『金の卵を生む鶏』は、日本から滅んでしまうのか??

今日のテーマは、『金の卵を生む鶏は、日本から滅んでしまうのか??』です。

 

 

通常の『ゴールデンウィーク感』のないまま、

2020年のそれが、過ぎ去ろうとしてます。

 

 

1つの目処とされた『緊急事態宣言』という名の区切りも、

期間延長されたことで、『間延び感』が出て来ていますね。

 

 

元々、

 

 

『引き篭もり』の癖があった方々は、苦でないかも知れませんが、

私も含めて、『その他大勢』にとっては、辛抱の期間が続きます。

 

 

世間では『◉◉チャレンジ』なる企画が横行しているようですが、

それが更に、『コロナ疲れ』を誘発しているとの意見も有ります。

 

 

要は、

 

 

多くの方々が、『ストレス』を溜め込んでいるということでしょう。

 

 

大半の方々にとって、

 

 

今年の『大型連休』は、週末(5月10日)まで続くようですが、

5月11日以降に関しても、経済活動の先行きは『不透明』です。

 

 

それどころか、

 

 

感染症としての『新型コロナ・ウイルス』の終息はかなり先ですから、

『緊急事態宣言』の動向如何に関わらず、暫く解決はしないでしょう。

 

 

そうなると、

 

 

『アフター・コロナ』で表現される世界は、今と一変することになり、

『ビフォー・コロナ』の世界が戻ることは期待しない方が良いですね。

 

 

実際、

 

 

ここまで、連日、『潮流』の変化する時代に生きるも珍しく、

『大型連休』にも関わらず、世界はバンバン変化しています。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『日本社会に残る、10000倍ルールを知っていますか??』と題して、

現代日本にも、未だ根深く残る『カースト制度』についてご紹介しました。

 

 

簡単に言えば、

 

 

近代日本を作るきっかけとなった『明治維新』前後、要職を務めた、

既存幕府、武家の人間が、『貴族階級』として君臨し続けています。

 

 

最も象徴的なのが、

 

 

『国会議員』という職業になれる人間の割合で、『民間人』と比較して、

『世襲議員』は、『10000倍』も選挙に当選しやすくなっています。

 

 

今回の騒動を通して、

 

 

与党・野党含めて、『日本政府』全体の対応の不味さが叫ばれますが、

元々『貴族階級』である彼ら・彼女らに、『民間人』の気持ちは分かりません。

 

 

『リスク』が顕在化した2月以降、

 

 

『収入減少』し、『廃業』『自殺』に追い込まれる方々が沢山いる状況で、

議員報酬(約5000万円)確約の彼ら・彼女らに、理解しろという方が、酷です。

 

 

いや、本当は『酷』でも何でも無いのですが、

『過度な期待』を抱いても、仕方有りません。

 

 

ここまで、

 

 

具体的な『経済支援』の実績が、まったく無い『日本国』ですが、

このスピード感では、本当に『大倒産時代』の到来は免れません。

 

 

事実、

 

 

連日、ビッグネームの『コロナ倒産』速報が流れている現状、

『名もない企業』は、その何十倍から何百倍も消えています。

 

 

『個人事業主』『フリーランス』という立場の方々まで広げると、

日本全体で、報道と乖離した『莫大な数』の方々が、失職している事でしょう。

 

 

にも関わらず、

 

 

依然、『国会議員』という職業の方々の中には、

『これを機に、零細企業を淘汰しよう』という考え方すらあると言います。

 

 

本当に、理解されていないんですね。

 

 

彼ら・彼女らが、『確約されている』と考える議員報酬ですが、

当然の事ながら、財源は、国民から徴収している『税金』です。

 

 

元々、

 

 

『コロナ危機』が顕在化する以前から、昨年の『消費増税』を受けて、

『日本経済』の循環スピードの落ち込みは、叫ばれ続けてきました。

 

 

原則として、

 

 

『税金』というものは、『お金の移動』に課せられる性質がある為、

国家全体の『循環スピード』が減速すれば、減少する事になります。

 

 

2020年は、

 

 

仮に、『通常営業』していても落ち込むことが予測される『消費』を、

『東京五輪』という劇薬を投入する事で、何とか乗り切る算段でした。

 

 

が、

 

 

ご存知の通り、その『飛び道具(東京五輪)』も封印される事となり、

併せて、『新型ウイルス』により、全経済活動がストップしています。

 

 

つまり、

 

 

このままいけば、2020年の『国家税収』は激的レベルに減少し、

国家運営にかかる『財政』は、壊滅的な結果になると予想されます。

 

 

恐らく、酷過ぎて、公表できないかも知れませんね。

 

 

そこに加えて、

 

 

今、『金の卵を生む鶏(企業・事業主)』を殺すということは、

『アフター・コロナ』時代においても、『終焉』を意味します。

 

 

一般的に、

 

 

『お金』は、経済全体としての『血液』に例えられる事がありますが、

企業・事業主は、その血液を循環させる為の『ポンプ(心臓)』です。

 

 

それを減少させてしまったら、『お金(血液)』は回らない。

 

 

古今東西、

 

 

『経済』『国家財政』が悪化した際には、『日本国』に限らず、

多くの国々で『金の卵を生む鶏』が、目の敵にされてきました。

 

 

『真理』として、

 

 

本来『執るべき政策』とは、ベクトルが完全に『逆』なのですが、

『大衆心理』を操作しやすい為か『同じ過ち』が繰り返されます。

 

 

大型連休中の『外出自粛キャンペーン』が奏功してか、

ここ数日、感染者増加数は、一時停滞しているとの報道が流れます。

 

 

しかし、

 

 

この『ポジティブ』な報道とは裏腹に、日本政府の拙い対応が続けば、

もう一段、二段、若しくはそれ以上の『経済減速』が必ず到来します。

 

 

そのことをしっかりと意識して、

今以上に『備え』を拡充されることを、お勧めします。

 

 

尚、

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今月(5月)以降も暫くの期間、

大阪・神戸ともに、『完全個別:Zoom受講』へと切り替えて行います。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う、事態の早期収束・終息と、

ご覧頂いている皆様のご健康を、心より、お祈り申し上げます。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile