【コミュニケーション能力】と【収入レベル】が、正比例する真意とは??

今日のテーマは、『コミュニケーション能力と収入レベルが、正比例する真意とは??』です。

 

 

以前、タイトルのフレーズで記事を書いたと記憶します。

 

 

『コミュニケーション』と『収入レベル』は正比例する。

 

 

恐らく、

 

 

この主張は、理解できる人・出来ない人の両方が存在し、

後者に対しては、ネガティブに捉えられると想像します。

 

 

しかし、

 

 

あなたが、信じる・信じないという、私見には関わらず、

古今東西、人間(文明)社会を支配してきたルールです。

 

 

そして、

 

 

これからの世界においても、それは成立し、ともすると、

これまでの時代以上に『重要性』を増すかも知れません。

 

 

ただ、

 

 

間違って伝わって欲しくはないのは、私が言うところの、

コミュニケーション能力は『話の流暢さ』ではないこと。

 

 

一般的に、

 

 

『あの人は、話すのが上手い』などのフレーズを聞くと、

立て板に水が如く、淀みなく話す様をイメージしますね。

 

 

もし仮に、

 

 

それを以て『コミュニケーション力』が高いとするなら、

某公共放送局のアナウンサーは、全員が該当してしまう。

 

 

*民間放送局、タレントと境界線のない話し手の方々は、

 流暢に、正しい言葉遣いをしているかは相当疑わしい。

 

 

しかし、

 

 

『アナウンサー=コミュニケーション力高い』の等式を、

大上段に構えられると、私たちも違和感を覚えますよね。

 

 

結論、

 

 

『収入レベル』と正比例する『コミュニケーション』は、

相手に対する『影響力』により測定することが出来ます。

 

 

分かり易く言うと、

 

 

自らの『言葉』が、相手に対して『信用』を持つことで、

相手に、新たな『行動』を起こしてもらう事が出来るか。

 

 

これに尽きます。

 

 

20代の頃、

 

 

製薬企業で、会社員(MR)として働いていたのですが、

ある先輩に、途轍もなくプレゼンの下手な人がいました。

 

 

研修会等、社内向けにプレゼンする機会もあるのですが、

その人が話すと、何を言いたいのか全く分からない(笑)

 

 

当時、

 

 

私自身、まだ入社1、2年目だったと記憶していますが、

新米から見ても『ヤバいな』と思えるレベルでした(笑)

 

 

しかし、

 

 

そのような、『何を言っているのか分からない先輩』が、

営業成績が悪いかと言えば、決して、そんなことはない。

 

 

むしろ、

 

 

営業成績が優秀なグループに所属していた事もあってか、

平均よりも、上の数字を残されていたと記憶しています。

 

 

当時は、混乱しましたね(笑)

 

 

なぜ、何を言っているのか分からない先輩が、自分より、

優秀な営業成績を残すのか、営業は会話力じゃないのか。

 

 

普通、そう思うと思います。

 

 

しかし、経験を積んで、少しずつ理解しはじめたことは、

相手のことを想像して、メリット訴求することの重要性。

 

 

その前提があれば、

 

 

仮に伝える過程(コミュニケーション)が辿々しくても、

相手に『真意』は伝わるし、『行動』を起こしてくれる。

 

 

全く、問題などありません。

 

 

反対に、『流暢に話をする能力』は保有していながらも、

相手に対する『影響力』が、全くない人間も存在します。

 

 

彼らは、

 

 

『コミュニケーション』に対するうわべのスキルを学び、

テクニックを駆使して、流暢に話すことは出来るのです。

 

 

しかし、

 

 

『それが故』と言えるのかも知れませんが、その言葉は、

どこか『軽く』感じられ、空回りしている印象を受ける。

 

 

さらに、

 

 

『流暢に話す能力』はあるものの、自分目線から抜けず、

『一方通行』なコミュニケーションになりがちなのです。

 

 

自らの世界に没頭し、『客観力』を失うことも問題です。

 

 

話を戻すと、

 

 

あなたが保有する『(真の)コミュニケーション力』が、

『収入レベル』と正比例していることは、『真実』です。

 

 

何故なら、

 

 

私自身、物質的な『もの』を作っているわけではなくて、

『コミュニケーション』を軸に、事業展開しているから。

 

 

もちろん、

 

 

プロの『独立系ファイナンシャル・プランナー』として、

専門的な知識・情報は、修得していることは自負します。

 

 

ただ、

 

 

最終的には、『未来』についての不確定な話をするため、

人間としての『信用力』が、完全にものをいう職業です。

 

 

お伝えしておくと、流長に話す能力はないと自覚します。

 

 

それでも、私の『言葉』は、クライアントを動かします。

 

 

あなたの『言葉』は相手に伝わっているでしょうか??

 

 

あなたの『言葉』は、相手の行動を変えていますか??

 

 

『コミュニケーション力』

 

 

とても重要なテーマなので、ぜひ意識してみてください。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile