【風が吹けば桶屋が儲かる】理論は、複雑に入り組む現代社会でも成立する。

今日のテーマは、『風が吹けば桶屋が儲かる理論は、複雑に入り組む現代社会でも成立する』です。

 

 

『風が吹けば、桶屋が儲かる』という言葉があります。

 

 

『蝶の羽ばたきが竜巻を起こす』も類語かも知れない。

 

 

言葉の説明は本題から逸れる為、自習してみて下さい。

 

 

ロシア・ウクライナ両国間(?)で紛争が起こる最中、

ネクスト・チャイナ『インド』が経済危機に陥ります。

 

 

勿論、欧州の戦火が飛び火している訳ではありません。

 

 

ただ、

 

 

(地理的な意味での)両国間で発生した紛争によって、

同国の『主要輸入品目』が世界的高騰を見せる為です。

 

 

1つは、

 

 

私たちが居住する日本でも話題に挙がる『石油』です。

 

 

海外諸国の例に漏れる事なく、同国の輸入においても、

『ロシア産原油』は、大きなウェイトを占めています。

 

 

また、

 

 

慣例で重要な役割を占める『金:ゴールド』の価格も、

先行きの見通せない経済状況を受けて、世界的に高騰。

 

 

全体の約3割を占める、

 

 

輸入2品目(石油・金)の価格が突然上昇したことで、

インドの経常収支は、2022年に入り、急激に悪化。

 

 

元々、

 

 

『核』となる輸出産業が存在してこなかった事もあり、

経済は、その規模と裏腹に脆弱と指摘されていました。

 

 

そこに、

 

 

覇権国・米国の『利上げ』も、先日、正式決定した為、

インドからは、断続的に『マネー流出』が起こります。

 

 

実際、

 

 

それを裏付けるように同国通貨『インド・ルピー』は、

基軸通貨・米ドル換算で『過去最安値』を更新します。

 

 

また、

 

 

有価証券(株)や債権に投資している投資信託からも、

資金は流出し、当事国でないにも関わらず経済危機に。

 

 

ロシア・ウクライナ紛争とは、直接関係がないですが、

経済的観点では、両国に匹敵するダメージを受けます。

 

 

*直接関係ないとは『戦火にない』という意味であり、

 石油輸入に関しては、直接的に影響を受けています。

 

 

今回に限らず、

 

 

各国の経済活動が複雑に入り組んだ『現代社会』では、

震源地と異なる地域が『大激震』に襲われることも常。

 

 

例えば、

 

 

1990年代後半に世界を襲った『ロシア危機』など、

元々、タイ・韓国を端に発するアジア通貨危機でした。

 

 

また、

 

 

2000年代後半に発生した『サブプライム危機』は、

本国・米国から大西洋を渡り、欧州にまで『飛び火』。

 

 

最終的に、

 

 

ギリシャの国家戦略的な『粉飾決算』をも暴くに至り、

実質的なデフォルト(債務不履行)に追い込みました。

 

 

決して、『対岸の火事』と楽観視してはいられません。

 

 

以前から、

 

 

公式ブログを通じて情報発信させて頂いているとおり、

日本経済が、構造的(?)危機にあることは確かです。

 

 

しかし、

 

 

実際のトリガー(引き金)は、日本の本体からでなく、

まったく違った場所からやって来るのかも知れません。

 

 

この辺り、

 

 

デフォルト常連国のアルゼンチンでは、有名な言葉で、

『経済危機の前日は、いつも宴会』と表現されている。

 

 

『常に備えよ』は、本当に大切な言葉かも知れません。

 

 

『資産形成』とは、平時から実行することが重要です。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile