『金:gold』は、未だポートフォリオに含めるべきですか??

今日のテーマは、『金:goldは、未だポートフォリオに含めるべきですか??』です。

 

 

最近、この手の質問をクライアントさんを中心に頂きます。

 

 

昨日の公式ブログでも取り上げましたが、先月は、

『トルコ』を震源とした、新興国通貨の下落ドミノが発生しました。

 

 

それは、

 

 

発端となった『トルコ』が落ち着きを見せてきた今尚、

南米を中心に、経済不安のある新興国諸国で燻り続けています。

 

 

また、『対米国』で関係性が悪化している国・地域も多いですよね。

 

 

今年に入り、現在の世界の『二大大国』である米国、中国が、

お互いに貿易の主導権を握ろうと、『関税合戦』を繰り広げています。

 

 

それ以外にも、

 

 

『北朝鮮』も未だに世界政治の話題から外せないトピックスですし、

『中東諸国』においても、『地政学リスク』の火種は燃え続けています。

 

 

『サブプライム・ショック』から10年という時間が経過し、

順調に経済回復し、活況を見せる米国経済と、それに引っ張られる先進諸国。

 

 

しかし、

 

 

冷静に『世界経済』を眺めてみると、『リスク』は至る所に転がっており、

世界経済全体は、先行きの見えない『不透明感』が充満していると思うのです。

 

 

にも関わらず、

 

 

現在の世界市場においては、

少し、これまでの歴史では考えにくい出来事が起こり続けています。

 

 

皆さん、それが何だかわかりますか??

 

 

それが今日のタイトルで取り上げた『金:gold』の話で、

世界的に不透明感が充満する中、『金価格』はここ数年低迷し続けているのです。

 

 

私自身、

 

 

保有する『金関連ファンド』のパフォーマンスは散々たるもので、

その嘆きも込めて、1ヶ月ほど前に『金は輝きを取り戻せるか??』という記事も書きました。

 

 

(*それでも、分散ポートフォリオの一部に過ぎず、全治的な影響は出ていませんが。)

 

 

このように『火種』が世界のあちこちにある状況では、

いつ発火するかも知れない『リスク』を恐れて、

安全資産としての位置付けの『金市場』に資金流入が起こるはずです。

 

 

しかし、

 

 

繰り返しになりますが、『金価格』は低迷しており、

現在、『1トロイオンス=1200米ドル前後』で推移しています。

 

 

少し過去を振り返ると、

 

 

『サブプライム・ショック』『ソブリン・リスク』と続いた2011年当時、

史上最高値を付けた『1900米ドル強』から考えて、『約60%』に低迷していますね。

 

 

少し余談になりますが、

 

 

刑事変動が予想される時、資金流入する貴金属は『金』だけでなく、

『銀』『プラチナ』等も同等に扱われることがあります。

 

 

実は、

 

 

現在、これらの『コモディティ(商品)』も価格低迷しており、

『耐用消費財』としての役目も担うこれrの価格低迷は、

世界経済全体が減速傾向にある兆候だとも言われています。

 

 

話を元に戻すと、

 

 

何故、どちらかと言えば現在は『有事』であるにも関わらず、

世界市場で『金価格』が低迷し続けているのでしょうか??

 

 

それは、

 

 

世界を主導し、堅調な経済を誇る、米国の『債権』との関係性が挙げられそうです。

 

 

当たり前の話を、改めて確認しておくと、

 

 

『金(現物保有・ETF含む)』には有価証券のような『配当』はなく、

その保有により利益を得るには、単純に『価格上昇』しかありません。

 

 

それに対して、

 

 

前述の『米国債』は、現在、『年率3%前後』で推移しており、

この数字から『物価上昇率』を引いた『実質金利』はプラスを記録しており、

この状況下においては、『金』に資金投入するメリットは小さくなります。

 

 

何故なら、

 

 

『無リスク(実際は存在しますが)』で投資できる『債権』で、

それだけの『(実質)利回り』が確保できている現状で、

『インフレリスク』に対する備えは優先順位が低いからです。

 

 

タイトルに戻りますが、

 

 

『金:goldは、未だポートフォリオに含めるべきですか??』の質問の回答に、

私自身、現時点では『非常に悩ましく考えている』というのが実際です。

 

 

事実、

 

 

クライアントさんへの回答以前に、

自分自身の『ポートフォリオ』を考えた場合も、判断をし兼ねている部分もある。

 

 

ただし、

 

 

前述の状況、『長期国債金利』から『物価上昇率』を引いた値、

『実質金利』がマイナス領域に突入する時期は必ず来るわけで、

そうなった時、再び、『金:gold』は輝きを取り戻すはずです。

 

 

それを信じて、

 

 

もう少し気長に、『金』というコモディティ(商品)を見ていても良いかと考えます。

 

 

『金融リテラシーを高め、資産形成していきたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は神戸・三ノ宮9月19日(水)、大阪・梅田9月26日(水)に開催致します。

 

 

■2018年9月19日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年9月26日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile