そもそも、闘っている【土俵】が異なるという最重要ポイント。

今日のテーマは、『そもそも、闘っている土俵が異なるという最重要ポイント』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『アジアの眠れる獅子は、20世紀の覇権国に打ち勝てるのか??』と題して、

眠れる獅子(中国)が、覇権国(米国)に打ち勝つ可能性について述べました。

 

 

結論、

 

 

一時的に、期待感の高まった時期もありましたが、

現時点、その実現は、中々厳しい状況にあります。

 

 

未だ、

 

 

中国が『眠れる獅子』と表現されていた1990年代は、

人口10分の1の日本が『世界2位』の座にありました。

 

 

しかし、

 

 

2000年代に入ると、獅子は眠りから目を覚まし、

『年率10%超』の驚異的な成長を遂げていきます。

 

 

元々、

 

 

全世界『5分の1』を占めるという莫大な人口に加えて、

広大な国土、潤沢なエネルギー資源等、要素は揃います。

 

 

むしろ、

 

 

20世紀後半『眠れる獅子』状態だったことが不思議で、

奮起した姿こそ、『真の正体』と見做した方が自然です。

 

 

ただ、

 

 

2010年代に入ると経済成長率も『6%台』に低迷し、

21世紀初頭の勢いは、若干の陰りを見せてしまいます。

 

 

それでも、

 

 

『年率2桁成長』が、未来永劫つづく国家など存在せず、

『年率6%』前後の成長率も、十分に立派な数字ですが。

 

 

そして、

 

 

2020年、人為的に仕掛けられたかどうかは別として、

『新型コロナ』という、未知なるウイルスが出現します。

 

 

*私自身、目視はもちろん、体験もしていない為、

 本当に『存在』するかどうかは不明なのですが。

 

 

本来、

 

 

『新型コロナ』の発生地とされたのは『中国』でしたが、

危機からの経済活動復活が、最も早かったのもこの国家。

 

 

奇しくも、

 

 

同時期、覇権国(米国)はNo. 1の感染大国に陥っており、

両者の『差』は、一気に詰められることが予想されました。

 

 

しかし、

 

 

その後は『ワクチン』の急速な普及の甲斐もあってか、

現・覇権国(米国)が大きく巻き返しを測っています。

 

 

正直に言うと、『期を逸した』感が蔓延していますね。

 

 

元々、

 

 

すんなり『覇権交代』が起こることは想像しておらず、

『既得権益』が簡単に覆らないことは理解してますが。

 

 

そもそも、

 

 

『経済大国』を測る定義を確認する必要がありますが、

2021年現在、GDP(国内総生産)が主な指標です。

 

 

因みに、

 

 

現在トップの米国のそれは『年間:約20兆ドル』程で、

一方中国のそれは『年間:10兆ドル』を突破した辺り。

 

 

こう表現すると、

 

 

ダブルスコアに近い『差』があるようにも見えますが、

近年の経済成長率では、急速に埋まりつつありました。

 

 

昨日、

 

 

2031年の中国キャッチ・アップ説を紹介しましたが、

グラフ上では、十分、実現可能性のある予測と考えます。

 

 

余談ですが、長らく『世界第2位』に位置した日本は、

『年間:6兆ドル弱』で、20年間ほぼ変化しません。

 

 

中国にその座を奪われてから、未だ10年ほどですが、

今ではすっかり、背中が見えなくなってしまいました。

 

 

話を戻します。

 

 

2010年前後、欧米市場を主戦場とするゴタゴタもあり、

中国が、一躍、『覇権国』に上り詰める公算もありました。

 

 

著名投資家の中にも、同国に肯定的な意見も多く見られて、

『人民元』も、1つの選択肢にまでなり得た感もあります。

 

 

しかし、

 

 

個人的には、現時点、中国市場には全く投資をしておらず、

『人民元建』の資産も、まったく以って保有していません。

 

 

こちらも、

 

 

暗号資産(仮想通貨)同様、全否定する気はないですが、

2021年時点、まだ、時期尚早と感じるのが本音です。

 

 

仮に、

 

 

私が欧州の貴族階級出身で、現在、運用している資産が、

一族代々受け継がれていく性質のものであれば、話は別。

 

 

しかし、

 

 

現実は、日本国内の一般家庭に生まれ育った人間なので、

有限な『一生涯』で、最大限効率的な運用を目指します。

 

 

そもそも、

 

 

前半部分、中国の『覇権奪取』の可能性を述べましたが、

その実現には、越えるべき『構造的障害』が存在します。

 

 

それは、

 

 

現時点の王者(米国)と挑戦者(中国)の戦い方について、

『土俵』が異なっているという大きな問題が横たわります。

 

 

前述、

 

 

両者のGDP(国内総生産)値についてご紹介しましたが、

それを構成する要素は、2国間で大きく異なっています。

 

 

挑戦者(中国)は、

 

 

インフラ整備や製造業等、私たちがイメージしやすい、

伝統的な『価値創出』に重きを置いて経済成長します。

 

 

反対に、

 

 

王者(米国)は、世界No. 1となる『金融大国』であり、

経済成長の指標となるGDPにも、その寄与度が大きい。

 

 

21世期、

 

 

世界は『リアル』と『バーチャル』な貨幣基準が存在し、

現時点、何故か、両者は混同して同じ尺度で扱われます。

 

 

本来であれば、これは、完全に分離するべき存在です。

 

 

そして、

 

 

数年前、仏・経済学者トマ・ピケティ氏が提唱した通り、

『g(実体経済成長)<r(投資リターン)』の公式が、

過去数百年間に渡って成立し続けていることは真実です。

 

 

凡ゆる物事で共通ですが、『可能性ゼロ』はありません。

 

 

しかし、

 

 

そもそも、両者の闘う土俵・ルールが異なっている以上、

中国による『覇権奪取』は、相当ハードルが存在します。

 

 

そういった『真理』もきちんと理解した上で、

個人投資家は、資産形成する必要があります。

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降も、

【リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)】並行開催です。

 

 

——————————————————————–

■7/27(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■7/28(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】は、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望者に【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催よりも、【濃い情報】が提供可能ですので、

この機会を、ぜひ、有効活用して頂けたら幸いです。

*予告なく終了する場合もあります。ご了承下さい。

 

 

——————————————————————–

■7/27(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■7/28(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

13 件のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile