『デフォルト』後の世界では、何が起こるのか??

今日のテーマは、『デフォルト後の世界では、何が起こるのか??』です。

 

 

この公式ブログでも、これまで取り上げてきたテーマですが、

私たちが生活する『日本国』の経済状況は、とても悪いです。

 

 

しっかり熟知されている方々からしたら、

冒頭から『何を今さら』という話ですよね(笑)

 

 

ただ、

 

 

この公式ブログを読まれている方々は意識が高いと思いますが、

『世間一般』でまとめられる方々は、その辺、ほとんど意識してないのが実情です。

 

 

その証拠に、

 

 

『日本経済が、どの程度危機的状況か説明してください。』という質問に、

まともに回答できる人は、ほとんどいないのではないでしょうか??

 

 

確かに、

 

 

経済的な『有事』が起こるであろう、『Xデー』は誰にも正確に言い当てられません。

 

 

それは、『今日』じゃないかもしれない。

 

 

『明日』でもないかもしれないし、『一週間後』でもなさそうだ。

 

 

こうなってくると、多くの方々の優先度では『日常』が上になり、

『人はいつか死ぬけど、そのいつかは今日じゃない』理論と同じ感覚になります。

 

 

『いつか』となった途端に、『永遠』と勘違いしてしまうんですよね。

 

 

でも、それはあり得ません。

 

 

日本国の単年会計である『一般会計予算』は、

2015年度から『補正』も含めて『100兆円』を超えるようになりました。

 

 

わかりやすく言うと、

 

 

『日本国』を運営するのに、年間『100兆円』のお金が必要なんですね。

 

 

それに対して、

 

 

税収・その他の収入を合わせた歳入合計は、年間『60兆円』を少し下回る程度。

 

 

『ん??』、と思われる方は、いらっしゃいますよね。

 

 

そう、『歳入:60兆円』に対して『歳出:100兆円』と、

完全に『収入』を超える『支出』を計上しながら運営されている訳です。

 

 

その足らずの『40兆円』(*一言で言っても物凄い金額ですが。)はどこから来るかと言うと、

毎年、新たに『国債』を発行して、要は『借金』を積み上げながら工面していっています。

 

 

そして、

 

 

今まで積み上げた、その『借金』総額は、実に『約1300兆円』!!

 

 

いや、正直、金額が大き過ぎて、もはやよく分からない事態になっていますね(笑)

 

 

この借金のレベルがどれほど『ヤバイ』か、

それを測る1つの指標に『GDP(国内総生産)』との比較があります。

 

 

要は、

 

 

日本国内で1年間に生み出された『価値』の総和に対して、

『国家債務』の比率が、どの程度の割合になっているかを調べます。

 

 

ところで、

 

 

皆さん、日本の『GDP』を知っていますか??

 

 

小学生のお子さんがいらっしゃるご家庭などは、

帰宅してお子さんから上記の質問を聞かれて、答えられますか??

 

 

きっと、怪しい人も結構いらっしゃいますよね(笑)

 

 

正確な数字は誰にも感知不能ですが、

現在、日本のGDPはざっくり『500兆円』ほどと言われています。

 

 

第二次安倍政権(アベノミクス)発足当時は、このGDPの値を、

『2020年(東京五輪)までに600兆円にする!』と叫んでいましたが、

流石に『年率15%』の経済成長は厳しかったらしく立ち消えになりました。

 

 

その後、

 

 

集計方法の変更等、涙ぐましい数値操作も行われましたが、

兎に角、『日本のGDPはざっくり500兆円超』と覚えておいてください。

 

 

これが、個人レベルで考えた際の『収入』として考えられます。

 

 

それに対して、

 

 

先ほどもお伝えさせて頂いたように、『国家債務』は『1300兆円』程あり、

『国家の収入( GDP)』に対して、実に『200%』を超える比率になっています。

 

 

『個人』の経済状態でもこれが『ヤバイ』レベルであるのと同様、

『国家』であっても、この危険水準に対する評価は変わりません。

 

 

過去、

 

 

この『GDP比200%』の債務数値を超えた国家の末路は悲惨ですが、

現在、私たちが生活する『日本』も、今その真っただ中にいるという事です。

 

 

どうですか??

 

 

『日本経済』のヤバさ、お分りいただけたでしょうか??

 

 

私は今月で34歳を迎えますが、幸か不幸か、

これまでの人生の中で、まだ『デフォルト』を経験したことがありません。

 

 

なので、

 

 

実際に、日本国の『Xデー』がきた際、

その後の生活がどのように変化するのか、正確には知り得ません。

 

 

しかし、

 

 

いつもお伝えしているように、世界には少し先行く国がある訳で、

その国で起こっている事を観察すると、大方の予想は立てられるようになります。

 

 

いつかの公式ブログでも取り上げましたが、

『米国領プエルトリコ』は、昨年、デフォルトを宣言しました。

 

 

要は、

 

 

『債務』に対して返済する見込みが付かず、

返済する戦意すら喪失してしまったので、事実上の『敗北宣言』してしまったんですね。

 

 

慢性的な経済状況悪化に加えて、

昨年9月に同地域を襲った大型ハリケーン『マリア』が、彼らに止めを刺しました。

 

 

2016年時点で、同自治領の居住人口は『約340万人』と推計。

 

 

それまでの経済状況の悪化から、

 

 

それ(居住人口)を『200万人』上回る『約540万人』が

(同国なので移住可能な)米国本土へ移住してしまっていたとのこと。

 

 

もちろん、

 

 

『デフォルト』宣言後の人口流出は止まることはなく、

昨年5月以降からの『1年弱』ほどの期間の中で、『約4万人』が新たに流出しました。

 

 

居住人口の『1%』を超えている訳ですから、

そのインパクトの大きさが伺い知れると思います。

 

 

これを受けて、

 

 

同自治領にある教育機関『約1100校』のうち、

『283校』が生徒激減の煽りを受けて、この夏までに閉校する予定。

 

 

『デフォルト』した国家・地域の公共サービスは劣悪でしょうから、

『社会保障』も崩壊しているであろうこの地域に、

好んで残るような『物好きな人』など、ほとんどいないと考えられます。

 

 

要は、

 

 

『半数』を超える居住者が出て行っている現状で、

自治領内に残っている住民は、『逃げることが出来ない人』なのです。

 

 

その理由は、

 

 

米国本土へ移住しても、『価値』を生み出し、『収入』を得ることが出来ないのが1点。

 

 

そして、

 

 

国家的な『有事』に直面しているにも関わらず、

それに対して一時的にでも対応するだけの『経済的基盤』を築いていない方々がそうです。

 

 

これ、

 

 

本当に『対岸の火事』で済まされるのでしょうか??

 

 

確かに、

 

 

現時点では『遠い異国の地』の話として、

『米国自治領プエルトリコ、大変やなぁ。』で終わっているかも知れません。

 

 

でも、

 

 

この現実は、『いつか』必ず『日本』にもやってくる話です。

 

 

そして、

 

 

その『いつか』は、私たちが想像するよりも遠い未来ではなく、

私たちが『人生』を全うするまでの間に、確実にやって来ます。

 

 

さて、皆さんはそれに対して『準備』が出来ていますか??

 

 

『他者の経験』に学ぶことが出来る方々だけが、

どんな時代の『波』がやって来ようとも、乗り越えていける『賢者』だと思います。

 

 

■3組限定■4月25日、26日東京開催お金のセッション■

*約半年ぶりに、東京出張にて『お金のセッション』を開催します。

****詳細はこちらからご確認ください****

 

 

『有事に向けて着実に準備する為、資産形成をスタートしたい!』という方に、

最適なセミナーを、今月は4月24日(火)19:30スタートにて大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年4月24日(火)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

>>>>セミナーご案内ページはこちらをクリックください<<<<

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile