私が、現時点【暗号資産:仮想通貨】を保有しない1番の理由。

今日のテーマは、『私が、現時点、暗号資産:仮想通貨を保有しない1番の理由』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『資産全体の7%であれば、保有して良いかも知れません』と題して、

暗号資産(仮想通貨)を保有したい方々への『基準値』を示しました。

 

 

特に、数字としての『7%』に拘りはありません。

 

 

ここでは、調査結果がそうだったというだけです。

 

 

それでも、

 

 

1つの目安としては、正しい水準にあると考えていて、

個人的に保有する時は、資産全体の『5%未満』です。

 

 

仮に、

 

 

暗号資産(仮想通貨)に対して、思い入れがあるなら、

その場合は、基準値を『10%』まで引き上げて良い。

 

 

ただし、

 

 

どれだけ、個人的感情があるとしても、上限値として、

この数字(10%)を超えない方が得策とは考えます。

 

 

もしも、あなた自身が『ビット・コイン』の生みの親、

『サトシ・ナカモト』である場合は、例外としますが。

 

 

上記基準で言えば、

 

 

純資産を総合して『1億円』保有している方であれば、

暗号資産を保有して良い金額は、『500万円』ほど。

 

 

単純計算、

 

 

純資産として『5000万円』を保有している方々は、

時価評価『250万円』ほどが資金投入の上限値です。

 

 

恐らく、

 

 

そういった対象(仮想通貨)に関心を示す方々からは、

前述した事例の上限値は、少な過ぎるんですよね(笑)

 

 

その証拠に、

 

 

暗号資産市場に資金投入する方々の大半が、保有資産、

1000万円未満に対して、過半数の資金を投じます。

 

 

皆さん、とても粋な『江戸っ子』ですね(笑)

 

 

『宵越しの金は持たねえ!』の精神は、天晴れです。

 

 

しかし、

 

 

刹那的には、人間的な『魅力』に溢れるこの人物も、

中長期的視点で見れば『経済的リスク』を感じます。

 

 

昨今、

 

 

『人生100年』と叫ばれる時代、必ず来る老後に対して、

経済的観点で『準備』をしないことは、『自殺行為』です。

 

 

日本国民全員が、自助努力で『資産形成』した方が良い。

 

 

決して、

 

 

暗号資産(仮想通貨)を悪役的に扱うつもりはないですが、

現時点、それを組み込むのは『時期尚早』と考えています。

 

 

その理由は、いくつか存在しています。

 

 

1つは、その名前に『通貨』の文字が入っていながら、

現時点、『決済機能』としての利便性を感じないから。

 

 

いくら、

 

 

『時価評価』として、莫大な資産を構築できたとしても、

肝心の『利用』が出来ないのであれば、全く無意味です。

 

 

また、

 

 

国境を跨ぐ『送金』の利便性を訴求する方もいますが、

個人的に、これに対してもメリットを感じていません。

 

 

幸いなことに、

 

 

現時点、日本は、どこかの社会主義国家と比較した時、

まだ、国境を跨ぐことに対して『寛容さ』があるから。

 

 

もしも、

 

 

私が、某中国の国民で、人民元資産が大半を占める時、

この機能に対して、利便性を感じるかも知れませんが。

 

 

しかし、より大きな『1番の理由』も存在しています。

 

 

それは、ボラティリティ(変動率)が大き過ぎること。

 

 

性分的に、

 

 

『博打:ギャンブル』に対して、全く興味が湧きませんが、

ここまで変動率が大き過ぎると、とても、手が出せません。

 

 

昨日もご紹介した通り、

 

 

第一波の『仮想通貨バブル』と表現できる、2017年は、

代表通貨ビットコインは、年間1000%上昇を見せます。

 

 

その後、

 

 

2018年初早々、当時のピーク値から『約8割』下落し、

以降数年間、投資家は辛酸を舐めるような『低迷』が続く。

 

 

しかし、

 

 

昨年(2020年)第4四半期、突然、潮流変化が訪れて、

一気に『過去最高値』を更新し、取引価格は突き抜けます。

 

 

約1年前、

 

 

僅か(?)『数千ドル』で取引されていたものが、翌年に、

『6万5000ドル』を突破するのですから、驚異的です。

 

 

ただ、

 

 

『実体』と伴わない上昇は、外的要因に対してとても脆く、

『情報』の変化に右往左往し、モロに影響を受けてしまう。

 

 

前述、

 

 

今年4月につけた『6万5000ドル』の最高値から半減、

現在は『3万ドル』を割り込む一歩手前で推移しています。

 

 

下落の要因は、様々言われています。

 

 

その中でも、

 

 

今回、最も『インパクト』が大きかったと言われているのは、

前述した『中国』で、政府が暗号資産規制に乗り出したこと。

 

 

現在、

 

 

同国内では、原則として『暗号資産』は取引禁止されており、

金融機関も、関連サービスを含めて『提供停止』しています。

 

 

また、

 

 

同国は、マイニング(採掘)についても規制強化しており、

これまで、企業誘致の手段としていた各省の政策から反転。

 

 

一時期、

 

 

世界全体の『約75%』のマイニングを担っていた同国から、

採掘業者は、撤退することを余儀なくされていると言います。

 

 

表向き、

 

 

マイニングに必要とされる『電力消費』が莫大なものになり、

『自然環境』に対して、悪影響を与えることが挙げられます。

 

 

ただし、

 

 

『本音と建前』は、古今東西、どの世界にも存在しており、

果たして、それが『本当の理由』か、誰にも分かりません。

 

 

勿論、

 

 

暗号資産(仮想通貨)に限らず、世の中に存在する資産は、

その全てが『情報』に影響を受けることが分かっています。

 

 

しかし、

 

 

其々の対象ごと、情報に対する『影響度』は異なっており、

それが基準を超えて高いものには、冷静な判断が必要です。

 

 

典型的な事例が、暗号資産(仮想通貨)ということです。

 

 

ただ、世の中には、他の対象もまだまだ存在しています。

 

 

私自身、これからも一貫して『ギャンブル』はしません。

 

 

この『信念』は、今後も、決してブレることありません。

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降についても、

【リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)】を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■6/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■6/28(月)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】については、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望頂いた方への【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より【濃い情報】をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■6/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■6/28(月)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

9 件のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile