『大企業』も、苦しい★

『社会保険料』を財源とする業界は苦しい、

昨日のblogでは、そんな話をしました。

『良かった!ウチ関係ないわ!』なんて方、

まだまだ甘いです。

これからしばらく、

既存の『大企業』も苦しい時代が続きます。

なぜか??

それも、『国』レベルの話と理屈は同じです。

ベースになる現象は、

『これから暫く、日本の人口年代分布が歪』ということ。

日本の『社会保障』が、

綺麗なピラミッド型の『人口年代分布』をもとに作られたことは言いました。

これは、『国』も『企業』も同じです。

これから、その人口分布が分岐点を迎える30年間ほど、

日本は労働人口に対して、非生産人口が上回ります。

それも、かなり『過剰』に。

で、既存の『大企業』の多くは、

これまで『確定拠出年金』を採用してた。

この制度も、他の『年金』制度と同様、

基本的には本人の『拠出金』を運用して、将来受け取るシステム。

しかし実際は、毎年多くの積立て不足、

運用不足を垂れ流し、それを現役世代の『拠出金』で賄ってました。

今までは、それでもイケてた。

そんなに日本人の平均寿命も長くなかったし、

定年世代を上回る、現役世代を確保出来てたから。

これが、これから数十年間崩れる。

『TOYOTA』などの、今でも業績好調な、

一部企業は例外的にあると思います。

でも、『松下:Panasonic』『シャープ』『ソニー』など、

それこそ高度経済成長を支えた日本の代表企業は、

年間数十億円単位の積立て不足金があるのは明らか。

これらの企業は、単純な『商売の業績』とは別に、

この内在的かつ恒常的な『問題』を抱えています。

だから、『業績』は良くても、実際は苦しい。

『売上高過去最高!』とか言っても、

それとは別に、経営を苦しめる要因があるのです。

更に、『大企業』には政府も厳しい。

『ある所』から『お金』を取る政策を採れば、

その他大多数の国民からの支持は得られるからです。

今年度初めから、大企業の『健康保険組合』の、

負担金額が引き上げられてます。

『2000円ベア!』とか言っときながら、

一方で『健康保険負担額』を5000円とか上げられてる始末。

『結果、給料下がっとるがな!』みたいな(笑)

サラリーマンも痛いけど、

だいたいが労使折半なので、雇用者側もそれ以上に痛い。

こういったことが、今後は続きます。

これからの数十年、

今までの日本の代名詞だった『大企業』が、

どんどん変化していくことが想像されます。

徹底的に『ダウンサイジング』を進めるか、

それが出来ない企業は消えていく。

僕らはまさに、激動の時代を生きることになります★

でも、自ら『変化』していける人は大丈夫やで(^_^)

319

10 件のコメント