世界的な【超低金利時代】に、老後資産の【年金頼み】は成立しません。

今日のテーマは、『世界的な【超低金利時代】に、老後資産の【年金頼み】は成立しません』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『日本国財政の【ヤバさ】は、貯蓄型保険【円建て回帰】にも現れる』と題して、

国内生命保険各社が、『貯蓄性:円建て商品』に回帰する流れをご紹介しました。

 

 

理由は、大きく2つあります。

 

 

1つ目は、

 

 

これまで、優先販売された『外貨建て保険』の悪事が表沙汰になり、

世間全体として周知された結果、『ウソ』が通用しなくなったこと。

 

 

2つ目は、

 

 

これまで、低迷を続けてきた『貯蓄性:円建て商品』について、

直近では、『運用利回り』が改善される傾向にあったことです。

 

 

このフレーズだけ聞けば、魅力的に感じますよね(笑)

 

 

しかし、

 

 

『運用利回り』がアップしたと言っても、実際には、

『年率0.25%』ほどの超低空飛行が続いています。

 

 

仮に、

 

 

『複利運用』したとしても、税引き後の実質利回り『0.20%』では、

元本が『2倍』となるまでに、『360年間』もの歳月がかかります。

 

 

恐らく、

 

 

いくら急激に『医療』の進歩が進んだとしても、

私たちの世代は、360年間は生きられません。

 

 

そうなると、

 

 

『0.25%(*実質0.20%)』運用を選択した瞬間に、

既に、『負けゲーム』が決定していることになりますよね。

 

 

ただ、

 

 

世界標準では『常識(当たり前)』とされるこの考え方も、

悲しき哉、日本人の多くの方々には、理解されていません。

 

 

その結果、

 

 

『21世紀』に突入して、既に、20年間が経つにも関わらず、

日本人の大半は『化石化』した資産形成プログラムを進めます。

 

 

具体的には、

 

 

『年功序列』『終身雇用』を、毎日祈りながら信仰し続けて、

『預貯金』『マイホーム購入』というファイナンスを繰返す。

 

 

更に、

 

 

個人的に『最悪』だと考えるのが、今後の『困窮』が確実視される制度、

『年金』に依存して『ライフ・プランニング』を考えるという行動です。

 

 

もしも、あなたがそうであれば、考え直した方が良い(笑)

 

 

と言うか、

 

 

もしも、考え直して、具体的に『行動』を変化させなければ、

将来的に『リスク』が顕在化した際、挽回不可能になります。

 

 

先日も、それを示すような報道が出ていました。

 

 

『国内生保各社、確定給付年金の予定利率を引き下げへ』

 

 

本題とは逸れる為、ここでは『確定給付年金』の説明は避けます。

 

 

でも、大切なことなので、システムを知らない方は自習して下さい。

 

 

話を続けると、

 

 

企業型年金制度の1つとして『確定拠出年金』を運営する生保各社は、

契約者に約束する『運用利回り』を、順次、引き下げはじめています。

 

 

代表的なのは、

 

 

約2ヶ月前の10月、国内生保大手の『第一生命保険』は、

現行制度で『年率1.25%』だった一般勘定の予定利率を、

一気に1%引き下げて『0.25%』とすると発表しました。

 

 

奇しくも、昨日ご紹介した『貯蓄性:円建て商品』と同じ数字ですね。

 

 

一般的に、

 

 

『確定給付型年金』における、資産の構成割合については、

国内債権・株式、外国債権・株式等も独立して存在する為、

『一般勘定』が、直接的な影響を与える訳ではありません。

 

 

しかし、

 

 

国内・外国合計で、全体構成の『40%超』を占める債権運用は、

常々お伝えしている通り、『超低金利時代』では殆ど増えません。

 

 

それこそ、

 

 

先進主要国の『信用格付け』の高い債権は、ほぼ0%に近いか、

悲惨な場合、『マイナス・リターン』という数字すら付けます。

 

 

前述の通り、

 

 

国内生保各社が、『拠出型年金:利回り引き下げ』を実行しますが、

特性上、ポートフォリオを見れば、致し方なしというのが実情です。

 

 

この傾向は、今後も、暫く『変化』はしないでしょう。

 

 

『投資』に明るい方々なら理解できますが、一般的に、

『顧客』から多くの資金を集めて運用するファンドは、

『私募』でない限り、大きなリスクは取り切れません。

 

 

特に『日本人』は、

 

 

『大きなリターン』を得るよりも、『損失回避』したいと考える為、

どうしても、公的機関が預かる『他人のお金』は安定運用されます。

 

 

もしも、

 

 

老後資産を形成する『目標利回り』を達成するなら良いですが、

残念ながら、そのスタンスでは、実現する可能性は、ほぼ皆無。

 

 

その結果、

 

 

既存の、公的な『年金制度』に依存した老後設計をする人は、

予定していたリタイア目前になって、初めて、現実に気付く。

 

 

『全然、リタイアなんて出来るわけないやん』、と。

 

 

日々、情報発信し続けていることですが、『私たちの世代』は、

『自助努力』により『資産形成』を進めていく必要が有ります。

 

 

既存制度と違い、

 

 

個人レベルで、リスク・コントロールして資産形成を進めることで、

『リスク』と適切な距離感で付き合いながら、保有資産は増やせる。

 

 

勿論、『金融リテラシー』を高めることなく、その実現も有りませんが。

 

 

兎に角、

 

 

これまで通り、『敷かれたレール』に乗り続けていれば、

『ニコニコ年金ライフ』が送れる時代は、終わりました。

 

 

多くの方々が、その『ルール変更』に早く気付くことで、

具体的に『資産形成』をスタートされることを願います。

 

 

『年金頼み』をしていたら、きっと『痛い目』に合います。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■12/22(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■12/23(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■12/22(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■12/23(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile