、正式な『貸借契約』は締結できないですね。

 

 

しかし、

 

 

その対象規模が『国家』というレベルまで引き上げられると、

突然変異的に、様々な物事が『可能』になるから不思議です。

 

 

ただ、

 

 

1つだけ『変更点』が無いとすれば、それは、

この累積債務が『返済不能』ということです。

 

 

ロジックとしては、

 

 

『信用リスク』が高まったと判断された『債権』は、

『取得したい!』と考える人間などは居ませんから、

必然『利回り』が急騰して市場にサインを発します。

 

 

本来、

 

 

『日本国債』にも、この『原理・原則』は適用されるはずなのですが、

中央銀行による『金融マジック』が絶賛開催中の為、反映されません。

 

 

それでは、

 

 

それが『安泰』かと言えば、『んな訳ねーだろ!!』という話で、

世界的格付け会社は、順当に日本国債の評価を引き下げています。

 

 

今夏、

 

 

フィッチ・レーティングスは『安定的」』から『弱含み」』に変更し、

S&Pも、その評価を『ポジティブ』から『安定的』に引き下げました。

 

 

この動向に対して、

 

 

市場は、内資系(国内)企業の『資金調達コスト』上昇を懸念しますが、

私見では、物事は、もう少し大きな規模まで影響が及ぶと考えています。

 

 

何かと言えば、

 

 

新規発行国債が、いよいよ国内消化出来ないとなった時、

『利回り』のストッパーが外れて、一気にバーストする。

 

 

前述の通り、

 

 

今、日本は『金融マジック』で金利を押さえ付けてますから、

『新発国債』の買い手が無くなれば、一気にそれが実現する。

 

 

巨大組織ほど、

 

 

『経済体力』がある分、財政悪化が実際顕在化するまで、

『内部留保』を食い尽くす期間は、継続が出来てします。

 

 

しかし、

 

 

延々と、そんなことが継続できる訳が有りませんから、

『メッキ』が剥がれる時は、必ずやって来るという事。

 

 

そして、

 

 

コロナ禍、加速度増して、積み上がりを見せる国家債務は、

確実に、その『エックス・デー』を早めることになります。

 

 

日本国の寿命が、明らかに『5年』は短縮しています。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■12/22(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■12/23(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■12/22(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■12/23(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile