2006年の【夕張破綻】は、将来の【日本破綻】のシュミレーションか??

今日のテーマは、『2006年の夕張破綻は、将来の日本破綻のシュミレーションか??』です。

 

 

私たちの世代は『夕張メロン』で認知する街ですね。

 

 

その他にも、ウインター・スポーツをする方々は、

『夕張リゾート』の印象が、強いかも知れません。

 

 

全国数多ある地方都市としても『ブランド力』は、

決して、低くは無かったと感じている都市ですね。

 

 

その都市が、『2006年』に破綻しました。

 

 

今から、『15年』ほどしか遡らない話です。

 

 

恐らく、

 

 

私たちは、職業柄、関心の強いテーマですが、

一般の方々は、ほとんど興味を持たない(笑)

 

 

もしかしたら、

 

 

『夕張破綻』が起こったことを、忘れているどころか、

出来事自体、認識していない人もいるかも知れません。

 

 

先進国・日本の地方都市が、財政破綻してるんですよ。

 

 

しかも、21世紀に入ってから、とても最近の話です。

 

 

2006年6月20日、累積債務353億円を抱えて、

北海道夕張市は『財政破綻状態』であると公表します。

 

 

2021年時点、

 

 

全国で唯一の『財政再生団体』として指定されており、

国に対して毎年『約26億円』の債務返済を続けます。

 

 

破産当時ですら、

 

 

夕張市の人口は『約1万3000人』ほどしかおらず、

それに対して、返済金額の『年間26億円』は超巨額。

 

 

何故、

 

 

このような巨額(返済)資金が工面できるかと言うと、

勿論、夕張市の『住民』がその負担を引き受けたから。

 

 

例えば、

 

 

夕張市の『水道料金』が、全国一高いのは有名な話で、

直近の価格で20立方Mあたり『6,978円』します。

 

 

この数字で算出された一般家庭の水道料金は、

月額として『1万円』近くになることもザラ。

 

 

因みに、

 

 

私が活動拠点とする大阪府・大阪市の料金を調べると、

20立方Mあたり上下水道合計で『3,388円』ほど。

 

 

夕張市民の方々は、『2倍超』の負担を強いられます。

 

 

その他、

 

 

破綻前は制度として存在した、長寿の『祝い金』や、

小中学生の『芸術文化観賞経費』等56事業も廃止。

 

 

更には、

 

 

市民会館、図書館、公立美術館・博物館等の施設も、

規模を縮小したり、廃止に追い込まれたものが多数。

 

 

要は、

 

 

地域住民の『生活コスト』は上乗せされたにも関わらず、

『公共サービス』は、軒並みカットされている状況です。

 

 

当然、

 

 

この状況で、好んで『夕張市』に住み続ける人は少なく、

現在人口は『約7000人』と、破綻直後からほぼ半減。

 

 

恐らく、

 

 

残された『約7000人』は、住宅ローンを抱えていたり、

収入源が、この土地に限定されている方々が大半でしょう。

 

 

言葉を変えれば、出て行きたくても、出来ない方々です。

 

 

話を戻すと、

 

 

前述、夕張市民への涙ぐましい『負担増』の甲斐もあり、

絵累積債務は、5年後の2026年度末までに完済予定。

 

 

しかし、

 

 

2027年度以降、一気に『財政健全化』される訳はなく、

現時点、国から交付される『特別交付金』が無くなります。

 

 

更には、

 

 

派遣職員等に対する『人件費負担』も、新たに開始予定で、

夕張市民の苦境は、2027年以降も継続する見込みです。

 

 

因みに、

 

 

冒頭、ブランド力の要素として挙げた『夕張リゾート』は、

『新型コロナ・ウイルス』の影響を受けて、昨年末に破綻。

 

 

当然、

 

 

夕張市全体としても、観光客数の落込みは深刻化しており、

これまで成立していたビジネスも、成り立たなくなります。

 

 

『当事者意識』を持って考えると、居た堪れないですよね。

 

 

夕張市民にとって、まさに『生き地獄』のような状況です。

 

 

ここまで、

 

 

2006年財政破綻した『夕張市』の現状紹介しましたが、

恐らく、多くの方々が『対岸の火事』として見てますよね。

 

 

いや、

 

 

より正確には、『対岸の火事』ほども近く感じておらず、

どこか遠く、『異国の地』の出来事として捉えています。

 

 

果たして、それは『正しい認識』でしょうか??

 

 

前述、

 

 

2006年『財政破綻状態』が公表された夕張市ですが、

当時、地域住民は『寝耳に水』だったと言われています。

 

 

ただ、

 

 

一地方都市として、『350億円』を超える累積債務が、

突如、降って湧いてきたという訳では決してありません。

 

 

むしろ、

 

 

それ以前から、じわじわと財政破綻は忍び寄っており、

その『サイン:歪』も、所々顕在化していたはずです。

 

 

にも関わらず、

 

 

該当地域居住の方々は、『市が破綻するはずない』と、

高を括って『健全な準備』を進めることをしなかった。

 

 

その結果、

 

 

現実に、夕張市が『財政破綻』を公表し、壊滅しても、

そこに住み続ける選択肢しか、残されない状況にある。

 

 

脱出できるのであれば、即刻、脱出しているはずです。

 

 

そして、

 

 

私見では、『夕張市』が財政破綻した、現在の惨状は、

『日本国』全体のシュミレーションだと考えています。

 

 

『夕張市民』も、有事を全く警戒していませんでした。

 

 

そして、

 

 

『日本国民』の大多数も、日本の財政破綻を予見せず、

累積債務は、『どうにかなるだろう』と楽観視します。

 

 

2006年は、

 

 

北海道に位置する『地方都市』限定の出来事だった為、

約半数の『夕張市民』は、脱出することが出来ました。

 

 

何故なら、

 

 

近隣自治体も陸続きですし、言語、通貨、法律等も同じ、

仮に、隣接自治体に移動しても、生活は変わらないから。

 

 

しかし、

 

 

これが『国家的出来事』として起こればどうでしょう??

 

 

その時、

 

 

日本に居住する選択肢しかない方々は、負担増を強いられ、

前述の『夕張市民』と同等か、それ以上の惨状が待ちます。

 

 

巷には、

 

 

日本国の財政破綻を『理屈的観点』だけから考えて、

『トンデモ論』として扱っている方々も存在します。

 

 

しかし、

 

 

残念ながら、そういった話題展開する方々の共通点は、

総じて『保有資産』を十分に築けていないということ。

 

 

自らが『準備』出来てない故の『希望的観測』ですね。

 

 

本日ご紹介した『北海道・夕張市:財政破綻』の話は、

決して『対岸の火事』や『異国の話』ではありません。

 

 

あなたは、『健全な準備』が進められていますか??

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降も、

【リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)】並行開催です。

 

 

——————————————————————–

■7/27(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■7/28(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】は、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望者に【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催よりも、【濃い情報】が提供可能ですので、

この機会を、ぜひ、有効活用して頂けたら幸いです。

*予告なく終了する場合もあります。ご了承下さい。

 

 

——————————————————————–

■7/27(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■7/28(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

14 件のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile