『情報流出時代』には、ある種の『割り切り』も必要。

今日のテーマは、『情報流出時代には、ある種の割り切りも必要』です。

 

 

『情報流出時代』

 

 

このフレーズ(私が今日作ったものですが。)を聞いて、

『その通りやな』と、直ぐにご納得頂ける方々も多いと思います。

 

 

SNS全盛のこの時代、

 

 

本人の意識・無意識に関わらず、

日々、多くの『個人情報』が流出し続けています。

 

 

例えば、

 

 

Facebook、Instagram等の投稿をある程度追っていけば、

『行動圏』『行動パターン』が分かる方々も多いのでは無いでしょうか??

 

 

また、

 

 

数年前に流行した『インスタ映え』なるパラメータを差し引いて考えると、

その人の『思考』『趣向』『経済レベル』等も大方分かるかも知れません。

 

 

勿論、

 

 

そういった『公開情報』も、意図的に解析している人間がいる事は明らかで、

そこで得られた情報は、私たちの意図しない所で売買されていると予想されます。

 

 

他にも、

 

 

インターネットの『閲覧履歴』や『購買行動』等も、

明らかに『第三者』に提供されて、経済活動に『活用』されて居ますよね。

 

 

私自身、

 

 

ここ数ヶ月、某バッグ・ブランドの広告が頻繁に出現して来ますし、

ニュースフィードのタイムラインにも、スポーツ、金融関連記事が多く出現します。

 

 

明らかに、私の『行動』に基づくデータを浴びせられています(笑)

 

 

更に、

 

 

きちんとした(?)企業に提供する『個人情報』に関しても、

確実に、その後ろで『流出』し、『売買』されていると考えて間違い有りません。

 

 

形式上、

 

 

『ご提供頂いた情報は厳正に管理し第三者に対して提供、、』云々述べていますが、

その企業に所属する社員が『小遣い稼ぎ』に、せっせと『情報屋』に売っています。

 

 

先日、

 

 

某公共放送局が、特別番組を編成し、『少年詐欺』に関する、

事実に基づく『ドキュメンタリー調・ドラマ番組』を放送していました。

 

 

何でも、

 

 

現在、全国で補導されて『少年院』に送致される対象者の中で、

『(オレオレ)詐欺』に関する該当者が、第1位に上り詰めているそうです。

 

 

詳しい方もいらっしゃるかも知れませんが、

 

 

下は『受け子』と呼ばれる『現金受け取り役』の少年から、

『運転手』『箱長(リーダー)』等々、役割は細分化されています。

 

 

最初は『物を受け取るだけ』といった簡単なアルバイト感覚から始まり、

数回の経験を積み、気付いた時には組織から向けられなくなる構図のようです。

 

 

話が逸れたので、元に戻します。

 

 

その『ドキュメンタリー調・ドラマ番組』の中でも、

少年詐欺師グループが、『情報屋』から情報を売買する場面が出て来ました。

 

 

勿論、

 

 

といって良いか分かりませんが、『情報屋』サイドも活用方法を熟知しており、

自身が販売している『個人情報』が、『詐欺』に使われる事を知っているそうです。

 

 

そう考えると、

 

 

『詐欺』を行う少年グループも当然『犯罪者』ですが、

それが行われる事を知っていて、提供する『情報屋』というビジネスの罪も、相当深い。

 

 

要は、

 

 

その『情報売買』を行う当事者間では、全く罪の意識がなく、

それほど『ライトな感覚』で、取引が行われているという事。

 

 

振り返ると、

 

 

季節行事のように、毎年、ある一定時期になると、

不動産屋さんから『投資物件販売』の営業電話が、集中的に来ることも頷けますね。

 

 

こちらとしても、

 

 

『どこで情報を買ったんだ!』と野暮な事を聞いてもしょうが無いので、

そうと分かった瞬間『秒』で切るという対応をする他、仕方有りません。

 

 

『情報流出時代』、お分かり頂けたでしょうか。

 

 

より大きな規模で見ると、最近、次のような報道も出ていました。

 

 

『米Facebook、大量の利用者情報が、Amazonクラウド上に不適切保管』

 

 

某サイバー・セキュリティー会社の報告によると、

 

 

Facebook利用者の『認証番号』『コメント』『アカウントネーム』等、

全世界『約5億4000万件』の記録を、アクセス制限を設ける事なく、

Amazonのクラウド・サービス上に、公に掲示される形で保管されていた、と。

 

 

また、

 

 

他のアプリ(現在は既に使用不能)のデータベース上では、

Facebookに関する上記同様の『個人情報:約2万2000人』分が掲載されていたと言います。

 

 

『個人情報』は、だだ漏れです。

 

 

ここ数年、

 

 

『Facebook』に関する情報漏洩問題は深刻化を増しますが、

ここまで巨大化・肥大化した同組織を、厳格管理するのは、現実問題として不可能です。

 

 

これからも、

 

 

私たちが、SNSにより『個人情報』を自ら発信し続ける限り、

そして、リアルな経済活動の中で『個人情報』を提供する限り、

私たちの『個人情報流出』は、決して無くならないと考えた方が良い。

 

 

ある種、『割り切り』です。

 

 

私自身、そういう気持ちで、日々、情報発信を継続しています。

 

 

もしも、

 

 

あなたが『個人情報』を他人に知られたく無いのであれば、

『ネット』『リアル』両面で、『情報』を提供せずに生きていく事が最善策です。

 

 

しかし、

 

 

現代社会に生きている私たちにとって、

『最善策』として提示させて頂いたこの方法は、決して『現実的』では無いですよね。

 

 

それであれば、

 

 

『リスク』『ベネフィット』をきちんと判断し、

『後者』が大きくなる時、若しくは、必要不可欠な時にだけ、

『個人情報』を提供するように心掛けて、日々過ごすと良い。

 

 

そして、

 

 

『本当に大切な情報』は、決して、安易に他者に提供せず、

自身できちんと『管理』して、生きていく必要が有ります。

 

 

『情報流出時代』を生き抜く中で、この感覚を持つことは、

『資産形成』『ビジネス』両面において、とても大切だと常々考えています。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は大阪・梅田4月24日(水)、神戸・三ノ宮4月25日(木)の日程にて開催します。

 

 

■2019年4月24日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2019年4月25日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile