『時代は繰り返す★』

今日のテーマは『時代は繰り返す』です★

日本人の多くは、

『日本円』の価値は一定かのような錯覚に陥ってます。

これは、とても危険な『思い込み』です。

『お金の流れ』には、サイクルがあります。

その流れに上手く乗る人は、上手に『資産形成』も出来るでしょう。

ニューヨークダウ平均株価指数は、

1980年では960US$であったのに対し、

2015年現在では17,000US$を越えています。

『US$』自体の価値も変動するので一概には言えませんが、

35年投資で約18倍に跳ね上がった計算です。

『貯金』では、とうてい実現出来ない数字です。

バブル崩壊以降、失われた25年目に突入し、

停滞してるように見える日本経済も、

ちゃんと見ると決して一定ではありません。

1989年、38,915円超の高値をつけて一気に下落。

2002年には8,500円ほどにまで落ち込みますが、

4年後の2006年には17,000円超にまで倍増。

その後、2008年~2012半ばまで10,000円を切る値に低迷しますが、

今現在では再び17,000円を越えている状況です。

実際、僕も国内投資に関しては、

2010年当時に仕込んだもので2013年に利益確定しました。

また、$円レートも常に動いています。

このblogでも何度も書いていますが、

2011~2012年に1$=80円を切る値でしたが、

2013年に約100円、2014年には120円まで円安が進みました。

ここ数年、何も考えずに『銀行預金』『郵便貯金』した人は、

約2年で34%資産を吹っ飛ばした計算になります。

日本人が、親や祖父母の時代も含めて、

『日本円』は一定の価値と思い込むのには理由があります。

それは、日本人が生まれてから今まで、

これといった『経済危機』を体験したことないからです。

国内に限ってみたら、直近のそれは、

1946年大戦直後の政府による資産没収です。

もう70年も昔。

当時30歳だった人は、現在100歳です。

つまり、現代に生きる人のほとんどは経験したことないのです。

これは、『日本という国が素晴らしいから』だけではない。

プラス、『運』が良かったからです。

ただ、巡ってきていないだけ。

ロバート・キヨサキ氏は著書の中で、

『人が経験する経済危機のサイクルは75年に1度』

と述べています。

つまり、ほとんどの人では一生に1度の経験。

だから、『今まで経験したことないから』では、

『自分は経済危機を経験しない』ことは説明出来ないのです。

『75年に1度』

もう1つ言えるのは、

『一生に1度は経験する可能性が高い』ということ。

『経済危機』は、他の遠くの国のことではないし、

歴史の教科書の中の出来事、ではないのです。

261

5 件のコメント