『禁断の領域』に、メスは入るのか??

今日のテーマは、『禁断の領域に、メスは入るのか??』です(^_^)★

 

 

先日、某報道機関が実施した、

安倍晋三首相の独占インタビュー記事の見出しに目を奪われました。

 

 

そのタイトルとは、、、、

 

 

『首相、社会保障の高齢者中心を是正』

 

 

どうでしょうか??

 

 

20代、30代、40代の私たち現役世代としては、

かなり魅力的で、期待が持てるタイトルですよね。

 

 

会社員の方々の中には、

 

 

毎月、会社から『支給される給与』と実際の『手取り金額』の差から、

『税金各種』『社会保険料』『公的年金』負担の大きさを痛感している方もいるでしょう。

 

 

いくら会社サイドが『ベア』してくれたり、

自身が一生懸命働いて『昇給』したとしても、

 

 

実際にそれが『手取り額』に反映されるまでの道のりは、

果てしなく遠く感じてしまっているかも知れません。

 

 

そもそも、

 

 

『社会保険料』『公的年金』の徴収比率は年々増加し、

一旦、頭打ちになったものの、日本の財政を考えたら、

今後も、再度アップレーションがかかるのは目に見えています。

 

 

私は『国民健康保険』『国民年金』に加入していますが、

この制度が強制加入のシステムでなければ、決して入りたくはないと考えています。

 

 

改めて、『国家』というシステムの暴力性を実感しますね(^_^)

 

 

自分たちには決して『リターン』が返ってこないにも関わらず、

自分の『意思』に反して、強制的に自身の『資産』を徴収されてしまう。

 

 

日本人の多くが『経済オンチ』であることは、

『知らぬが仏』で、実は、その方が幸せなのかも知れません。

 

 

『前置き』が超絶に長くなりましたが、

この首相独占インタビューのタイトルは、その改善を期待するものでした。

 

 

公式サイトブログでは、

 

 

『日本』の財政状況の悪化については、

何度となく述べているのでここでは控えます。

 

 

その財政状況の悪化に歯止めをかけ、家の収支を改善していくためには、

『社会保障費』という『禁断の領域』にメスを入れる必要がある。

 

 

具体的に言えば、

 

 

『社会保険』でカバー出来る医療行為の範囲を狭め、

介護、福祉分野のサービスに対する保障を減らし、

高齢者への『年金』支給額を減額 or 支給対象制限していくことです。

 

 

この文章だけ抜粋されてしまうと、

私が述べていることは、何か『非人道的』なものに取られ兼ねません。

 

 

しかし、

 

 

本当に、日本の財政健全化を達成するには、

これを地道に実行していくことしか、方法は残されていないと考えます。

 

 

果たして、

 

 

今回、安倍首相は、『禁断の領域』にメスを入れ、

日本の財政健全化を、真の意味で推し進める覚悟をされたのでしょうか??

 

 

結論から言うと、

 

 

この期待を込めて読んだ方には『肩透かし』で、

要は、『子供世代』への財源支給を拡充し、

社会保障を『精神的トントン』に持って行こうと考えているだけでした。

 

 

『教育国債』なるものを新規に発行し、

それを財源として、『幼児教育無償化』『高等教育負担軽減』としていくもの。

 

 

確かに、

 

 

子供への『教育』は国の将来を左右する最重要項目で、

この分野への社会保障拡充は、とても素晴らしいことです。

 

 

しかし、

 

 

この政策では、『日本の財政健全化』については何も解決しません。

 

 

加えて、

 

 

『社会保障費』という『禁断の領域』にメスを入れることなく、

『教育国債』(果たして、どこで消化するのか??)まで発行された日には、

現役の労働世代への負担は、今にも増して甚大なものになってしまいます。

 

 

皆さん、『経済』の動きを日々ウォッチしていますか??

 

 

これまでは、『お金のことは、よくわからない』でやって来れました。

 

 

でも、ここからの時代は違います。

 

 

私たちが居住、生活する『日本』という国においては、特にです。

 

 

日本の経済、財政がどのように動いていくか日々感じ、

一人一人が、自分で『人生』の舵取りをする時代が来ているのです。

 

 

皆さんが自身のライフプランを真剣に考えて、

現状をしっかり理解し、資産形成のスタートを切って頂くことを願います。

 

 

来週末9月24日(日)、25日(月)は東京に行きます。

東京での『お金のセッション』受講希望の方は、こちらをご覧ください。

 

 

■4組限定!9月24-25日東京セッション開催決定■

*詳細はこちらをクリックください*

 

 

活動拠点である『大阪』でも、面談は随時募集しております。

 

 

『具体的に、資産形成をスタートしたい!』と感じた方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください(^_^)★

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

 

それでも、『いきなり個人セッションも勇気がない』という方もいらっしゃると思います。

 

 

その場合は、

 

 

『資産形成』のスタートアップに最適なセミナーを、

来月9月27日(水)19:30より大阪・梅田で開催しますので、

ぜひ、こちらを有効活用頂けたら幸いです(^_^)★

 

 

■9/27(水)開催!将来のお金の不安が消えるセミナーin大阪・梅田■

*セミナー詳細はこちらをクリック*

 

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

本当に人生は好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております(^_^)★

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile