【有事の日本円】は、既に、システム破綻してしまったのか??

今日のテーマは、『有事の日本円は、既に、システム破綻してしまったのか??』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『有事の金(GOLD)は完全復活するか??』と題して、

直近、金価格が堅調に高騰している事実を紹介しました。

 

 

かつて、

 

 

長期に渡り『有事の安全資産』と見做されて来ましたが、

代替資産の台頭もあり、最近では、その見方も懐疑的に。

 

 

が、

 

 

2022年、ロシア・ウクライナ間での紛争勃発により、

突如、その機能が『正常稼動』するようになったのです。

 

 

私見でも、その取引価格はさらに上昇すると予測します。

 

 

当然、

 

 

右肩上がり一辺倒に、上昇し続けることはないのですが、

それでも2022年内は高値圏で推移していくでしょう。

 

 

このように、

 

 

『金:GOLD』が安全資産としての地位を取り戻す一方、

かつての対抗馬『日本円』は軒並み下落基調に入ります。

 

 

今から2年前、

 

 

2020年は『100円台前半』で推移した対米ドルは、

今年に入り急速に円安進行し、目下『120円』を突破。

 

 

一時期、

 

 

『120円』にも迫る水準まで進展した対ユーロ為替も、

本日(3月22日)付『133円台』に下落しています。

 

 

今後、

 

 

一旦落ち着くことが予想されているものの、残念ながら、

それは、そのまま『円高方向』への回帰を意味しません。

 

 

この傾向は、

 

 

日常生活の凡ゆる分野で『輸入依存度』の高い日本国で、

原油高と併せて、国民にダブル・パンチを喰らわせます。

 

 

今回、

 

 

急速に『円安』が進行した1つの要因は、米国と日本の、

将来的な『金融政策』の方針に、大きな乖離があるから。

 

 

先日も触れた通り、

 

 

前者(米国)は、今月から『利上げ』方針を正式決定し、

この流れは2023年以降についても継続する意向です。

 

 

反対に、

 

 

日本はゼロ金利・金融緩和の無期限(?)継続を明言し、

両者は、全くの『逆方向』となる政策を展開しています。

 

 

原則として、

 

 

長期的に時間をかけて調整されるものの、短期視点では、

『高金利通貨』は買い優勢になり、その価値を高めます。

 

 

反対に、

 

 

『低金利通貨』は、短期的には『売り優勢』となるため、

必然、その効力は、前者と比較して弱い立場になります。

 

 

まさに、現在の『日本円』が置かれた状況がそれですね。

 

 

一昔前であれば、

 

 

『円安』は、輸出企業にプラス要因と捉えられましたが、

現地生産が加速した今、その評価も機能不全に陥ります。

 

 

実際、

 

 

今回の『円安進展』でも、貿易収支は赤字基調のままで、

原油・資源高まで考慮すると、状況は暫く改善しません。

 

 

この辺り、

 

 

海外の著名アナリストたちも、厳しい意見が並んでおり、

『日本円にはポジティブ材料なし』となかなか手厳しい。

 

 

ただ、『反論』が見当たらないのも、偽らざる本音です。

 

 

『有事の日本円』は、レガシー(遺産)化したのか??

 

 

『過去の常識』が、将来も通用する保証などありません。

 

 

私自身、それ(日本円)を必要以上には抱えないように、

意識しながら、自らの資産ポートフォリオを調整します。

 

 

その(日本円)の動向に、注目すべき時期がつづきます。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile