不動産は『資産』か?

昨日は、『資産』と『負債』の違いについて、

お金持ちの定義をご紹介しました。

・資産:自分のポケットにお金を入れてくれるもの。

・負債:自分のポケットからお金をとっていくもの。

それでは、古くから『資産』と考えられている、

『不動産』はどうなるのでしょうか?

上の定義からいくと、『資産』にも『負債』にもなります。

例えば、自分とその家族の居住用不動産として購入すれば、

住宅ローン、修繕費、固定資産税etc.

ポケットからお金をとっていく『負債』になります。

しかし、他の人へ貸すため賃貸用不動産として購入すれば、

これら諸経費は家賃収入で賄え、さらに利益も上げられる、

『資産』にもなり得ます。

以前『*MLM*』についてお話しした時にも述べましたが、

僕は、すべてにおいて『そのもの自体』に良い悪いはないと考えます。

それを扱う人によって決まる★

『不動産』も、扱う人により『資産』にも『負債』にもなります。

昨日も述べましたが、お金持ちは、

基本的に『資産』しか購入しません★

それに対して、お金に余裕のない人ほど、

自分のポケットからお金をとっていく『負債』ばかり購入しています。

『となりの億万長者』という本で面白い報告があります。

アメリカの億万長者を調べていった結果、

高級住宅街に住んでいるのは資産を持たない人ばかりで、

億万長者は一般住宅地、つまり普通の人の『となり』に住んでいた、というものです。

ぜひ、ゆっくり時間をとって、

普段自分が購入しているものが『資産』か『負債』か、

振り返って考えてみてください(^_^)☆

208

7 件のコメント