『飯おごってな!』の本当の意味★

今日のテーマは『飯おごってな!の本当の意味』です★

『お金のセッション』を受けてくれる、

同年代や年下の世代に対して、いつも言う言葉があります。

『将来、飯おごってな!』

これを言うと、

『井上さん、別に要らんでしょ!』

『もうええでしょ!』

と返されることがほとんどです。

相手としては、

『あなた困ることないでしょ』的な感じやと思います。

しかし、僕自身これは冗談半分、本気半分。

もちろん、『お返ししてくれ!』とか、

卑しい思いではまったくないです(笑)

それよりも、『お金』を知れば知るほど、

『お金の限界』も見えてくるからです。

おそらく、『お金』に詳しい方々や、

自分で事業をされてる方々も実感してると思う。

『お金』

確かに、上手に扱えば殖えますし、

『人を喜ばせるツール』としては便利なものです。

でも、、、

結局、最後は単なる『数字』です。

その持ち分が多いとか少ないとかで、

人間の価値が決まるわけではない。

また、それを多く持ったところで、

本当に心から感じる『幸せ』とは無関係です。

例えば、

『100億円やるから無人島に行け!』

『1000億円やるけど、明日から牢獄な!』

と言われても、まったく面白くないでしょう。

1971年のニクソンショックで、

世界中の貨幣が『紙切れ』になったことは、

このblogでも再三取り上げています。

今の『お金』は、『これには価値がある!』と、

皆さんが一斉に洗脳にかかっているので価値を持ちます。

理屈の上では、いつ『紙切れ』に戻っても不思議はありません。

そんな世の中において1番大切なものは、

『人との繋がり』

これに尽きます。

自分から発する親密な人間関係の輪で、

みんなが一斉にピンチになる可能性は少ない。

また、仮に一斉にピンチに陥ったとしても、

『人との繋がり』があれば生きていけます。

僕が『お金のセッション』をしていく中で、

手に入れた1番重要なものは、『人との繋がり』です。

自分が1番得意なことで価値を提供したので、

より強く伝わり、強く人と繋がることが出来た。

皆さん、『ライフワーク』に生きましょう!

それを少しずつスタートすることで、

『経済的基盤』では得られない『安心』が得られます(^_^)★

82

8 件のコメント