『ブラックスワン』への備えを怠った人々の末路。

今日のテーマは、『ブラックスワンへの備えを怠った人々の末路』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、『日本経済悲観論は不要なのか??』という話をしました。

 

 

『お金』『資産形成』というテーマの発信をする場合、

より『ポジティブ』な話題を提供した方が、受けるのかも知れません。

 

 

また、

 

 

『お金』というテーマに限らず、あらゆる全ての分野で、

『現実』を直視するのは苦痛を伴い、それから目を逸らして生きる方が『楽』です。

 

 

ただ、

 

 

(*人生を通して逃げ切れたら良いのでしょうが。)

それを続けたところで『課題』の根本解決にはならず、

むしろ、先送りした『リスク』は顕在化した際には挽回不可能になります。

 

 

私自身、

 

 

それほど強い人間では無いので、偉そうに言えませんが、

どこかのタイミングで意を決して、現実と向き合い、

『具体的なアクション』を起こして行くことが大切と考えます。

 

 

『ブラックスワン』

 

 

皆さんは、この言葉を知っているでしょうか??

 

 

決して、

 

 

動物としての『ブラックスワン』そのものを言っているのでは無く、

『イベント発生時、大きな衝撃を与えるもの』と比喩として使われます。

 

 

かつて、

 

 

『白い』ことが当たり前だと考えられていた『白鳥』の中に、

(突然変異か何か?)『黒い』ものの存在が明らかになった時、

世間に多大なるインパクト(衝撃)を与えたことに由来します。

 

 

例えば、

 

 

私は『保険』という金融商品は否定派として活動していますが、

それでも、『火災保険』に加入していない人は存在しないと思います。

 

 

『定住する家を持っていない』という特殊な方々は『例外』ですが、

人間としての生活を営む上で、『住環境』を保有している人にとって、

『火災保険』は『ブラックスワン』への備えとして必要不可欠です。

 

 

この場合、

 

 

『ブラックスワン』に該当するのは、もちろん『火災』で、

自身の責任で出火した時、その責任を背負いこむのは、

『個人』としては莫大なものになる恐れがあるからです。

 

 

また、

 

 

日常的に自動車を運転する方々では、自賠責は義務なのでもちろん、

任意の『自動車保険』に追加加入していない人もまずいないでしょう。

 

 

これも、

 

 

決して起こってほしくは無い事象ですが、

自動車に関する『ブラックスワン』も、発生時には多大なる脅威となり得ます。

 

 

このように、

 

 

『保険という金融商品も、確率計算して入らないといけない』とは言うものの、

イベント発生確率が低くても、発生時のインパクトが莫大なものには『備え』は不可欠です。

 

 

最近、

 

 

西日本を中心とした集中豪雨や、活動拠点とする大阪では大きな地震もありましたが、

あの出来事を経験して、『もう数十年間はないからええやろ』となる人はいないと思います。

 

 

自身が経験した『ブラックスワン』から適切に学び、

将来に対する、適切な『備え』ができる方々が、様々な波を乗り越えていける方ですよね。

 

 

ただし、

 

 

この方法に問題があるとしたら、

それは、『ブラックスワン』を経験した人以外は、あくまで『他人事』でしかないという事。

 

 

私を含め、

 

 

多くの方々は『経験』『体験』からしか学ぶことが出来ず、

『ブラックスワン』に直面した時、それが『初体験』である事が多いのです。

 

 

その場合は、どうしたら良いのでしょうか??

 

 

その『答え』は、リアルタイムでその事象に遭遇している『他者』から学ぶのです。

 

 

例えば、

 

 

『国家』単位での経済危機に直面している国・地域を、

皆さんは、果たしてどれだけ知っているでしょうか??

 

 

残念ながら、

 

 

『平和ボケ』し切ってしまった日本国民の大多数は、

『え??今、経済危機に陥っている所なんて、あるの??』と言った反応だと思います。

 

 

数年前、

 

 

ユーロ危機の発端となった『ギリシャ』も、全く問題解決していないですし、

強烈なハイパーインフレに見舞われた『ジンバブエ』なんかもありますよね。

 

 

さらに、

 

 

経済状況が悪化した国・地域ではインフレ・デノミのセット販売も常ですし、

財政破綻した『米国領:プエルトリコ』も、公共サービスはストップしています。

 

 

日本のメディアは、意図的か無意識かわかりませんが、

このような世界の『シビア』な状況を映そうとはしません。

 

 

結果、日本人はさらに、『平和ボケ』を日々強めていくことになるのです。

 

 

『ベネズエラ』という国も、然りですよね。

 

 

こちらは報道も出ているので、ご存知の方も、少しいらっしゃると思います。

 

 

『IMF(国際通貨基金)』の発表では、同国のインフレ率は、

2018年内で『100万%』にも達するという推測が出ています。

 

 

いや、数字をしっかり見てくださいよ(笑)

 

 

例えば、

 

 

インフレ率が『プラス100%』と言われても、

1年間の間に物価が『2倍』になる事ですから、なかなかの異常事態だと思いますよね。

 

 

日本も緩やかに物価が上昇していて、

私が子供の頃に『100円』で売られていたジュースやお菓子は、

現在では『150円』程まで値上がりしている事もザラにあります。

 

 

ただし、それでも『20年間』ほどの時間がかかっているのです。

 

 

そういった『経験則』から考えてみると、

『1年間で2倍』の値上がりも、相当なものである事がわかります。

 

 

しかし、

 

 

『ベネズエラ』という国のインフレ率は常軌を逸していて、

『100【万】%』という、表現のしようもない、途轍もない数字になっています。

 

 

このような状況では、

 

 

日常の生活必需品に加えて、食料、医薬品も恒常的に不足し、

同国では、国外脱出して難民になる人が後を絶たちません。

 

 

さらに、

 

 

昨夜から今日にかけて新たなニュースも出てきていて、

なんと、通貨価値を『5桁』切り下げる、『デノミネーション』の実施も決定しました。

 

 

現在、

 

 

ベネズエラの流通通貨は『ボリバル・ソベラノ』ですが、

当初、8月4日付けで考えていた『3桁切り下げ』では間に合わず、

8月20日付け『5桁切り下げ』での実施が確定的になっています。

 

 

これにより、当然の話ですが、

『10万ボリバル・ソベラノ』が『1ボリバル・ソベラノ』になります(笑)

 

 

我が身に置き換えて考えると、

『10万円』という貨幣価値が、ある時を境に『1円』まで下落してしまうのです。

 

 

どうですか??

 

 

この切実で、緊迫した状況、少しだけわかってきたでしょうか??

 

 

決して『ベネズエラ』が特別なのではなく、

経済状況が悪化した国において、このような事は普通に起こります。

 

 

リアルタイムに事象が発生している『他者』に学び、

『ブラックスワン』に対する『備え』をする人だけが、

自らを助けて、希望ある人生を過ごしていけるのです。

 

 

『ブラックスワンに備え、資産形成をスタートしたい!』という方に、

最適なセミナーを、大阪・梅田は、明日7月27日(金)に開催致します。

 

 

*テーマは『つみたてNISA』となっていますが、会場では、

 リアルな場だからこそ、ご提供できる情報もお伝えさせて頂きます。

 

 

■2018年7月27日(金)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile