【タイタニック号】の沈没と、現代の【日本国】に通じる共通点。

今日のテーマは、『タイタニック号の沈没と、現代の日本国に通じる共通点』です。

 

 

先日、映画『タイタニック』が地上波放送されていましたね。

 

 

全編『3時間超』もの大作で、2週に跨いで放映されました。

 

 

実を言うと、私自身、『タイタニック』鑑賞は初めてでした。

 

 

放映年を調べると『1997年』となっていたので、

実に、四半世紀を経て、初めて鑑賞したことになる。

 

 

当時、周囲では相当話題になった記憶はありますが、

野球に打ち込んでいたこともあり、殆ど興味もない。

 

 

また、

 

 

流行になれば、なるほど『敢えて、観ない』という、

天邪鬼性格の片鱗は、既にあったと記憶します(笑)

 

 

今回、

 

 

『映画版:タイタニック』地上波鑑賞に先駆けて、

某公共放送局が放映した、ドキュメントを通じて、

沈没事故の真相(原因)を『予習』していました。

 

 

それを経て、

 

 

『映画版:タイタニック』の鑑賞を進めていくと、

細部まで、とても良く描かれていると分かります。

 

 

単純に、アクション・シーンを繰り返す演出等なしでも、

時代を超えて、評価される理由が理解できる気がします。

 

 

ぜひ、皆さんも、沈没事故の背景等『予習』してから、

改めて、映画を鑑賞してみることをオススメ致します。

 

 

それで、

 

 

前述した、某公共放送局放映の『ドキュメント番組』内では、

沈没事故の原因は、少なくとも『10』考えられていました。

 

 

正直に言うと、全ての理由は記憶していません。

 

 

覚えているものだけでも、列挙していきます。

 

 

①百戦錬磨の船長が指揮を執る航海であったため、

 乗客含めて、すべての乗員が安心し切っていた。

 

 

②そもそも、航海中、何かトラブル発生した際に、

 救助できる装備・設備が不足してしまっていた。

 

 

*映画中でも、乗員総数『約2200人』に対して、

 救命ボートは『700人分』だったと描かれます。

 

 

③航海当日は、視界不明瞭だった為、航行を進めるべきではなかった。

 

 

しかし、

 

 

④航海スケジュールの遅延は、世間的評価にも繋がる為、

 エドワード・ジョン・スミス船長含め中枢は強行した。

 

 

⑤タイタニック号に搭載されていた『望遠鏡』は旧式で、

 氷山を発見する目的で、能力的に適してはいなかった。

 

 

⑥氷山衝突による座礁前、船内で火事騒ぎが発生しており、

 長時間熱せられた船底強度は極度に落ちてしまっていた。

 

 

⑦そこに、想定していた衝撃以上の『氷山』が衝突した為、

 船体に浸水が起こって、坐礁から約3時間後、沈没した。

 

 

などなど。

 

 

1912年、

 

 

当時の『叡智』を結集する形で造られた『豪華客船』は、

種々な不運が重なり、一瞬で『海の藻屑』となりました。

 

 

実に、『約1500名』にものぼる人命と共にです。

 

 

劇中でも描かれますが、

 

 

『タイタニック号』が巨大氷山に衝突して『致命傷』を負った際、

意外にも、暫くの時間、船上に『パニック』は起きませんでした。

 

 

それどころか、

 

 

『衝撃』に対して、乗客が、乗務員に質問はするものの、

それまで通り『平穏な時間』さえ流れていたと言います。

 

 

事実、

 

 

社交場でのパーティーは、そのまま継続されていましたし、

乗船していた楽団も『優雅な音楽』を奏で続けていました。

 

 

この時、

 

 

『タイタニック号が、まさか沈没する』などとは、

船上にいる誰も、想像すらしていなかったのです。

 

 

しかし、

 

 

エドワード・ジョン・スミス船長はじめ『中枢の人間』は、

状況を把握して、約2時間後の『沈没』を知っていました。

 

 

また、

 

 

全乗客を救う『救命設備』が無いことも知っていましたし、

救助支援に向かっている船が、1隻しか存在しないことも。

 

 

その状況にも関わらず、

 

 

乗客たちが『パニック』に陥ってしまうことを恐れて、

終盤まで『事実公表』することを先延ばししたのです。

 

 

当然ですが、それでも『浸水』は進みます。

 

 

そして、『沈没』という有事も刻一刻と迫りつづける。

 

 

最終的に、船体が傾き、船体が真っ二つになる時点で、

ようやく、すべての乗員が『現実』を理解したのです。

 

 

大事故の最中、幸いにも『約700人』が助かりますが、

優先的に救命ボートに乗せられた女性・子供が大半です。

 

 

これには『運』が占める要素が大きく、間違っても、

沈没を予測して『準備』をしていた人間はいません。

 

 

『致し方なし』と言われれば、それまでなのですが。

 

 

ここまで、

 

 

歴史的な『豪華客船沈没事故』を振り返って来ましたが、

これが『日本国』と重なるのは、私だけでしょうか??

 

 

確実に、

 

 

いつか終焉を迎えるであろう『致命傷』を負いながら、

中枢に位置する人間は、『事実公表』を拒みつづける。

 

 

それでも、

 

 

『中枢の人間』ばかりに責任転嫁はできず、大半の国民は、

『タイタニック号(日本)は沈まない!』と信仰し続ける。

 

 

そして、

 

 

自分たちが想像するよりも近い将来、終焉を迎えるのに、

『当事者意識』なく、平穏にパーティーを楽しんでいる。

 

 

映画の途中から、私の目には『そのもの』に映りました。

 

 

ただ、

 

 

幸いなことは、実際に『日本国』が沈没するまでの時間は、

『タイタニック号』のそれよりも、少しだけ長いことです。

 

 

また、

 

 

沈没するであろうことが、予測できる『サイン』についても、

1つの『大きな衝撃』だけでなく、細かく発信され続けます。

 

 

後は、各自がそれをキャッチして『準備』できるかどうか。

 

 

あなたは、脱出に向けた『準備』をきちんと進めていますか??

 

 

それとも、優雅に音楽を聴きながら、踊り続けるでしょうか??

 

 

『タイタニック』は、私たちに『教訓』を教えてくれています。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■5/26(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■5/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■5/26(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■5/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile