【資産形成(投資)しない人】が、本格的に【負ける時代】が到来しました。

今日のテーマは、『資産形成(投資)しない人が、本格的に負ける時代が到来しました』です。

 

 

『不安材料』も抱えながら、株式市場が活況を呈して来ました。

 

 

昨夜(3月17日)、

 

 

米国市場の代表指数『NYダウ工業株30種平均株価』は、

過去最高値を更新し『3万3000米ドル』を突破します。

 

 

これを受けて、

 

 

本日(3月18日)日本市場も上昇し、日経平均株価は、

久しぶりの『3万円台』を突破する数値で終えることに。

 

 

繰り返しますが、

 

 

『実体経済』は、日本国内も、海外諸国も回復からほど遠く、

未だ、『混沌』とした状態が続いているというのが実際です。

 

 

にも関わらず、

 

 

異次元レベルの『金融緩和』を実行したことの恩恵と言えるのか、

『数字的な経済活動』は、主要先進国を中心に急回復を見せます。

 

 

米国では、

 

 

2021年内の成長率予測は『年間6.5%』と見積もられて、

昨年12月時点(4.2%)から大幅に上方修正して来ました。

 

 

もし仮に、

 

 

予測の通り『年間6%台』の成長率を記録することになれば、

私が生まれた1984年以来、約37年ぶりとなる快挙です。

 

 

既に、

 

 

実質GDPは、コロナ危機前の水準(97.6%)まで戻しており、

今年半ばには、日本・欧州に先駆けて100%を超えて来ます。

 

 

先日、

 

 

新型ウイルス問題の震源地・中国を『独り勝ち』と書きましたが、

現行の覇権国(米国)も、その威信をかけて、回復を演出します。

 

 

この辺り、きちんと『数字』を作り上げて来るところに、

覇権国としてのプライドと、執念めいたものを感じます。

 

 

そのように、強い『想い』が背景にある行動は、

国家レベルでも、個人レベルでも、好きですね。

 

 

そして、

 

 

現在の覇権国である『米国』は、簡単には主導権を渡さず、

今後も『世界ナンバーワン』であり続けようと画策します。

 

 

その意思表示が、FRB・パウエル議長から為されました。

 

 

『今後3年間のゼロ金利政策継続の方針を決定。市場の緩和縮小観測を一蹴。』

 

 

これにより、

 

 

米国内における、2021年内の物価上昇率は、

『2%』を超えてくる可能性が高まっています。

 

 

ここまでも、

 

 

株式市場に限らず、投資市場全体の加熱感はありましたが、

それを容認しても、『雇用回復』を優先する意思決定です。

 

 

一般的に、

 

 

『金利を下げる』という政策は、経済循環が落ち込んだ際に、

循環速度を上げて、実体経済を回復させる目的で行われます。

 

 

もちろん、

 

 

今回の『ゼロ金利政策』も、その目的で導入されており、

市場の活況と裏腹に、FRBの危機感を伺う事が出来ます。

 

 

また、

 

 

『ゼロ金利政策』の局面は、金融緩和方向に動くことになり、

このことは、『貨幣価値』が漸減していくことも意味します。

 

 

前日の公式ブログでは、

 

 

日本国民の、『現預金保有率』の高さについてご紹介しましたが、

この局面で、そのアセットクラスは一貫して減少することになる。

 

 

要は、『現金』は実質的価値が減っていくということです。

 

 

前述の通り、

 

 

覇権国・米国が『ゼロ金利政策』継続を発表したことにより、

世界経済全体も、今後、金融緩和が継続することになります。

 

 

中長期的な流れとして、

 

 

投資市場に資金投入している方々は、保有資産を増大させて、

『数値的価値』になりますが、恩恵を享受する可能性が高い。

 

 

反対に、

 

 

『現預金』しか保有していない方々は、その恩恵を享受できず、

相対的に価値が減少する『見えない目減り』に苦しめられます。

 

 

この『見えない目減り』という感覚に、気付けるかどうかですね。

 

 

原則として、

 

 

現代版資本主義は、緩やかな『金融緩和』により成立しており、

経済危機の局面で、そのスピードは、更に加速することになる。

 

 

その理由で、

 

 

『現預金保有率』が高い人は、中長期的にも『負け』るのですが、

今後3年間は、『負けるスピード』も加速することになりました。

 

 

繰り返しますが、

 

 

『緩やかなインフレ』が前提条件となる、現代版資本主義では、

数字上の『保有資産』を増加させて、実質価値はトントンです。

 

 

この感覚が分からない日本人は、想像する以上に多い。

 

 

しかし、

 

 

これ(実質的な価値減少)が、顕在化するレベルになった時は、

既に、その『負けゲーム』は、挽回不可能な局面に来ています。

 

 

私自身、今後も継続的に、市場に資金投入していきます。

 

 

強く信仰する『現預金神話』の呪縛から解放されなければ、

大多数の日本人は、今後の時代も豊になれないと考えます。

 

 

皆さんは、どう行動されるでしょうか??

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■3/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■3/26(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■3/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■3/26(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile