世の中は【馬鹿】のまま生きると、莫大な【コスト】が掛かってしまう。

今日のテーマは、『世の中は馬鹿のまま生きると、莫大なコストが掛かってしまう』です。

 

 

久々に、少しだけ挑戦的なタイトルになりました(笑)

 

 

ただ、この時期であれば、ギリギリ許されると思います。

 

 

何故なら、ドラマで『ドラゴン桜』が流行っているから。

 

 

主人公の弁護士・桜木建二には、有名な決め台詞がある。

 

 

『馬鹿とブスこそ、東大(東京大学)に行け!!』です。

 

 

私自身、

 

 

東大出身ではない為、そこまで強気発言は出来ませんが、

少なくとも『馬鹿』には大きなリスクが潜むと考えます。

 

 

冷静に考えてみれば、シンプルに理解できると思います。

 

 

例えば、

 

 

文部科学省から『学校基本調査』は定期的に示されており、

日本全体としての『教育関連費』平均値は判明しています。

 

 

それによると、

 

 

小学校卒業後、中学校、高校で『私立』を選択することで、

周辺(塾等)含めて、年間100万円超のコストが掛かる。

 

 

翻って、

 

 

小学校に続き、中学校、高校と『公立』を選択した場合は、

教育関連費は余裕で『年間50万円未満』の範囲に収まる。

 

 

この辺り、

 

 

対象が『お金』である『投資』にも通じる部分ありますが、

『コスト』は『将来的リターン』と完全相関していません。

 

 

要は、

 

 

『学費』を3倍支払っても、子供は3倍『賢く』はならず、

むしろ、単純に3倍の『コスト』を支払うだけに終焉する。

 

 

勿論、

 

 

東京、大阪始め大都市圏には、優秀な私立校もありますが、

確率論的に、『そうじゃない高校』が大半占めるでしょう。

 

 

また、

 

 

仮に、大都市圏に『私立』の優秀進学校が存在していても、

必ず、それらに準ずる『公立』の優秀進学校も存在します。

 

 

関西人に限らず、『高い買い物』を喜ぶ人はいないですね。

 

 

この辺りの感覚は、『全国共通』ではないかと考えます。

 

 

『大学』まで考えを進めると、その差は更に拡大します。

 

 

具体例を挙げれば、

 

 

『ドラゴン桜』で目標とされる、日本最高学府・東京大学は、

文系・理系に関わらず、年間の学費は『50万円』程度です。

 

 

予め断ると、

 

 

私自身、『学歴至上主義』とは対局のスタンスを取りますが、

それでも、『経済的合理性』から考えれば肯定派と言えます。

 

 

社会に出れば、

 

 

本質的な意味で、人間としての『実力勝負』になりますが、

『東京大学』出身の人間と、僅かな例外を除く私立出身と。

 

 

明らかなレベルでの『収入格差』があることに対して、

異論を唱える人物は、それほど多くないと想像します。

 

 

また、

 

 

前述した『大学』までの勉学に励むこと同様に重要なのは、

社会に出てからの『実利』に結び付く勉強を継続できるか。

 

 

実は、こちらの方が『大きな差』を生む可能性があります。

 

 

一例を示せば、

 

 

日本国民約9割を占める『被雇用者(会社員)』の方々は、

『税金』という制度を勉強することなく、一生を終えます。

 

 

稀に、

 

 

『確定申告をしています』という被雇用者にも出会いますが、

詳しく聞くと『ふるさと納税』『マイホーム減税』程度です。

 

 

対して、

 

 

経営者・事業者は、パラレル・ワールドに住んでいますが、

こちらの世界を知ってしまうと、二度と元には戻れません。

 

 

正直、

 

 

『会社員』の立場を継続しつつ、可能な対策もありますが、

間違っても、お上(国家)はそんなこと教えてくれません。

 

 

その結果、

 

 

『勉強して、行動する人間』と『何も勉強しない馬鹿』とは、

同じ時代・同じ国に住みながら、全く異なる人生を送ります。

 

 

この点でも、

 

 

『賢くないこと』は、莫大なコストとしてのし掛かります。

 

 

私自身、

 

 

本業とする『資産形成(投資)』という分野もそうですが、

皆さん、最低限の『税制』は勉強しておいた方が良いです。

 

 

また、

 

 

そもそも論になりますが、単位時間あたりの報酬レベルは、

その人物が提供する『知的生産性』に比例することも自明。

 

 

誰しも、

 

 

相手の人物に対して、それ相応の『対価』を支払う際、

自分自身よりも『賢くない人』には支払いませんよね。

 

 

実際、

 

 

弁護士、税理士始めとした『士業』と表現される職業は、

この原則により、単位時間あたりの賃金が高くなります。

 

 

勿論、

 

 

経営者(商人)的な才能と、学歴は完全比例しませんが、

『価値創出』の観点で、ある程度、相関すると考えます。

 

 

更に、

 

 

ドラマ『ドラゴン桜』の物語の中でも語られていますが、

社会のルールは『賢い(と言われる)人間』が作ります。

 

 

勿論、

 

 

私たちのような一般人は、国会議員になることは難しく、

『ルールを作る側』の人間には、簡単にはなり得ません。

 

 

しかし、

 

 

その立場(ルールを作る人間)は無理でも、勉強する事で、

『ルールを活用する側』の人間になる事は可能と考えます。

 

 

要は、

 

 

『賢い(と言われる)人間』の思考回路を理解することで、

そのルールを上手に利用して生きていく事が出来るのです。

 

 

この辺り、

 

 

学生時代、テスト作成する先生(教官)の癖を推理して、

『出題される問題を読む』という行動とも似ていますね。

 

 

私自身、

 

 

【clever】という英単語の持つニュアンスを好みますが、

良い意味での『ずる賢さ』が、社会に出てからは必須です。

 

 

福沢諭吉が残したもので、多くの方々が、

その解釈を間違えている言葉があります。

 

 

『天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず』

 

 

殆どの日本人が知っている、有名なフレーズですね。

 

 

しかし、

 

 

ご存知の方もいらっしゃる通り、上記のフレーズは、

『最重要部分』が、完全に欠落してしまっています。

 

 

正しくは、次の通りです。

 

 

『天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず』と言えり。

 

 

『言えり』という言葉を現代語訳するとすれば、

『とは言うものの』といったところでしょうか。

 

 

要は、

 

 

福沢諭吉は、人間の『平等』を説いているのではなく、

『勉学』がもたらす格差について言及しているのです。

 

 

多くの方々の認識とは、『正反対』ですよね。

 

 

世の中は【馬鹿】のまま生きると、莫大な【コスト】が掛かってしまう。

 

 

その意味が、ご理解いただけたでしょうか??

 

 

それを踏まえて、皆さんがどう生きるのかは、

あなた自身の『行動』に掛かっているのです。

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降についても、

【リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)】を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■6/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■6/28(月)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】については、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望頂いた方への【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より【濃い情報】をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■6/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■6/28(月)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile