凡ゆる物事で【リスク】が顕在化した時、すでに【終焉】している。

今日のテーマは、『凡ゆる物事でリスクが顕在化した時、すでに終焉している』です。

 

 

昨夜は、【資産形成セミナー】を主催していました。

 

 

当初は、

 

 

大阪・梅田の会場において、リアル開催を予定しましたが、

緊急事態宣言の延長を受けて、セミナールームもクローズ。

 

 

ご参加登録いただいた方々に、それぞれ希望を伺う形で、

最終的に【オンライン開催】することに落ち着きました。

 

 

それでも、お互いにとって【リアル:対面】の方が良いですね。

 

 

インターネットが発達した時代では、確かに便利さはあります。

 

 

しかし、

 

 

単純に『情報』を伝えるだけではなく、人間同士が相対した時、

その人が纏う雰囲気等、目に見えないものも伝わると考えます。

 

 

私自身、

 

 

自らが資金拠出して、新たに資産形成(投資)に臨む際は、

必ず、責任者(それに準ずる人)にお会いして決定します。

 

 

勿論、

 

 

そのスキームが『理屈』として成立するかどうかは見ますが、

判断する際、最終的な最重要ポイントになるのは『人』です。

 

 

この野性的感覚は、今後も、決して鈍らせたくはないですね。

 

 

話を戻すと、

 

 

昨日開催の資産形成セミナーにご参加いただいた皆さんは、

普段のクライアントさんより『若い世代』が多くいました。

 

 

2021年現在、

 

 

個人事務所として、約400組のクライアントを抱えますが、

基本的に、ほとんどの方々が、私(37歳)よりも歳上です。

 

 

少し考えてみれば、自然は、自然ですよね。

 

 

仮に、あなたが『20代』だたっとして考えてみて下さい。

 

 

『時間』や『エネルギー』は、無限のような錯覚に陥ります。

 

 

更に、

 

 

『お金』は、決して無限のようには感じませんが、上記2項目、

『時間』『エネルギー』があれば、無尽蔵に稼げそうに感じる。

 

 

恐らく、

 

 

相当な下手を打たなければ、人生の早い段階において、

経済的観点で困窮することは、ほとんど無いでしょう。

 

 

しかし、

 

 

年齢を重ねて、体力が衰え、時間の有限さを意識する頃、

『終わり』が現実味を帯びて、初めて『お金』を考える。

 

 

多くの方々は、

 

 

そこで、ようやく『現実』と向き合う覚悟ができるのです。

 

 

この辺り、いつも『健康分野』と似ていると感じますね。

 

 

例えば、喫煙歴40年間の愛煙家が、肺癌と告知されて、

初めて『禁煙』の重要性を感じることができるみたいな。

 

 

ただし、その状況で、強く『重要性』を痛感しても、

時すでに遅しで、完全なる『終焉』を迎えています。

 

 

『お金』の分野についても、全く同じことが言えますね。

 

 

資産形成(投資)における『最重要資産』について、

昨日セミナーの中では、言及する場面がありました。

 

 

これ、読者の皆さんは、何だか分かりますか??

 

 

確かに、資産形成(投資)する為の『原資』は必要ですね。

 

 

どこの世界にも、資産形成(投資)を実行に移す際、

都合よくお金を貸してくれる人間は、存在しません。

 

 

その部分については、自助努力で準備する必要がある。

 

 

しかし、個人的には、それよりも重要資産が存在します。

 

 

それは、人類70億人、誰しも平等に与えられているもの。

 

 

そうです、『時間』という最重要資産です。

 

 

こちらも、少し冷静に考えてみれば、分かります。

 

 

常日頃、資産形成(投資)に臨むスタンスとして、

『ギャンブル』しないことは、お伝えしています。

 

 

短期的に存在する(と言われる)歪を出し抜くのではなく、

広いマーケットに分散投資する事で、経済成長を享受する。

 

 

個人的には、安全・確実なスタイルだと考えています。

 

 

しかし、

 

 

巷に存在するギャンブラー投資家(?)にウケが悪いのは、

このスタンスが、目標実現までに『時間』を要する事です。

 

 

最低でも『10年間』、順当には『20年間』見て欲しい。

 

 

そうなった時、

 

 

『20年間』という時間を、自らの有限な人生において、

確保できるかどうかは非常に重要なポイントになります。

 

 

仮に、

 

 

20代半ばで、資産形成(投資)をスタート出来たなら、

『20年間』確保した後、40代中盤でゴールを迎える。

 

 

この年代で『セミリタイア』が実現できたら、十分ですね。

 

 

しかし、

 

 

資産形成(投資)の重要性に気付くのが遅れてしまった場合、

50歳スタートならば、ゴールを迎えるのは70歳前後です。

 

 

少し『リスク』が伴いますね。

 

 

実際、この年代(50代)の方々から面談依頼を受ける場合、

事前に『保有資産』を確認させて頂き、お断りするケースも。

 

 

何故なら、

 

 

『時間の遅れ』を挽回できるのは『原資の大きさ』ですが、

ある程度の保有資産がなければ、解決手段も無いからです。

 

 

そして、

 

 

残念ながら、日本人の大部分の方々(8〜9割)の方々が、

『解決手段無し』に分類されるステージに位置しています。

 

 

本日のタイトル、

 

 

凡ゆる物事で【リスク】が顕在化した時、すでに【終焉】している。

 

 

この言葉は、紛れもない『真理』です。

 

 

読者の皆さんにおかれましては、『リスク』が顕在化する前、

まだ挽回可能な時に、スタート切られることをお勧めします。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile