あなたは、『健全な危機感』を抱いていますか??

今日のテーマは、『あなたは、健全な危機感を抱いていますか??』です。

 

 

気がつけば、先日から『GW』がスタートしていたんですね。

 

 

と言っても、

 

 

事業者としては、例年同様、大型連休はそれほど関係ないですが(笑)

 

 

ただ、

 

 

今年に関して言えば、月初からの『出勤自粛』や『時短勤務』等もあり、

また、連休中も『外出自粛』ですから、皆さん共通感覚かも知れません。

 

 

私自身、『リアル』に人と会う生活をストップして、3週間が経ちます。

 

 

同様の生活をしている方々は、共感して頂けると思いますが、

この生活は、この生活で、中々、精神的にキツイですね(笑)

 

 

いくら、Webを活用して面談、飲み会等を開催していても、

やはり、『リアル』に人と会う感覚とは、当然異なります。

 

 

Webを通しては、毎日、『人』とお会いし、お話ししていますが、

どうも『昭和世代』を生きる人間は、心底は馴染めないようです。

 

 

『同じ感覚』をお持ちの方も、居るのでは無いでしょうか??

 

 

新型ウイルスの『感染拡大防止』という観点では、

現在実行中の『緊急事態宣言』の長期延長が望ましいことは、誰もが知っています。

 

 

しかし、

 

 

世の中、あらゆる業界・分野において、『理想』と『現実』は異なり、

『緊急事態宣言(活動自粛)』の長期延長を、実行に移せば、

確実に、『経済的自由』による死人が増えることになるのも事実です。

 

 

かと言って、

 

 

『緊急事態宣言』を解除して、『人』の動きが活性化すれば、

確実に『感染拡大』は進み、欧州が如く、第2波、第3波が訪れます。

 

 

本当に、悩ましい事態ですね。

 

 

一部では、

 

 

この状況にも関わらず、公営ギャンブルが営業継続していることや、

そのお店に『客』として行く方々を、避難する声も上がってますね。

 

 

確かに、

 

 

『倫理観』という観点では、『悪』なのかも知れませんが、

観点を変えれば、その評価は、簡単に『善』に変わります。

 

 

結局、

 

 

『人間』という『不完全なもの』のジャッジなど適当なもので、

何が『正しく』、何が『悪い』のかは、一概に判断出来ません。

 

 

1つ確実なことは、

 

 

何を『決断』しようとも、賛否両論あるのは世の常で、

『否』の意見を恐れず、『決断』する時が、今、社会全体に訪れている事です。

 

 

さて、『本題』に入ります。

 

 

改めて、私が発言するまでもなく、今の『コロナ危機』を通して、

日本のみならず、世界全体が『新たな世界』へと突入しています。

 

 

勿論、

 

 

その『新たな世界』における『新たな回答』については、

誰もが、未だ『模索中』という段階だと感じています。

 

 

まだまだ、『変遷期』ですからね。

 

 

逆に、今、『新たな答え』を固定化してしまわない方が良いと感じています。

 

 

ただ、

 

 

ここ3週間、Web・電話を通して会話した内容になりますが、

未だに、『新たな変化』にすら、気付いていない人間もいる。

 

 

彼ら・彼女らは、

 

 

『新型コロナ・ウイルス』の特効薬やワクチンが完成し、事態終息した後、

『緊急事態宣言』発令前の世界が戻って来ると、未だ本気で信じています。

 

 

私自身、

 

 

良い意味で、『NPO法人』とは真逆のスタンスで生きている為、

正直、前述の方々を救済するような『ボランティア活動』は、していません。

 

 

『ビフォー・コロナ』の時代から、

 

 

日本経済・日本財政に対して、『健全な危機感』を持たれる方々に、

『資産形成(投資)』についての具体的アドバイスをして来ました。

 

 

それは、『アフター・コロナ』も同様ですね。

 

 

『水飲み場に連れて行くことは出来ても、水を飲ませることは出来ない。』

 

 

『本人の意思』がなければ、

『行動』させることは出来ない事を表す、有名な言葉ですよね。

 

 

それは、今、この状況においても、全く同じです。

 

 

この現状に対して、『健全な危機感』を抱いてない人間は、

『新たな世界』に気付くこともなく、『変化』もしません。

 

 

ところで、

 

 

あなた自身は、『健全な危機感』を抱けているでしょうか??

 

 

例えば、

 

 

比較的規模の大きな企業で、『経済的体力』がある場合、

『コロナ危機』がスタートして、未だ3ヶ月程ですから、

一見、『正常』のように見える場合があります。

 

 

その企業に勤務する人間は、

 

 

『リモート・ワーク』や『時短勤務』がスタートした事により、

単純に、『働き方』が変化しただけと捉える方々が、多いです。

 

 

しかし、

 

 

残念ながら、事態は、そこまで『単純』ではなく、

経営者サイドの観点では、既に『警告音』が鳴り響いているのです。

 

 

もし仮に、

 

 

『時短勤務でラッキー♪』『この機会に、趣味を始めよう♪』などと考えていたら、

あなたは、天才レベルの『お馬鹿さん』であり、『頭の中お花畑野郎』と察します。

 

 

先日の報道では、

 

 

『コロナ倒産』と称される企業倒産件数が、

日本全国で、遂に『100社』を突破したことが発表されていました。

 

 

恐らく、本格化したのは、ここ2週間ほどでしょうから、

なかなかのペースで、『会社』が潰れて行っていますね。

 

 

当然の話、その企業で『雇用』されていた方々も、

現在、絶賛『露頭』に迷われている状況だと推測します。

 

 

ただ、

 

 

この『100社突破』というのは、『氷山の一角』と考えていて、

把握されていない、表に出てこない数字は、何倍にも膨張します。

 

 

例えば、

 

 

昨年(2019年)における、日本国内の自殺者数は『約2万人』ですが、

その影に隠れて、原因特定不能の不審死の数は、『10万人』に迫ります。

 

 

このように、

 

 

倒産原因が、明確に『新型コロナ』である企業が、前述の数字なだけで、

『コロナ関連倒産企業』は、現時点ですら、その何倍も存在するのです。

 

 

そして、

 

 

絶望的なことに、『その数字(倒産企業数)』は、今後も、

2020年内かけて、爆発的に増加していくという事です。

 

 

定期的に、

 

 

経済誌等で『就職先として羨ましいランキング』なるものが公表されていますが、

そのランキング上位企業が、今後、バタバタと倒れていく姿を見る時期が来ます。

 

 

ここまで話を進めても、この期に及んで、

『私の会社は、大丈夫!』とおっしゃる方々が居るんですよね(笑)

 

 

『馬鹿は、死んでも治らない。』

 

 

先人の教えは、本当に正しいと実感します。

 

 

確かに、

 

 

今回のような『経済危機』が訪れて、それが終息した後でも、

日本国内に存在する、全ての『企業』が消滅することは有り得ません。

 

 

しかし、

 

 

前述の方々が、果てしない『勘違い』をしている点は、

『企業が存続すること』と『雇用が存続すること』が、

何故か、『イコール』で結ばれているということです。

 

 

それは、完全に『間違い』です。

 

 

今から半世紀ほど前、

 

 

日本が、未だ『古き良き時代』を過ごしていた頃なら別ですが、

従業員の方々の『雇用』は、まったく『確定』してはいません。

 

 

それが、偽らざる『真実』です。

 

 

大切なことなので、もう一度、質問します。

 

 

あなたは、『健全な危機感』を抱いているでしょうか??

 

 

先ず、

 

 

『変化』に気付き、『未来』を想像し、『健全な危機感』を持たなければ、

そもそも、自ら『意識・行動改革』しようという考えも浮かんできません。

 

 

あなた自身の『経済基盤』が、果たして、本当に盤石か、

今一度、しっかり振り返り、真剣に考えてみてください。

 

 

尚、

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、来月(5月)以降も暫くの期間、

大阪・神戸ともに、『完全個別:Zoom受講』へと切り替えて行います。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う、事態の早期収束・終息と、

ご覧頂いている皆様のご健康を、心より、お祈り申し上げます。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile