みんな、スタート『超』遅い(笑)

先日、40代後半の会社員の方から、

『ライフプランニング』を依頼されました。

40代後半というか、もう50近いです。

で、『真剣さ』が物足りなく感じたので、

『ライフプランニング』はお断りしました。

その代わり、次のような提案をしました。

僕:『僕があなたに提供できる価値は、相続対策です。』

おっさん:『確かに、そろそろ考えようと思ってました。』

僕:『相続対策。10年くらいは要りますよ。』

おっさん:『10年!そんなにかかるんですか??』

僕:『、、、、。』

結局、全てをお断りしました。

『真剣』に生きない人は、一生『真剣』になりません。

そんな人間を相手してる『暇』は、

井上耕太には無いです、悪しからず(^_^)

僕の個人セッションの専門は、

1つの軸は『セミリタイアライフプランニング』です★

もう1つは、『相続・贈与対策プラン』

こっちは、『出来るから、やる』スタイルです。

年代、その方の背景ごとに料金は違います。

正直、20代の方々が1番リーズナブル。

30代、40代相手にしてた方が、

こっちとしても格段に割りがいいわけです。

でも!やってて1番楽しいのは、

20代相手の『セミリタイアライフプラン』★

相手もこちらも、1番希望をもって取り組めます。

その方の人生を変える自信があるから、楽しい(^_^)

問題は、20代から30歳そこそこで、

人生を『真剣に』考える人が少ないことです(笑)

『時間』も、これから入ってくる『お金』も、

あたかも『無限』かのように『錯覚』する時期です。

で、それを引きずったまま

30代、40代と過ごしていくわけですが、、、、。

みんな、スタート『超』遅いわ!!笑

なんでそんなに『呑気』なのか、

僕からしたら『世界の七不思議』レベルです(笑)

まぁ、僕も1つのきっかけを逃してたら、

同じ道を行ってたリスクはありますが。

28、29歳くらいから30歳そこそこ。

自分でスタート切った方々に対して、

周りは『若いのに偉いねぇ!』とか声掛けてくれます。

その言葉、真に受けないでください。

世の中には25歳、26歳で起業して、

30歳の頃には立派にやってる人が多くいます。

30歳そこそこ、決して『若く』ないです。

『40歳セミリタイアライフプラン』

ほんま言うたら、スタートの理想は『25歳以下』です。

僕は、28歳でスタートしました。

時期としては、遅いです。

ただ、そこまでの準備があったから、

そこからのスピードは人よりも早い。

運良く。それだけ。

『贈与対策』でも、同じことが言えます。

親の世代の『金融資産』を移すのに、

自分と配偶者、孫3人で基礎控除の無税枠使うとする。

基礎控除110万円×5人=550万円/年間

これだと10年かかっても『5500万円』。

仮に、『1億円』という資産を移転するとしたら、

『約20年間』かかることになる。

実際は、現金を本人間でやり取りしたとしても、

『理屈上』は20年間かけた計算にする必要あるからね。

これが、冒頭で『少なくとも10年』言うてた根拠です。

*実際は、ちょっとしたマジック使います(^_^)

ここまで説明して、どうですか??

ある程度、『時間』が必要なことを理解して頂けたでしょうか??

過去にセミナー受けに来てくれたり、

『井上耕太が何か知ってる』と気付かれてる方々もいます。

でも、その中で、

まだ『個人セッション』受けに来てない方々もいる。

極論言ってしまえば、

僕にとってはどちらでもいいです。

その人が『経済的自由』を達成しようが、

チャンスを逃してしまおうが、

僕の経済状態にはまったく関係ないので(笑)

ただ、『惜しいな』と思います。

1番大切な資産である、『時間』★

あなたは本当に、大切に扱えてますか??

『1日』早くスタートを切ることで、

単純に『1日』目標達成の日が早まります(^_^)★

この計算に、『微分積分』は要りません(笑)

小学生が出来る、『算数』の問題です。

322

14 件のコメント